« キタキチョウ | Main | 今日の鳥 »

2015.12.17

里山の復活を目指して 12/13

1992年頃からフィールドにして通っている雑木林の整備が実施されることになった。「ぐんま緑の県民税」による支援事業を活用させてもらっての整備である。林縁は定期的に刈払いが行われていたが、林内は篠(アズマネザサ)がはびこり、枯れ木や倒木が増え荒廃がすすんでいた。資金のめどがついたので整備に着手できることになったが、自然の会の数人でできるような簡単な作業ではない。ボランティアを募ったところ、こころある人たちが結構集まってくれた。おかげで予定していた箇所の刈払がほぼ完了。里山の復活を目指して、これから何年もかけての整備、管理が続くので、まずは幸先がよいスタートである\(^o^)/。

段取りの説明

Dsc003172_2

作業の様子

Dsc00321

Dsc00331

見通しがよくなった林内

Dsc00390

夏はこんな状態だった....

Dsc01347

|

« キタキチョウ | Main | 今日の鳥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キタキチョウ | Main | 今日の鳥 »