« November 2015 | Main

December 2015

2015.12.31

ブログ引越し

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。

容量が満杯になりそうなので、こちらへ引越ししました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。






| | Comments (0)

2015.12.25

満月のクリスマス

まばゆいほどの満月。気象予報士の方が、今度クリスマスに満月になるのは19年後と言っていた。見ておかなくちゃと、風の中撮った一枚。

Dsc00523

| | Comments (0)

2015.12.24

今日の鳥 アオゲラ、ノスリなど

今日は動くと汗ばむような陽気となった。最高気温18℃近くあったようだ。クリスマスイブの日がこんなに暖かいなんてちょっとへん。

12時近く、抜けるような青空の中、飛翔するトビの姿が7~8羽見られた。
上昇気流が発生しているのか、羽ばたく様子もなく、ゆったりと旋回する姿が気持ちよさそう......

Dsc004972

Dsc005082

と、トビに混じって、白っぽいタカの姿が....。ノスリだった。こちらもゆったりと旋回していた。そういえば、今日はまとわりつくカラスの姿がなかった....

Dsc005072

Dsc005002

ポカポカ陽気のせいか、なんとカワラヒワがビーンとさえずっていたので驚く。

Dsc004952

林の中からはキツツキのドラミングの音が.....。アオゲラだった。

Dsc004942

今日は“Spring has come”ってな感じだった....。 こんな陽気、鳥たちも間違えちゃうよね。

| | Comments (0)

2015.12.21

カオジロガビチョウ、ジョウビタキ♀

窓越しバードウオッチングの季節だが、給餌は1月に入ってからのつもり。暖かい冬になりそうなので、給餌を当てにやってくる鳥たちは少ないかもしれない。

給餌とは関係なく、毎日水浴びにやってくるカオジロガビチョウ。いつも3~4羽の集団。争うことなく、順番に水浴びをしていく。

Dsc004772

Dsc004782

Dsc004822

ジョウビタキ♀
夕方4時過ぎ、庭にひょっこりやってきた。飛来してきて大分たつので、人間社会にも慣れてきたのか、私が窓越しに見つめているのが見えているはずだが、すぐ近くまでやってきた。去年も我が家をテリトリにしていたのは♀だった。去年と同じ個体かな?目がクリクリして本当に可愛い。

Dsc004882

Dsc004852

| | Comments (0)

2015.12.20

キクキンウワバ、ミツバチなど

孫が「蝶々がいるぅ....」というので、見るとキクキンウワバだった。窓を開けた時に入って来たらしい。12月20日だというのにまだ生きている。さすがに飛んで行く元気はなさそう。孫の手の中でジッとしていた。

Dsc004532

畑にヤマトシジミがまだいたので驚く。写真に撮れず残念。越冬組のヒメアカタテハも元気に飛んでいた。写真を撮ろうと構えたら、さぁ~っと頭の上を飛んでいってしまった。4歳の孫曰く、「おしかったねぇ~」だって^^;。

ツバキにセイヨウミツバチがブンブンとたくさん来ていた。花粉が重そう。

Dsc004572

Dsc004702

Dsc004762

おまけ:孫と図鑑を見ていたら、美しいタマムシが出てきた。そぅだ!本物があるんだよ、と宝物として保管していたタマムシを見せてあげた。目をキラキラして大興奮(^^)。おおきくなったら見つけてね。

タマムシとオサムシ(どちらも散歩の途中でみつけたもの)

Dsc004462

Dsc004463

| | Comments (0)

2015.12.19

冬の蛾

林内で蛾が舞っていた。すぐに見失ってしまい残念。ところが別の場所でも飛んでいるが見られた。追いかけて地面に止まったところをゲット。フユシャクのようではないように見える。フユシャクモドキ?特定できず....。

Dsc004382

Dsc004432

| | Comments (0)

グレープフルーツ

グレープフルーツが実っている!?フロリダではありませぬ。近所の庭に....! 
びっくり(@_@;)

Dsc002382

いつもそばを通っているが、去年までは実っている様子は無かったのに、今年の異常気象のせい?数個もらってきて、おそるおそる食べてみる。フロリダ産とはかなり違うが食べられないことはない。ジューシーさは抜群だが、ちとお砂糖が必要。

Dsc00426

| | Comments (0)

2015.12.17

今日の鳥

今日の榛名山

Dsc003602

赤城山

Dsc003852

スズメたちがずらりと並んでにぎやか。今年生まれの若鳥たちだろうか。ほほえましく、ほっこりする風景。

Dsc004062

Dsc004072

Dsc004112

Dsc004122

カラスが騒いでいる....と見上げると、オオタカの姿が.... 成鳥のようだ。

Dsc003582

トビがカラスともみあっていた。あれ? 後にいるのはチョウゲンボウだ。

Dsc003612

Dsc003613

悠然と滑空するトビ

Dsc003622

チョウゲンボウが空中で長いことホバリングをしていた

Dsc004042

おまけ:冬から春にかけて咲く、ヒマラヤユキノシタがもう咲き始めていた。

Dsc004232

| | Comments (0)

里山の復活を目指して 12/13

1992年頃からフィールドにして通っている雑木林の整備が実施されることになった。「ぐんま緑の県民税」による支援事業を活用させてもらっての整備である。林縁は定期的に刈払いが行われていたが、林内は篠(アズマネザサ)がはびこり、枯れ木や倒木が増え荒廃がすすんでいた。資金のめどがついたので整備に着手できることになったが、自然の会の数人でできるような簡単な作業ではない。ボランティアを募ったところ、こころある人たちが結構集まってくれた。おかげで予定していた箇所の刈払がほぼ完了。里山の復活を目指して、これから何年もかけての整備、管理が続くので、まずは幸先がよいスタートである\(^o^)/。

段取りの説明

Dsc003172_2

作業の様子

Dsc00321

Dsc00331

見通しがよくなった林内

Dsc00390

夏はこんな状態だった....

Dsc01347

| | Comments (0)

2015.12.12

キタキチョウ

畑で野菜を収穫していたら、キタキチョウがひらひら飛んでいた。羽化したばかりのような綺麗な個体。これから近くで越冬だろうか。

ホトケノザで吸蜜するキタキチョウ。畑はホトケノザがはびこっている(-_-;)。

Dsc002992

続いてコセンダングサで吸蜜。このコセンダングサも草刈が間に合わず、あちこちに引っ付き虫の実が.....(-_-;)。

Dsc003052

拡大すると....

Dsc003062

| | Comments (0)

2015.12.10

モズ、コサギ、コガモなど 12/9

庭の電話線に止まるモズの♀。毎日テリトリにしている我が家の庭にやってきて採餌している。どうみても虫なんぞいないように見えるのだが、庭にさっとおりてきて、なにやらつまんで飛んで行く。

Dsc002562

民家の庭で春に咲くはずのハナズオウの花が返り咲きをしていたので驚く。12月なのに!

Dsc002692

Dsc002682

工事中の上武道路脇を歩いていると見えたのは長~い棒......、ギョ!上に人が.....?!

Dsc002582

クレーン車だった。いったい何をしてるの?

Dsc002612

え?写真を撮っているわけ?上武道路の進捗状況でも撮っているということ?それにしてもすごい高さ、足が震えないのかしら。おそろしや~。

Dsc002592

桃ノ木川は減水状態で、カモはコガモのみしかいなかった。

Dsc002872

まだエクリプスの雄

Dsc002772

護岸の上に白いものが.....。コサギらしいと分かったが、一体どんな止まり方をしているのか....と双眼鏡で見る。

Dsc002842

なるほど.....。アクロバットではなかった。

Dsc002852

| | Comments (0)

2015.12.05

冬の蝶たち

今日は朝から青空が広がってよいお天気。久しぶりに散歩に出る。

榛名山 左側に冠雪した浅間山がちょっぴり見える

Dsc002252

Dsc002272

赤城山

Dsc002282

一週間前の赤城山と空

Dsc001752

親水公園の土手ではチョウたちが飛び回っていた。まだまだ元気。

越冬するヒメアカタテハ

Dsc002072

ヤマトシジミもまだたくさん見られる

Dsc00223

ベニシジミ

Dsc002152

モンキチョウ 

Dsc002092

モンキチョウ3頭がもつれあっていた ♀をめぐる争い?

Dsc00222

バッタ類もまだたくさん見られる

ヒナバッタ 右後脚が無いよう....

Dsc002052

コバネイナゴ まだいる

Dsc002182

Dsc002212

近所の畑で飼っているミツバチ  どこから蜜を?

Dsc001772

一週間前、林縁の歩道でオオタカに襲われたのか、ハシブトガラスの死骸がころがっていた。道路に面したところ。獲物はオオタカより大きなハシブトガラスなので、重くて運べない。捕まえたところで羽をむしり、食べるしかない。多分とらえたのは早朝だと思われる。おおかた食べて放置したようだ。

Img_13162

| | Comments (0)

« November 2015 | Main