« イカリモンガ、オオカマキリ、クビキリギスそしてジョウビタキ | Main | 三陸海岸の旅(1) 龍泉洞 »

2015.11.13

モズ、キクキンウワバ、ツマグロヒョウモン、ナツアカネ、シロダモ

モズ♀が毎日庭にやってきて、ヒラりと地面に下りて何やらくわえていく。昨日はアマガエルらしきモノをくわえて飛んで行くのが見えた。モズの目の良さにはいつも感心する。

Dsc006372

キクキンウワバ
畑の白菜の葉でじっとしていた。寒さのせいか動きが鈍いようだ。幼虫は菊が食草だが、やがて金箔模様のおしゃれな成虫になる。不思議。恒例の指に乗っていただき、パチリ。
ヌヌ....フクロウ顔!

Dsc006382

Dsc006412

Dsc006432

昨日花壇のマリーゴールドにやってきたツマグロヒョウモンの♀。まだまだ元気な様子。

Dsc006172

ナツアカネ♂もまだまだ元気。アキアカネはどこにいるのやら.....

Dsc006222

シロダモ クスノキの仲間で雌雄異株。散歩コースで雄花、雌花そして赤い実が同時に見られた。今の時期ならではである。

雄花

Dsc006342

Dsc006352

お隣に雌花が咲いていた。雌花は来年の今頃赤い実をつける。この赤い実は去年咲いた花が実をつけたもの。花と実が同時に見られる。

Dsc006292

Dsc006322

|

« イカリモンガ、オオカマキリ、クビキリギスそしてジョウビタキ | Main | 三陸海岸の旅(1) 龍泉洞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イカリモンガ、オオカマキリ、クビキリギスそしてジョウビタキ | Main | 三陸海岸の旅(1) 龍泉洞 »