« October 2015 | Main | December 2015 »

November 2015

2015.11.24

三陸海岸の旅(3) 浄土ヶ浜~碁石海岸~奇跡の一本松

浄土ヶ浜

宮古に泊り、翌朝浄土ヶ浜へ。霧が立ち込め波浪注意報が出ていたので、遊覧船が出るかどうか分からないような天気模様だったが、幸い霧も晴れ出航することになった。宮古湾40分の遊覧を体験する。

震災の時に沖に避難をしていたため唯一残った遊覧船「第16陸中丸」

Dsc007362

ウミネコの大群が並走するようについてくる。ウミネコパンがお目当て。人間が食べてもおいしいというパンが100円で売られていた。津波を避けて沖に避難した船長さんたちもこのウミネコパンを食べて飢えをしのいだという。

Dsc007642

Dsc007662

外海は荒れていて、船は結構揺れた。

Dsc007912

それが幸いして岩の亀裂からクジラが潮を噴くように海水が吹き上げられる様子が見られた。初めてみる自然現象。宮古の潮吹きは規模が大きいとのこと。

Dsc007872

海蝕作用でできたという岩が独特の景観を作り出している。水も透明感があってとてもきれい。

Dsc008322

Dsc008202

止まっているのは本物のウミネコ。観光大使かな?

Dsc008332

季節を変えて、もう一度行ってみたい素晴らしい景勝地だった。

浄土ヶ浜から南下し、大船渡の碁石海岸へ。バスで碁石浜を通る。ここには波に削られて碁石のように扁平になった天然石が見られるそうだ。車窓からはよく分からなかったが、この石が碁石海岸の名前の由来になったとのこと。

海岸なのにアカマツが多い。

Dsc008412

雷岩
海食を受けて生じた洞穴に波が打ち寄せると中の空気が圧縮され、逃げ出すときに雷のような音を出すことから名づけられたそうな。大きな音が轟いていた。

Dsc008492

穴通磯(あなとおしいそ)
遊覧船で穴をくぐることができるそう....

Dsc008592

浄土ヶ浜といい、碁石海岸といい、リアス式海岸がつくる断崖や洞穴などの景観がとても変化に富んでいて面白い。夏にきてみたいところ。

ツアー最後の場所、陸前高田の奇跡の一本松へ

ここまで津波が来たとの標記 津波水位15.1mとある

Dsc00870

バスを降りて、一本松まで歩くところに見える巨大な建造物。

Dsc008712

宅地を建てるためにかさ上げ工事に使われた巨大な総延長3キロにも及ぶベルトコンベヤーの解体が進んでた。ダンプで土を運ぶと10年はかかるといわれていた作業がこのコンベヤーのおかげで1年半で終了したとのこと、驚き。

Dsc008962

Dsc008772

奇跡の一本松
7万本もあった松林は消滅し、かろうじて一本だけ残され、保存するかどうか賛否が分かれた松だが、震災からの復興を象徴するモニュメントとして残されることになった。枯れ死した松に防腐処理などを施し、枝や葉は複製され、遠くから見るとまるで生きているかのよう。海岸に建っていたユースホステルがそのままの姿で残っていたが、この建物が津波の衝撃を和らげてかろうじて残った松。

Dsc008792

Dsc008762

Dsc008892

驚いたことに樹上にカラスの巣があったのにはびっくり。

Dsc008852_2

カラスにとっては津波もモニュメントも関係ない。子育てするのに都合のいい木がそこにあったから.....ということのようだ。

駆け足三陸の旅はこれで終了。物見遊山で被災地を見てきたが、語り部さんも防災ガイドさんたちもここに来て見てもらいたいと強調されていたのが印象に残っている。

| | Comments (0)

2015.11.21

ジョウビタキ、ギンモクセイ、ボケの花

我が家周辺をテリトリにしているジョウビタキの♀が畑に来ていた。

Dsc000022

Dsc000032

洗濯物を干していると、とっくに終わっているはずのキンモクセイの香り?がフワッと漂ってきた。キンモクセイではなく隣家のギンモクセイ香りだった。キンモクセイほど強い香りではないが、近寄るとほのかに香る。白い花で目立たない。

Cimg73452

どういうわけかボケの花が咲いている。これって春の花では?それとも秋咲きのボケ?

Cimg73442

| | Comments (0)

2015.11.20

ツグミ、アオゲラなど

暖かい日が続いているせいか、いまだにカネタタキがか細い声で鳴いている。ムラサキシジミが庭のサザンカに来ていた。多分このサザンカで越冬か。

声は聞いていたけどようやくツグミの姿を確認した。電線に止まってジッとしていた。よく見るとすぐそばに柿の木がある。ハハァ~ン、こちらが目当てね。しばらく見ていると、柿の木に移って柿を食べ始めた。ヒヨドリの声に驚いてか、また電線に。やっぱり弱腰ツグミん。お、もう一羽いた。こちらはヒヨドリがそばにいても平然としていた。ツグミの性格もいろいろ.....。

Dsc001212

Dsc001392

Dsc001402

雑木林の中でアオゲラに出会った。いい具合に止まってくれた。このアオゲラ、近所の屋敷林と雑木林を行き来している。庭からも鳴きながら飛んで行くのをよく見かける。

Dsc001092

アップにしてみると、あら、こっちをジロリと見ている感じ。

Dsc001093

脚と尾羽をズーム、第4趾は横に後にと可動できる優れもの。爪も鍵になっていて鋭そう。さらに固い尾羽を幹にピッタリ当てて体を支えている。だから縦にも止まれるっていうことネ。

Dsc001094

| | Comments (0)

2015.11.18

三陸海岸の旅(2) 北山崎~島越~田老

龍泉洞を後にして北東にある北山崎へ。雨はたいしたことがなかったが、展望台は風が強かった。

Dsc006832

高さ200mの断崖が8キロにわたって連なっているすごいところ。お天気だと素晴らしい景色が広がっているはずだが、あいにくのお天気で水墨画のような写真しか撮れず.....。

Dsc006852

バスに乗ってすぐ、林の中でたたずみ、ジッとこちらを見つめるカモシカがいた!びっくり。普通に見られるのかしらん?

島越駅に向かう車窓から、工事をしているところにポツンと2本のマツの木が残されているのが見えた。1本はまだ生きているようだ。

Dsc006892

田野畑駅近くの水門の上に電車が......! 被災した電車が?と思ったが、水門の制御室とのことで、三陸鉄道のデザインを施してあるのだそうだ。ちょっとビックリした。

Dsc006932

島越駅
津波で旧駅舎は跡形もなく流され、昨年の7月に新駅舎が完成したそうだ。駅舎の正面には「カルボナード島越」とある。宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」にでてくるカルボナード火山の名前にちなんで造られた旧駅舎の面影を引き継いでいるとのこと。

Dsc006992

Dsc006942

20m以上の津波に100軒以上あった民家は流されてしまったが、高台にあったためかろうじて難からのがれた家がホームから見えた。

Dsc007062

三陸鉄道を走る復興電車 この電車に乗って田老へ。

Dsc007102

防潮堤の上で、防災のガイドさんからお話しを聞く。右側に見えるのは津波で壊れた第二防潮堤。津波のエネルギーをまともに受け500mに渡って一瞬にして倒壊したという。万里の長城と言われた立派な防潮堤を過信したため、多くの命が失われた。

Dsc007262

何もなくなったところに、野球場、道の駅ができるそうだ。

Dsc007282

漁港にある製氷貯氷施設。津波の水位が黄色の看板に標記されている。屋根のすぐ下は平成23年3月11日の津波、その下が明治29年、その下が昭和8年。

Dsc007242

この後、防災センターで田老地区を襲った津波のDVDを見ながらお話しを聞いた。このDVDは3階まで津波が来たという「たろう観光ホテル」の社長さんがホテルの6階から撮った生々しい映像。田老に実際に来て、防災を学んでほしいと、マスコミにも未公開のDVDだそうだ。

| | Comments (0)

2015.11.16

三陸海岸の旅(1) 龍泉洞

14日~15日、原西自然観察会の方々と三陸へ行ってきた。初めての三陸の旅である。14日は朝から雨模様のあいにくのお天気ながらいざ出発。電車で通り過ぎても訪れたことのなかった岩手県へ。新幹線で盛岡着。盛岡からバスで国道455号線の山道を走って、北上山地の東側にある岩泉町にある鍾乳洞の龍泉洞を目指す。休憩を入れて2時間以上かかった。

岩手は北海道に次ぐ大きさ、目指す岩泉町は本州で一番広い町とのこと。神奈川県の半分の大きさだそうだ。 車窓から岩洞ダムに沿って白樺が見られた。この辺りは本州で一番寒いところとのこと。

Dsc006502

道の駅三田貝分校 廃校になった学校が利用されている。名前もそのまま。前橋で出し忘れた手紙をここのポストに投函する^^;。消印見たら驚くかも....ネ。

Dsc006532

車窓から赤茶色の牛たちが見えたが、お昼のお弁当はその短角和牛がメイン。おいしくいただいた。

Dsc006562

ようやく龍泉洞に到着。入口そばに湧水が飲めるように杓子がぶらさがっていた。ここの水は石灰岩層から湧き出しているのでカルシウムが多いとのこと。洞内から湧き出す水量は毎秒1100~1500ℓにもなるそうだ。

Dsc006602

鍾乳洞の中は夏冬も気温は10度前後。この日の洞内の気温は10.5度。外気温度は9.9度でそれほどの温度差は感じられなかったが、270段の階段を上り下りすると汗をかくほどだった。

Dsc006632

Dsc006732

鍾乳洞の中は歩きやすいようによく整備されている。パンフレットによると、龍泉洞は日本三大鍾乳洞のひとつで(二つは秋芳洞、龍河洞)、洞内に棲むコウモリと一緒に国の天然記念物に指定されている。洞内の距離は3100m以上もあり(総延長は5000m以上あるらしい)、公開されているのはそのうちの700mのみ。湧水が数か所に渡って深い地底湖を形づくっていて、公開されているのは第一~第三地底湖。第三地底湖は水深98mもあり未公開の第四地底湖は日本一の120mもあるそうだ。透明度抜群のドラゴンブルーの深い青に引き込まれそうな感覚になる。実際目にしないと写真ではなかなかこの感覚が分からないが....。水量といい、神秘性といい、必見の鍾乳洞。

Dsc006722

昼間なのでコウモリが洞内を飛び回る姿はもちろん見られなかったが、蝙蝠穴のところでしばらく見ていると、黒いモノがサッと飛ぶ姿が一瞬見えた。5種類ものコウモリがひとつの洞内に生息しているという日本でもめずらしいところ。コキクガシラコウモリが一番多く、その他にキクガシラコウモリ、モモジロコウモリ、ニホンウサギコウモリ、テングコウモリがいるとのこと。夜にはおびただしい数の蝙蝠が飛び交っているらしい。一度みてみたいものだ。

| | Comments (0)

2015.11.13

モズ、キクキンウワバ、ツマグロヒョウモン、ナツアカネ、シロダモ

モズ♀が毎日庭にやってきて、ヒラりと地面に下りて何やらくわえていく。昨日はアマガエルらしきモノをくわえて飛んで行くのが見えた。モズの目の良さにはいつも感心する。

Dsc006372

キクキンウワバ
畑の白菜の葉でじっとしていた。寒さのせいか動きが鈍いようだ。幼虫は菊が食草だが、やがて金箔模様のおしゃれな成虫になる。不思議。恒例の指に乗っていただき、パチリ。
ヌヌ....フクロウ顔!

Dsc006382

Dsc006412

Dsc006432

昨日花壇のマリーゴールドにやってきたツマグロヒョウモンの♀。まだまだ元気な様子。

Dsc006172

ナツアカネ♂もまだまだ元気。アキアカネはどこにいるのやら.....

Dsc006222

シロダモ クスノキの仲間で雌雄異株。散歩コースで雄花、雌花そして赤い実が同時に見られた。今の時期ならではである。

雄花

Dsc006342

Dsc006352

お隣に雌花が咲いていた。雌花は来年の今頃赤い実をつける。この赤い実は去年咲いた花が実をつけたもの。花と実が同時に見られる。

Dsc006292

Dsc006322

| | Comments (0)

2015.11.10

イカリモンガ、オオカマキリ、クビキリギスそしてジョウビタキ

昼間は暖かい日が続いているせいか、まだカネタタキの声が聞こえる。晩秋は命を終える虫たち、冬ごもりする虫たち、いろいろである。

昨日細ケ沢川そばでクルクル飛ぶイカリモンガに出会った。久しぶり。地面に下りた時にようやく一枚ゲット。止まったところはテングチョウにそっくりの蛾。成虫で冬を越す。

Dsc005882

昨日玄関のたたきにオオカマキリがゆっくり動いていた。こちらは冬を越すことができない。まもなく終焉をむかえるはずだが、命をながらえるべく陽だまりでエネルギーをもらっているようだった。

Dsc006032

Dsc006062

こちらはクビキリギス。オオカマキリより小さいが、この姿で越冬する。体のしくみがどう違うのだろう。野菜についてきたらしく、家の中の戸に止まっていた。

Dsc006102

指でギュッと掴むとと簡単に脚などがもげてしまうので、紙にそっと包んで拝見。赤いところが牙になっていてこれで咬まれるとかなり痛いらしいので要注意。外に出してあげた。モズに食べられないように.....。

Dsc006112

シロノセンダングサで吸蜜していた秋型のベニシジミ 
夏型は全体が黒っぽいが、秋型は春型に似て明るい色。間もなく見られなくなる冬越しのできないチョウ。

Dsc005912

Dsc005913

家の近くで採餌していたジョウビタキの♀。うちにやってくる個体と同じだと思う。

Dsc005932

Dsc005952

| | Comments (0)

2015.11.06

返り咲きの花、ナツアカネ

庭のバラの花が咲いていたので、飾る前にパチリ。

Rose

スミレの花 葉っぱも元気でツマグロヒョウモンの餌にはなっていたいようだ。

Sumire

ウィンターコスモス 今の時期に咲く花

Kosumosu

畑の竿に止まるナツアカネ
トンボの姿はさすがに少なくなってきたが、ナツアカネの♂は結構見かける。

Dsc005802


| | Comments (0)

2015.11.04

チョウたち

昼間はポカポカ陽気。チョウたちはまだまだ元気。散歩コースでは、ヒメアカタテハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キタキチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモンなどが見られた。トンボでは、連結のアキアカネ?とミヤマアカネが飛んでいた。

民家で咲いていた満開のフユザクラ

Dsc005612

モンシロチョウ

Dsc005702

ブロッコリに青虫がいっぱいついている。致し方なく退治しているが、洋服のどこかにくっついて家の中まで連れてきてしまったようで、何かの拍子にポロっと机の上に落ちた。逃げ足が速い。いつの間にか姿が消えてしまった。どこかで蛹になって、春に家の中でヒラヒラと飛んでくれるかもしれない....^^;。

Dsc005592

キボシカミキリ 
別の日、イチジクを収穫した時にやはり家の中までつれてきたようで、首のあたりがもぞもぞするので何度か振り払ってようやく下に落ちたところを捕獲。イチジクを食害していたらしい。

Dsc004612

モンキチョウ

Dsc005662

ベニシジミ

Dsc005652

数日前に庭にやってきたウラギンシジミ
越冬するチョウだが、秋になると庭でよく見かける。ムラサキシジミもそうだが、意外と身近なところで越冬しているのかもしれない。この日はテングチョウまでが庭にやってきたので驚く。

Dsc005492

Dsc005552

網戸に止まっていたクサギカメムシ

Dsc005482

道路の真ん中にいたエビガラスズメの幼虫。

Dsc005622

おまけ:土日と新潟へ。朱鷺メッセの展望台から眺めた新潟市内と港

Cimg73322

Cimg73292

| | Comments (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »