« カラ類、ジョウビタキなど | Main | サツマイモ、落花生収穫 »

2015.10.26

南橘・北橘地区合同自然観察会 10/25

朝から強い北風が吹いていたこの日、橘山の自然観察会が開かれた。毎年春に行っていたが、今年は秋に開催することになった。毎回南橘の自然観察と環境を守る会が協力している。

橘山は約13万年前、赤城山の大噴火により頂上付近の一部がそのまま流れてきたという「流れ山」である。標高228m。アラカシの原植生が残る貴重な山でもある。 2007年に地区の有志により、オオヤマザクラ、ヤマザクラなどが植樹されている。


山頂にある二等三角点

Img_1269

頂上には記念樹のタチバナが植栽されている。実がなっていた。

Dsc005252

絵馬に願い事を書いてつるす

Img_12682

照葉樹(アラカシ、シラカシ、シロダモなど)の説明、ドングリの識別など

Img_12672

どんぐりの識別

Img4602

Img4603

イヌザクラの葉が紅葉しはじめていた

Dsc005272

橘山には5種類の桜が見られる。咲く順に、エドヒガン、オオヤマザクラ、ヤマザクラ、カスミザクラ、イヌザクラなど。

山道にホコリダケが見られた

Img_12722

途中、赤城山が見える
爆発する前は富士山のような山容だったと思われる

Img_12742

カラスの羽が散らばっていた。なんと7か所も見られた。オオタカ恐るべし.....

Img_12752

|

« カラ類、ジョウビタキなど | Main | サツマイモ、落花生収穫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カラ類、ジョウビタキなど | Main | サツマイモ、落花生収穫 »