« ミヤマアカネ他 | Main | マメハンミョウ »

2015.08.07

ツクツクボウシ、ウスバキトンボ、コチャバネセセリ、オニヤンマ

8月に入ってから毎日のように庭にアブラゼミが来て鳴いていく。昨日は早々とツクツクボウシが鳴いていった。姿を探したが、葉陰で分からなかった。毎年立秋前後にやってくる。

ツクツクボウシが庭にやってきた日
2015年8月6日
2014年8月12日
2013年8月6日
2012年8月7日

林縁で見つけたアブラゼミの抜け殻

Dsc018002

早朝散歩へ。ウスバキトンボが集団で飛んでいた。すでに赤く熟している個体もいる。このトンボはほとんど止まらないが、草むらで休んでいるところを見つけた。ボロボロでこれでは飛び続けるのは疲れるよね。

真夏、45日で世代交代を繰り返しながら北上するたくましいトンボ。でも幼虫は寒さに弱く越冬できず、死んでしまう運命.....。

Dsc017332

Dsc017342

林縁で出会ったコチャバネセセリ

Dsc017912

オニヤンマがパトロールをしていた。ちょっと一休み。

Dsc017942

|

« ミヤマアカネ他 | Main | マメハンミョウ »

Comments

御嶽山にも水路があるのですね。産卵している♀が見られるかもしれませんよ。

オオタカの幼鳥たちまもなく山を出て行かなくてはなりませんね。いろいろな試練が待っていることでしょう。昨日散歩コースで幼鳥がカラスにからまれているのが見られました。親を呼ぶようにずっと鳴いていましたが、独立した子どもを助けにはこないのでしょうね。

Posted by: せきれい | 2015.08.08 at 21:58

今朝、御嶽山に行ったら、オニヤンマがペアになって、飛んでいました。
産卵準備ですかね?
今年は、オオタカも繁殖に成功し、巣立ち雛は4羽だったらしいが、生存出来たのは3羽の様です。未だ、親の特訓中の様で、森と鉄塔の間を飛び回っていました。
早朝は、親(多分♀)が鉄塔の天辺に止まり、森で鳴いている子供たちの方を心配そうに見つめていました。
その後、2羽の若鳥が同じ鉄塔に飛来し、中間点の上下に分かれて、止まっている所を画像ゲットしました。FBにアップしてあります。

Posted by: 田澤一郎 | 2015.08.07 at 17:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ミヤマアカネ他 | Main | マメハンミョウ »