« 今日の鳥 コチドリ、今日の昆虫 カメムシ | Main | ミズイロオナガシジミ初見 »

2015.05.25

5/24 昆虫の森 自然観察会 蝶&蛾 

「南橘の自然観察と環境を守る会」会員の自然観察会で、昆虫の森に出かけた。日曜日だったこともあり、家族連れで捕虫網を持った子供たちをたくさん見かけた。キャッチ&リリースだけど、虫をつかまえて観察することができる。こんなに虫好きの子どもたちがいるのかとちょっと嬉しくなった。

Dsc001562

Dsc001712

ボランティアのTさんとSさんに案内をしてもらい、スタート。

Sさんが入口近くで見つけたウンモンスズメ、初めて見た。何とも言えない色彩と模様のとても美しい蛾。ケヤキで羽化したばかりのようだった。

Dsc001052

スカシバカギバの幼虫 鳥のフンそっくりに擬態している。

Dsc001072

成虫を絹の里で見たことがある。フンのような幼虫がこのような蛾に変身する。
2011年8月18日撮影

110818_1337512

オビカギバ 

Dsc001632

ウスイロオオエダシャク  木にぴったりと張り付いていた

Dsc002002

ミノガもたくさん見られた

チャノミガ ウグイスカグラ(甘くておいしい)についていた

Dsc001212

ニトベミノガ 初めて見た 偶然にフンをしたところが写っている?

Dsc001852

キタクロミノガ

Dsc002052

クロツヤミノガ

Dsc002082

マメドクガの幼虫  尾をあげてフンをしていた

Dsc001402

蝶は普段近くの雑木林で見ているシロチョウ、コミスジ、ヒメウラナミジャノメ、サトキマダラヒカゲ、コチャバネセセリなどの他、ジャコウアゲハ、イチモンジチョウ、コジャノメ、テングチョウなどが見られた。

アカシジミなどのゼフィルスはぼちぼち発生しているとのこと。

イボタにウラゴマダラシジミの面白い形の蛹がついていた

Dsc001322

Dsc001342

男の子が捕まえたジャコウアゲハの♀ 子供たちはここに来て鍛えられているのか、網の使い方が上手。

Dsc001692

エノキの葉の裏にぶら下がるテングチョウの蛹  

Dsc001302

少し暗い林の中ではコジャノメが見られた

Dsc001872

エノキの葉が丸坊主になっている木があったが、たくさんのヒオドシチョウに食べられたとのこと。家の近くの雑木林では春に数頭見られるだけで、夏場にはいないが、ここではたくさん見られるのかもしれない。別の場所で蛹がいくつか見られた。

Dsc002012

甲虫へつづく

|

« 今日の鳥 コチドリ、今日の昆虫 カメムシ | Main | ミズイロオナガシジミ初見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日の鳥 コチドリ、今日の昆虫 カメムシ | Main | ミズイロオナガシジミ初見 »