« ノスリ、ダイサギ、メジロ、ヤマガラなど | Main | 昆虫探検図鑑1600 »

2014.12.22

野鳥観察会 in 敷島公園 12/18

18日、尾瀬高校一年生の野外実習(野鳥観察)のお手伝いをする。例年1月中旬に行われる野外実習だが、今年度は国体の関係で12月になった。1月より暖かいはずと思っていたが、ウ~ム、寒波襲来でかなり寒い一日となる.....bearing

朝赤城山を見ると冠雪しており、雪雲がかぶっていた

Cimg6532

当日は写真を撮る間がなく、実習の写真はなし。実習が終わった後の生徒さんたちの様子、数枚のみ。こちらはダウンを着てもブルブルなのに、かなり薄着の子もいた。若いってすごいナ。

Cimg65362

Cimg65402

彼らは全国的にも珍しい自然環境科の一年生。尾瀬をはじめ、県内の様々な自然環境について校外実習をとおして学ぶことになっている。毎年敷島公園にもやってきて、街中にある都市公園という環境で見られる野鳥の生態を学んでいく。私はそのお手伝いをしてもう10年にもなる。3年生になると彼らはまた戻ってきて、今度は各々テーマを決めて観察することになっているそうだ。少しでも何かを得てくれたならいいけど....。

4グループに分かれて、公園内、隣の水試などをまわった。35種観察。結構見られた。

カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、トビ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カシラダカ、アトリ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

思いがけないところにアトリがいたのでちょっと驚いた。皆でアカゲラをじっくり見られたのは良かった。以前はムクドリがたくさんいたのに、どこへ行ったのかほとんど見かけなかった。その代り、ヒヨドリがとても多い。ナンキンハゼ、センダンの実を啄む様子が見られた。
ダイサギ、アオサギの大きな姿に皆歓声(^^)。初心者が多いので、観察しながら、身近なスズメの話や鳥たちの歩き方、飛び方などの基本的なお話をする。

グループのK君は生き物大好きで、特にヘビ、ついで魚、三番目に野鳥とのこと。ボート池の乗り場のところにたくさんの小魚がいることを教えてもらった。この公園にはよく来ているのに、あれほど多くの稚魚がいるとは知らなかった。ウグイ?らしい。枯葉などが落ちてその下にプランクトンがたくさん発生しているからではとの薀蓄、なるほど。将来はきっと自然関係の仕事につくのだろうね。ガンバ!

2時半過ぎ、雪雲で真っ白の西のほうに向かって、皆さん公園を後にした。お疲れ様。

以下は、15日に下見をした時に見られた鳥たち

ダイサギ、実習日にも全く同じ場所にいた。ただボーッと突っ立っているだけ....

Dsc00072

ハクセキレイ この公園では必ず見られる

Dsc00074

カラスもとても多い ハシブトガラスがなにやら口にくわえていた

Dsc00075

ビンズイもかなり多い

Dsc000802

ボート池のオナガガモ 人がいると餌をねだって寄ってくる。
もし私が一年生の立場だったら、カモにいろいろな餌を与えて、一番何を好むか~なんていうテーマで調べたいな~なんちゃって(°O゜)☆\(^^;) バキ!

Dsc001022

Dsc00085

マガモ♀

Dsc001072

シダレザクラに止まっていたスズメとモズの若鳥

Dsc00092

シジュウカラ  カラの混群も見られた

Dsc001192

|

« ノスリ、ダイサギ、メジロ、ヤマガラなど | Main | 昆虫探検図鑑1600 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ノスリ、ダイサギ、メジロ、ヤマガラなど | Main | 昆虫探検図鑑1600 »