« 小原~香嵐渓 | Main | 皇帝ダリアなど »

2014.11.26


お伊勢参り

翌日、昨年式年遷宮が行われた伊勢神宮へ

お伊勢参りの順序として、まず外宮へ

まがたま池
マガモがのんびり泳いでいた

Cimg64712

正宮

外宮では屋根の交叉している千木(ちぎ)の穴は二つ、棟に直角の鰹木(かつおぎ)は奇数、内宮では千木の穴は二つ半、鰹木は偶数となっているそうだと添乗員さんから聞く。φ(..)メモメモ

Cimg64782

Cimg64792

ここは衣食住、産業の守り神が祀られている

Cimg64682

5キロ離れた内宮へ こちらは天照大神が祀られている
宇治橋の真新しい鳥居

Cimg65142

10年前(2004年12月12日朝7時半)に撮影した鳥居と朝日

Pc1200062

五十鈴川

Cimg64952

10年前の画像  変らぬ清らかな流れ

Pc1200042

正宮 石段は群馬県の三波石が使われているそうな

Cimg65032

個人的なお願いはこちらの荒祭宮で....とか

Cimg65062

Cimg65082

10年前の多分同じ社殿 茅葺屋根も10年耐えたことになる

Pc1200202

ニワトリが放し飼いされていた  ここの神宮の神の使いはニワトリらしい

Cimg65112

添乗員さんから聞いた話:
昨年の式年遷宮は第62回目で、持統天皇の時代から約1300年も続けられている。式年遷宮にかかる費用は570億円、すべて寄付金とのこと。(ちなみに出雲大社は80億円。こちらは建替えではなくリフォームだから)

この神宮には賽銭箱、おみくじがない。賽銭箱の代わりに白い布が敷かれている。(賽銭を整理するのに楽ね。) おみくじがないのは、お参りする皆が吉なので、おみくじ不要ということらしい。

正装しての正式参拝は3万円からで、10人くらいまではまとまって参拝できるらしい。一人3000円ということ(下世話な話じゃ)。

何故20年ごとに建替えるのか。諸説あり。技術の継承、建物の老朽化、20年は生まれ変わりの年だからとか..... その他神宮にまつわる話をいろいろ聞いたが、忘却の彼方~~^^;

へぇ~と思ったのは、三重県では「しあさって」のことを「ささって」というのだそう。三重の「しあさって」はしあさっての次の日、つまり4日後のこと。ややこしい。所変わればである。


おかげ横丁の赤福本店で、五十鈴川のせせらぎをながめながら食べた赤福&お番茶、格別の味?

Cimg65242

おまけ:前日宿泊した名古屋の夜景

Img_04772

|

« 小原~香嵐渓 | Main | 皇帝ダリアなど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 小原~香嵐渓 | Main | 皇帝ダリアなど »