« October 2014 | Main | December 2014 »

November 2014

2014.11.28

皇帝ダリアなど

皇帝ダリアが満開

霜がおりてないせいか、まだまだ元気。来週は寒くなるようなので、多分見納め。

Dsc009332

風に弱く、数本倒れたが、倒れたところから立ち上がり花を咲かせている。とても丈夫な花。

Dsc009342

ハチがブンブン、蜜集め

Dsc009602

知人のところで渋柿を収穫させてもらう 干し柿を作るつもり

Dsc009172

柿の木の隣の紅葉がまっさかりだった

Dsc009222

Dsc009242

まだチョウたちが元気に飛んでいたが、菜園の白菜にヌヌヌ.....毛虫発見!
多分ヤガ科のナシケンモン、この白菜で蛹になるつもり?ムシャムシャ食べている様子。一匹くらいならマァいいか、見過ごそう.....

Dsc009292

| | Comments (0)

2014.11.26


お伊勢参り

翌日、昨年式年遷宮が行われた伊勢神宮へ

お伊勢参りの順序として、まず外宮へ

まがたま池
マガモがのんびり泳いでいた

Cimg64712

正宮

外宮では屋根の交叉している千木(ちぎ)の穴は二つ、棟に直角の鰹木(かつおぎ)は奇数、内宮では千木の穴は二つ半、鰹木は偶数となっているそうだと添乗員さんから聞く。φ(..)メモメモ

Cimg64782

Cimg64792

ここは衣食住、産業の守り神が祀られている

Cimg64682

5キロ離れた内宮へ こちらは天照大神が祀られている
宇治橋の真新しい鳥居

Cimg65142

10年前(2004年12月12日朝7時半)に撮影した鳥居と朝日

Pc1200062

五十鈴川

Cimg64952

10年前の画像  変らぬ清らかな流れ

Pc1200042

正宮 石段は群馬県の三波石が使われているそうな

Cimg65032

個人的なお願いはこちらの荒祭宮で....とか

Cimg65062

Cimg65082

10年前の多分同じ社殿 茅葺屋根も10年耐えたことになる

Pc1200202

ニワトリが放し飼いされていた  ここの神宮の神の使いはニワトリらしい

Cimg65112

添乗員さんから聞いた話:
昨年の式年遷宮は第62回目で、持統天皇の時代から約1300年も続けられている。式年遷宮にかかる費用は570億円、すべて寄付金とのこと。(ちなみに出雲大社は80億円。こちらは建替えではなくリフォームだから)

この神宮には賽銭箱、おみくじがない。賽銭箱の代わりに白い布が敷かれている。(賽銭を整理するのに楽ね。) おみくじがないのは、お参りする皆が吉なので、おみくじ不要ということらしい。

正装しての正式参拝は3万円からで、10人くらいまではまとまって参拝できるらしい。一人3000円ということ(下世話な話じゃ)。

何故20年ごとに建替えるのか。諸説あり。技術の継承、建物の老朽化、20年は生まれ変わりの年だからとか..... その他神宮にまつわる話をいろいろ聞いたが、忘却の彼方~~^^;

へぇ~と思ったのは、三重県では「しあさって」のことを「ささって」というのだそう。三重の「しあさって」はしあさっての次の日、つまり4日後のこと。ややこしい。所変わればである。


おかげ横丁の赤福本店で、五十鈴川のせせらぎをながめながら食べた赤福&お番茶、格別の味?

Cimg65242

おまけ:前日宿泊した名古屋の夜景

Img_04772

| | Comments (0)

2014.11.23

小原~香嵐渓

恵那峡を後にして、愛知県豊田市小原(おばら)町の四季桜を見物。ここの桜はマメザクラとエドヒガンの雑種とのことで、花は一重五弁の小さな可愛らしい花。春と10月~12月に花を咲かせる。町のいたるところに10000本分布しているらしい。写真は撮れなかったが車窓から山全体が薄ピンクに染まって美しい場所が見られた。

小原ふれあい公園の桜と紅葉

Cimg64322

Cimg64372

Img_03412

香嵐渓へ 同じ豊田市足助町にある渓谷へ
先日吾妻渓谷へ行ってきたばかりなので、そのイメージがあったが、穏やかな流れの川で、川原に下りて行けるような場所。

Cimg64542

Img_03732

香嵐渓のシンボルの待月橋が見える

Img_03742

夜ライトアップされる

Img_04432

出店も多く、平日にもかかわらず大勢の人たちであふれていた。名古屋に近いので、観光スポットとなっているようだ。土日の人出を考えるとおそろしい....。


| | Comments (0)

2014.11.21

恵那峡

19日~20日とツアーでいつものごとく駆け足で行ってきた。

最初に訪れたのが、岐阜県恵那市にある恵那峡。恵那峡は木曽川をせき止めて作られた人造湖で、変った岩や絶壁が連なり、面白い景観が楽しめる。水鳥たちも多く飛来し、鳥たちの楽園にもなっている。
ジェット船に乗ってクルージング。野鳥を見る場合はゆったりとし屋形船のほうがいいのだけど。

Cimg63872

恵那峡大橋をくぐり、もう一つの源済橋をくぐって、Uターンする30分ほどの束の間の船旅。

Cimg63932_2

川の流れの先には大井ダム。日本で最初の水力発電所とか。

Cimg64222

奇岩の数々

Cimg63992

屏風岩

Cimg64022

品の字岩 確かに品の字に似ている

Cimg64142

Cimg64192

Cimg64202

圧巻だったのは、オシドリの群れ。100羽以上いたのでは?岩で休む姿が見られた。午前中は川で泳いでいる姿が見られるとのこと。ジェット船はガラス張りなので、窓越しにしか写真は撮れず、証拠写真程度。陸からは絶対に見られない光景。

Cimg64052

Cimg64152

遊覧船乗り場近くにいたバンとホシハジロ

Cimg63922

ホシハジロは乗り場のすぐ近くにいて、人馴れしている様子

Cimg64272

Cimg64262

船から降りたペアがホシハジロを見て、これからオシドリになるんじゃない?みたいな話をしている。おい、おい、この鳥は別ものだよぉ~~。

他に、マガモ、コガモ、カイツブリ、カワウなどが見られた。

| | Comments (0)

2014.11.18

ツマグロヒョウモン、エナガなど

土曜日の朝、羽化したばかりらしいツマグロヒョウモン♂が地面に落ちていた。拾い上げると脚を動かしている。羽化したものの、寒さの為動けない様子。日差しのあるパンジーのところに移してあげた。孫と時々様子を見ていたが、日が高くなった頃いなくなっていた。暖かくなって飛んで行ったらしい。しかし、生き延びることはできないね.....。

孫の手に....

Tsumaguro

キタテハはまだまだ元気 もうすぐ、この姿で越冬

Kitateha

日曜日、林縁でエナガの集団に出会う。20羽近くいたようだ。

Enaga

Enaga2

| | Comments (0)

2014.11.14

鳥、蝶、蜻蛉

今朝はこの秋一番の寒さになったようだ。空気が澄んでいて気持ちがよい。山々がくっきりと見える。

赤城山

Dsc00805

榛名山

Dsc00809

二ッ岳にあるアンテナも見える

Dsc00806

チョウゲンボウが旋回していた

Dsc00799

民家の庭の十月桜&鷹羽ススキ 春と秋の合成写真にあらず

Dsc00778

Dsc00775

シロダモの雌花と赤い実 花と実が同時に見られる
花は来年の今頃赤い実をつける

Dsc00768

蝶はまだまだ結構飛んでいた

モンシロチョウ 翅はボロだが、元気に飛んでいる

Dsc00784

ヤマトシジミもまだ元気

Dsc00789

庭のストックで吸蜜していたモンシロチョウ まだきれいな個体

Dsc00819

ミヤマアカネが日向ぼっこをしていた

Dsc00796

12日にこの秋初のツグミを確認  声は数日前から聞いていたが、家の近くの電線に止まっている姿がようやく見られた

Dsc00757

庭に毎日のようにやってくるカオジロガビチョウ

Dsc00763

モズも毎日やってくる  どうやら今年生まれの雌のよう 
虫をゲットしていた

Dsc00821

| | Comments (0)

2014.11.09

ググっと群馬を語るんべぇ by TBS radio

お風呂でいつも聞いているTBSラジオの“荻上チキ Session22”で、7日、群馬特集をやっていた。群馬県人として興味深く聞いた。一週間ポットキャストで聞ける。  

ゆるキャラグランプリでぐんまちゃん悲願の?優勝、しかし群馬は地域ブランド調査ではワースト2位(以前はワースト1位だった....)とか。 ブランド力がないということはどうしてなのか....。私はブランドなんてどうでもいいのだけど、でも何故ワースト2位なのかとは思う。ゲストの人が幼いころから群馬は何もないところみたいに刷り込まれてきたせいと言っていた。遠慮深い県民性で、外に向けての情報発信に欠けていたということらしい。

Img_0229

群馬の魅力って?
そりゃ豊かな自然でしょ。群馬に住んで28年、近くの赤城山はすべて踏破。大自然の北海道生まれの私にとって、山々に囲まれた群馬は第二の故里である。群馬に来ていなければ果たして野鳥や虫に関心を持っていたかどうか。「身近な自然」などというブログを書いていることもなかったはず.......。

群馬の名産って?
これが問題。番組では、おっきりこみ、伊勢崎もんじゃ、焼きまんじゅうなどが挙げられていたが、“これっ!”というのがないと思う。焼きまんじゅうは時間が経つと固くなり、お土産にできないのが残念。味噌だれがおいしいので、なんとか工夫?して、お土産に耐えうる食品にできないだろうか。こんにゃくや下仁田ネギは有名だが、いかんせん脇役の食材。群馬に行ったら、必ず「○○」っという名産が欲しいね。

上毛カルタ、娘に聞いたら、もちろんすべて覚えているそうな..... へぇ~~。

以前、岡山や奈良の人から、群馬ってどこにあるかもよく分からないマイナーな県.....みたいなことを言われたが、ぐんまちゃんや世界遺産になった富岡製糸場のお蔭で、少しは知名度が上がったのではと思う。

| | Comments (0)

2014.11.08

広瀬川河畔に巣箱かけ

小鳥の巣箱を設置して「広瀬川河畔に野鳥を呼び戻そう」というイベントが開催され、頼まれて野鳥の話をしてきた。 mサポ(前橋市市民活動支援センター)

広瀬川

Img_0214

朔太郎橋に集合

Img_0185

マイ巣箱

Img_0189

Img_0202

Img_0216

街中の広瀬川で鳥見をしたことがないので、どのような鳥たちがいるのかは分からないが、ヤナギの他に大木のケヤキ、ムクノキ、コブシなど結構樹木が多い。巣箱をかけている時に、ハクセキレイが飛び、メジロらしき声も聞こえた。これらの巣箱を気にいってくれる鳥たち(特にシジュウカラ)が果たしているかどうか「?」だが、全くないとも言えない。川沿いを散歩していて、巣箱を見て野鳥にちょっと思いを馳せてもらうだけでもいいかなと思う。

| | Comments (0)

2014.11.05

吾妻渓谷

原西自然の会の方たちと吾妻渓谷に出かけた。寒くはなかったものの、曇のお天気で紅葉見物にはいまいちだったが、渓谷の自然を堪能してきた。

十二沢パーキングから渓谷の鹿飛橋へ

Dsc006452

Dsc006502

Dsc006632

大蓬莱
中国の蓬莱山から名前がつけられたらしい

Dsc006772

Dsc006722

不動大橋からおっかなびっくり下を見る。やがてダム湖として水没する場所.......

Dsc007012

Dsc006952

日本で一番短い樽沢トンネル(7.2m) TVでも話題になっていたが、列車がここを通ることはもうない,,,,,

Dsc007112

Dsc007152

渓谷パーキングそばの橋から見た光景

Dsc007522

紅葉・黄葉はピークを過ぎていたが、平日にもかかわらず大勢の人が散策をしていた。ここにも外国人の姿あり。家から1時間半ほどの近さなので、今度は新緑の季節に来てみたいところ。真新しい道の駅(あがつま峡道の駅・八ッ場ふるさと館)もできていて、八ッ場ダムが完成し、ダム湖が出来れば、観光地としてさらに大勢の人たちが押し寄せそうである。

| | Comments (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »