« 北海道にて(4)  洞爺湖 | Main | 紫蘇にアオクサカメムシ、落花生収穫 »

2014.10.06

北海道にて(5) 有珠山

昭和に入って3回も噴火している活火山の有珠山にロープウェイで登る。片道6分。アッというまに到着。

Dsc00286

窓から洞爺湖の中島とバックに羊蹄山が見える

Dsc00249

展望台から見た有珠山の大有珠

Dsc00260

下を見下ろすと、昭和新山、洞爺湖が見える

Dsc00264

少し登って火口原展望台からは水蒸気があがる火口が見える

Dsc00276

銀沼大火口

Dsc00278

有珠山と昭和新山のパノラマ(クリックで拡大)

Dsc00282_2

1943年、有珠山の噴火で土地が隆起してできた昭和新山
半世紀前に修学旅行で来たときと随分様子が変わっていた。山自体に変化はないのに、木々が麓を覆っていて植生が戻っていたのだった。でも70年たってもまだ水蒸気が見える。完全に冷えてはいないようだ。以前は登山可能だったが、今は登山禁止とのこと。

Dsc00293_2

1961年の昭和新山

Img3802

水蒸気が見える山肌

Dsc00242

サイロ展望台から見た洞爺湖(中島)と昭和新山、有珠山

Dsc00299

昭和新山と有珠山(拡大)

Dsc00302_2

2日帰る日、ホテル近くの北海道庁旧本庁舎(愛称 赤れんが庁舎)まで散歩。朝から人でいっぱい。それもほとんど外国人ばかり。カメラを忘れてしまい、携帯で。

141002_100150

池にマガモの集団がいた。♂はまだエクリプスだった。

141002_095342

ハシブトガラスが飛んできて、すぐ近くに止まる。人を全く恐れる様子がない。多分餌をやる人が多いのかも。これほど近くにいても逃げないカラスにこちらの方が恐れる。物欲しげな顔でこちらを見たりしていたが、“何もないのか、フン!”という感じで飛んでいった。

141002_095614

行くところ行くところ、中国語や韓国語が飛び交っていた。丁度中国の国慶節の休暇と重なったことと、10月1日から免税対象品目が拡大したことなどで、増えたのかもしれない。とにかく外国人がとても多かった。

|

« 北海道にて(4)  洞爺湖 | Main | 紫蘇にアオクサカメムシ、落花生収穫 »

Comments

田澤さん

中学3年の修学旅行です。道東に住んでいましたら、遠足は無理ですよ^^;。覚えていませんが、確かに少し女子の方が多いですね。

その時の昭和新山はまわりに樹木もなく、もっと火山らしかったと記憶しています。半世紀ぶりに見て、どこにでもあるようなちっちゃな山に見えました。とは言ってもまだ上の方は熱い山なんですけどね。

Posted by: せきれい | 2014.10.08 at 21:57

昭和新山の画像~61年と比較すると、現在は随分と緑が戻っていますね。
遠足の写真?~女子の方が多いんですね。
外人が多いとは、昔とは違いますね!

Posted by: 田澤一郎 | 2014.10.07 at 15:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 北海道にて(4)  洞爺湖 | Main | 紫蘇にアオクサカメムシ、落花生収穫 »