« クロアゲハ、ウラギンシジミ | Main | アケビコノハ羽化 »

2014.09.18

ノビタキ飛来など

朝夕ぐっと涼しくなり、秋めいてきた。今年は秋が早いようだ。ひょっとしてノビタキがきているかもしれないと、いつもやってくる田んぼに行ってみた。予感的中。一羽(もう一羽いたような.....?)発見。来て間もないらしく、あまり近くに寄れず、遠くから何とか証拠写真が撮れた。これから稲刈りの時期まで滞在する。

Dsc017762

ヒガンバナが田んぼの畦のあちこちで真紅の花を咲かせていた。
バックは榛名山

Cimg62972

保育園の子どもたちが、花を摘んだり、バッタ捕りをしていた

Cimg62882

稲刈りが終わった田んぼとヒガンバナ 
バックは赤城山

Cimg63062

庭にオナガの若鳥たちが集団でやってきて、にぎやかだった

Dsc017642

追記:数日後、同じようにオナガの集団が来ていて、眺めていたら、すごい勢いで木の中に突進してくるモノがいた。なんとモズだった。うるさい?オナガを猛然と追い払った。オナガの若鳥たちはあわてて逃げていった。テリトリに入り込むモノは自分より大きな鳥でも容赦しないらしい。モズ恐るべし。

|

« クロアゲハ、ウラギンシジミ | Main | アケビコノハ羽化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クロアゲハ、ウラギンシジミ | Main | アケビコノハ羽化 »