« May 2014 | Main | July 2014 »

June 2014

2014.06.29

ネジバナ

つのまにかネジバナが咲いていた。一番身近な可愛らしいランの花。背丈が低いので群生していないと見逃してしまいがち。薄いピンク、ローズピンクなど、よく見ると色の変化が多い。別名モジズリ。夏の季語になっている。

Nejibana2

右巻き、左巻きが混在している
ざっと見た感じ、左巻きが多いように思えるが.....、全部チェックするのはパス....

Nejibana8_3

どちら巻き? はっきりしないのもある

Nejibana5

あらら、ねじれてない花もある

Nejibana4

右巻き(左)と左巻き(右)の仲良しさん

Nejibana

拡大すると..... 確かにランの花

Nejibana3

| | Comments (0)

2014.06.22

カッコウ

ここ一か月、毎日カッコウの声が聞こえてくる。朝早く、声のする方に探しにいってみたことがあるが、朝はほとんど鳴かないので、見つからなかった。鳴く時間帯がお昼前後から夕方にかけてなので、今日午後3時過ぎに行ってみると、民家のアンテナに止まってさかんに鳴いているのが見られた。

Kakko

Kakko2_2

時々のんびり羽繕いしながら、時々鳴くことを繰り返していた

Kakko3

目を離したすきにいなくなったが、すぐ近くの電線にやってきた。ところが、もう一羽出現。ちょっと変な声を出してその一羽を追いかけ、見えなくなってしまった。別の♂なのか、それとも♀なのか不明。この辺りは托卵できそうなモズ、オナガ、ヒヨドリ、ホオジロなどたくさんいるので、果たしてどのような状況になっているのか興味津々だけど、その実態を把握するのは難しい。

Kakko4

| | Comments (0)

アキアカネ初見

アキアカネがいっせいに羽化したらしく、林縁で多数見られた。昨年は6月25日が初見だった。ほぼ同じ時期に見られるようだ。7月には山へ避暑に行ってしまうトンボ。

Akiakane

Akiakane2

地味なナガゴマフカミキリが止まっていた

Nagagomafukamikiri

カタツムリ(ミスジマイマイ)を数か所で見る

Misujimaimai_2

Misujimaimai2_2

Misujimaimai3

| | Comments (0)

2014.06.20

雑木林の虫たち ハグロトンボなど

林縁で今年初のハグロトンボを見る。

Hagurotonbo

キアゲハ 新鮮でピカピカ

Kiageha

スジグロシロチョウ こちらも新鮮

Sujiguro

Sujiguroshirocho

セセリチョウも増えてきた

キマダラセセリ

Kimadaraseseri

Kimadaraseseri_3

オオチャバネセセリ

Oochabane2_2

Oochabane_4


キボシカミキリ

Kiboshikamikiri

正面顔 可愛い

Kiboshi

ヤブジラミにいたアカスジカメムシ

Dsc005382

シロヘリカメムシ

Shiroherikamemushi

カノコガもたくさん見るようになった

Kanokoga

ちいさな蛾(10ミリくらいの大きさ) 
小さすぎてボケてしまったが、変った模様のハマキガの仲間
ヨツスジヒメシンクイ

Dsc004782

マドガ
綺麗な模様の蛾だが、翅が少しすれてくたびれた個体だった

Madoga

シロヒトリ

Shirohitori

Shirohitori2

ハスジカツオゾウムシのペアをよく見かけるようになった

Hasujizomushi

| | Comments (0)

オオヨシキリなど

オオヨシキリの鳴く声が家の中まで聞こえてくる。民家が建て並ぶそばの電線でさかんに鳴いている。その近くにはトウモロコシに似たスダックス(緑肥)畑が広がっている。ここで巣作りをしているのか、はたまたまだ配偶者を見つけられず必死にメスを呼んでいるのだろうか。このようなところで、鳴いているオオヨシキリをよく見る。緑肥はいずれ刈り取られる運命。知ってか知らずか、このオオヨシキリ、あぶれ?若い♂ではないだろうか。それにしても朝から晩まで鳴かれて民家の人たちは辟易しているかも.....。

Ooyoshikiri3

Ooyoshikiri2_2

毎日のようにやってきているカオジロガビチョウ、ヌヌヌ、巣材を集めている様子。ギョである。

Kaojiro

Kaojiro2_2

林縁で仲良く歩くコジュケイのペア?

Kojukei

| | Comments (0)

2014.06.17

ゲンジボタル、オニヤンマやごなど

15日の夜、ホタルを見に行く。田口町のホタルは有名だが、家の近くで見られる場所は知る人ぞ知る隠れたホタルの名所?也。田口町は400匹近く飛んでいるらしいが、ここは20匹くらいかな?もう一か所、家の近くで見られるところを発見。3匹飛んでいた。

左が♀ 右が♂(昔撮った画像)
発光器は第六腹節と第七腹節にある。♀は第六腹節だけが発光する。
2002618hotaru
ホタルが終わるとオニヤンマの羽化が始まるというのが、毎年のパターンだが、12日にいつもの雑木林でヤゴの抜け殻を発見。びっくりである。成虫の姿はまだ見ていない。

Yago

休耕田の前に水路があるが、その水路から上がってきたらしい

Oniyanma

| | Comments (0)

2014.06.09

キジ、ハシブトガラス

今朝、キジが近くで鳴くので、東側の障子を開けてみると、ブロック塀にキジの姿.....。いつもの主(ぬし)。お昼頃には、堂々と庭を横断していった。最初見たときはびっくりしたものだったが、最近は慣れて、「Hello」って言葉をかけたい気持ち....^^;。

Kiji1

Kiji2

Kiji3_2

雑木林でハシブトガラスが子育て中で、5月頃から、雑木林に入る度に、近くにやってきて来て、さかんに威嚇する。気をそらすためか、ペアでこんなことをしたり.....

Hashibutogarasu

枝を嘴で折ったりしている.。チョッキリじゃあるまいし......
落とされたコナラの枝

Dsc00392

6月はじめ、巣を見ると2羽か3羽の幼鳥らしき姿が見えたが、昨日はすでに巣立ちしていたようだ。まだまだ親は神経ピリピリ、大変だねェ~。

| | Comments (0)

雑木林の虫たち

蒸し暑くなってきて、雑木林の虫たちも多くなってきた。

スジグロシロチョウ

Sujiguroshirochou

美しいベニシジミ 夏型の♀かな?

Benishijimi

ホオズキカメムシ? 太く平べったくみえる後脚が特徴的。

Dsc004112

オオスズメバチ 多く見かけるようになった....

Oosuzumebachi

マガリケムシヒキ♀

Magarimushihikimesu

蛾も多い 蛾の模様に惹かれる

大型の蛾、擦れて白っぽく見えるが、オスグロトモエ(春型?)だと思う

Dsc003972

葉の裏に面白い止まり方をするナミガタシロナミシャク
ひっくり返しても、どういうわけか逃げなかった

Namigatashironamishaku

よく見かける小さなシャクガ
キオビベニヒメシャク

Kiobibenihimeshaku

ヤガの仲間のウスキミスジアツバ

Usukimisujiatsuba

ヤガの仲間のチャオビヨトウ
幼虫はカナムグラが食草らしい

Chaobiyoto


| | Comments (0)

2014.06.08

ミズイロオナガシジミなど

3日ぶりに朝ミズイロオナガシジミを探しに雑木林へ。3ヵ所で見られた。このゼフィルスは毎年必ず見られる。このチョウを見ないと夏がこない感じ。

Mizuiroonagashijimi

Mizuiroonagashijimi2_2

3個体同じ角度で並べて比較してみた
確かに微妙に違いがある

Mizuiroonagashijimihikaku

ヒメジャノメ

Himejanome

ヒカゲチョウ

Hikagecho



| | Comments (0)

2014.06.03

エゴツルクビオトシブミなど

橘山ではエゴノキにたくさんの揺籃がぶらさがっていた。♂の姿も見る。久しぶり。

Yoran

Egoturukubi_2

オオミノガ
ポンと蓑を叩くと、一瞬にして口を閉めてしまう

Dsc003262

Dsc003272_2

サビキコリ

Sabikikori

クズの葉で見られるコフキゾウムシ 危険を感じると、パっと裏に隠れる
体長5ミリくらいの小さなゾウムシ とても多い

Kofukizomushi

キスジホソマダラ 今の時期たくさん見られる蛾

Kisujihosomadara

ユニークな模様のミツボシハマダラミバエ
今の時期多く見られるハエの仲間、とても小さい(6~7ミリ)

Dsc002992

獲物を待つ?マガリムシヒキ 

Magarimushihiki

洋服にアリがついている....と思ってよく見ると脚が8本
アリグモ(♂)だった

Arigumo

| | Comments (0)

2014.06.02

最近見たチョウ、蛾  アカシジミ、オオミズアオなど

今朝はゼフィルス第一号のアカシジミを初見。2か所で見る。いっせいに羽化したらしい。

Akashijimi

Akashijimi3

Akashijimi2_2

Akashijimi4_2

5月30日には今年初のゴイシシジミ

Goishishijimi

ダイミョウセセリも多くなってきた

Dsc003542

Dsc003452

アゲハ 

Ageha

クロアゲハも飛んでいるが、ほとんど止まらず....、眺めるだけ。他にアサマイチモンジも初見。

コジャノメ 橘山にて

521kojanome

サトキマダラヒカゲ 橘山の観察会にて(6月1日)
Eさんの指に止まり、汗を吸っているところ。Eさんの汗はお好みの味だったらしく?、15分くらいこの状態で止まっていた。

Satokimadarahikage

アカタテハの幼虫 (5月24日) カラムシにいっぱい巣が見られた。ところが観察会当日は下草が刈られていて、見られず。

524akatatehayochu

5月30日 近くの雑木林で見られた大型の美しい蛾、オオミズアオ 久しぶりに見る

Oomizuao

Oomizuao2

立派な触角

Oomizuao3

庭にいたユウマダラエダシャク

524yumadaraedashaku

| | Comments (0)

実りの季節 ドドメなど

先週の木曜日、3歳の孫を一日預かる。仲良く散歩へ。
Dsc002652

林縁ではドドメが実っている。去年も一緒に食べた記憶が.....。指先を赤く染めて、あま~いドドメを食べる

Dsc002972

Dsc002944

シロコブゾウムシと遊ぶ  興味津々.....

Dsc002622

この幼い時期に親が虫を見て悲鳴をあげるようでは、子どもは虫嫌いになる。三つ子の魂100まで、である。

手のひらに死んだふりのゾウムシたち 
孫の左手に注目。なんとポケットに入れようとしているところcoldsweats01  そうよね。面白そうなものは自分のものにしたいのだ....! 決して「だめ!」なんて言わないで、やんわりと、バイバイしようね.....(^_-)

Dsc002982

その後、ありんこを見つけては拾っている。親指と人差し指できゅっと.....。何匹か犠牲になったかも.....。

家の畑の横で、ユスラゴが赤く熟し始めている

Yusurago

グミも.....ただしこちらは甘しぶ~~い

Gumi

 

| | Comments (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »