« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

2014.04.27

今日の夏鳥、今日のチョウ

今朝は庭に冬鳥のシロハラが来ていた。ツグミも昨日までやってきていた。お別れにやってきたのかも.....(^^)。

ツグミ

Tsugumi

今朝の夏鳥はキビタキ2羽。他の夏鳥は姿も声もなかった。例年連日聞こえるセンダイムシクイの声もなし。キビタキは時々囀りながら、ポーズをとってくれた。

Dsc01262

Dsc01267

Dsc01268

Dsc01270_2

冬鳥のシメがまだ滞在中。

Shime

林縁ではチョウの数も増えてきた。ツマキチョウは今がピーク。小さいながらエネルギッシュでなかなか止まってくれない。5月に入ると数が少なくなり、子孫を残して消えていく.....。

Tumakicho

アゲハの春型は美しい

Ageha

Ageha2

ヒメウラナミジャノメも増えてきた

Himeuranami

トラマルハナバチがカキドウシで吸蜜していた

Toramaruhanabachi


| | Comments (0)

2014.04.26

コミスジ、ヒメウラナミジャノメ初認など

22日、23日、25日と夏鳥の一陣が通過していったが、今日は声も姿もなく、おやすみ.....。

チョウを探す。例年より遅く、コミスジ、ヒメウラナミジャノメを初認。コミスジは2頭飛んでいた。ヒメウラナミはなかなか止まらず、写真は撮れず.....。
コミスジ

2014426komisuji_2

ムラサキシキブの葉にいるイチモンジカメノコハムシをこの春初めて見る。去年より早い。くまなく探したので、去年より早く見つけられたのかも。虫の目にならなくてはね。

Ichimonjikamenokohamushi

虫の目になって、シマサシガメの幼虫も発見。ヒヨドリジョウゴの葉っぱにいたが、人の気配に後ろ側に回り、そのうち下にポトンと落ちて逃げた。

Shimasashigame2

Shimasashigame_2

シロスジショウジョウグモ

2~3ミリと小さく、はじめダニかと思ったが、宙を歩いていたので^^;、クモらしいと分かった。クモ図鑑で調べたところ、コガネグモ科のシロスジショウジョウグモと判明。エノキの若葉についていた。

Shirosujishoujyougumo

| | Comments (0)

2014.04.25

ヒオドシチョウ、トラフシジミ

庭で水やりをしていたら、やや大型のチョウが飛んだ。止まったところをみると、かなりボロボロ、しかししっかり飛べている。見る影もないこのチョウ、冬越しをしたヒオドシチョウのようだ。移動中なのだろうか。庭に飛んできたのは初めて。

Hiodoshicho

Hiodoshicho2_2

林縁で見たトラフシジミの春型。初見である。このチョウ、夏型を見たことがない。

Torafushijimi

| | Comments (0)

夏鳥たちのさえずり

今朝はオオルリ、キビタキ、そしてエゾムシクイが来ていた。

早朝の雑木林
エゾムシクイ、オオルリ、ウグイス、キジバトの声、そしてひときわ大きなカオジロガビチョウの声が聞こえる




キビタキの地鳴き


オオルリのさえずり

| | Comments (0)

2014.04.23

夏鳥飛来 キビタキ、オオルリ

昨日朝、雑木林に入るとすぐにセンダイムシクイのチヨチヨビーが聞こえてきた。この声を聞くと、夏鳥のシーズンが到来したと感じる。これからは早朝雑木林に日参である。キビタキが活発に飛び回る姿も見られた。今朝は、麗しのルリ様、オオルリもやってきていた。しばらくは身近な雑木林で夏鳥三昧の日々である。
センダイムシクイ

Sendaimushikui

キビタキ

Dsc01122

Dsc01138

Dsc01147

Dsc01152

Dsc01154

オオルリ

Dsc01162

Dsc01164

Dsc01166

Dsc01167_2

コサメビタキ? シルエットでよく分からず

Kosamebitaki

サンショウクイも確認。声も聞こえたがほんのちょっとだけで、姿もチラリだけ。梢近くにいることが多く、画像におさめるのはなかなか難しい鳥。県の準絶滅危惧種に評価されているが、ここ数年、毎年通過していく。

アカハラ4羽確認。移動中のようだ。毎年この時期複数で見られる。

| | Comments (2)

2014.04.20

名ハンター モズ

明日雨が降るというので、今日は一日畑仕事。草をむしったり、堆肥を撒き、耕運機で耕したりで、たいそう時間を費やした。耕運を始めるとやってくるのが、いつものモズ。

Cimg6013

耕運するすぐ近くの木やスコップなどに止まって、私の行動を見ている。恐れる様子もない。畑に私とモズ一羽、何となくシンパシーを感じちゃう。めざとく虫を見つけて、さっと畑に舞い降り、獲物をくわえるとサーっと飛び去り、またやってきて同じ行動をする。たまたま大きなコガネムシの幼虫を掘り起こしたので、石の上に置いてみたら、ちゃんと見つけて、しっかりゲットしていった。

Cimg6006

Cimg6007

Cimg6009

Cimg6011

大きな石をどかしたところ、カナヘビが丸くなって休んでいた。シッポを持ち上げたら気が付いて大慌てしている。放してあげたら、その様子を見ていたらしいモズがヒューッとやってきて、そのカナヘビをアッというまに捕らえて飛び去った。目にもとまらぬ速さとはこのことか、私との距離30センチくらいだったのでは?びっくり(@_@;)である。さすがのモズ、でもせっかく休んでいたカナヘビには悪いことをしてしまった。モズにとっては思いがけないご馳走だったのかも。

珍しくムクドリが来ないなと思っていたら、遅まきながら一羽やってきた。ところが、モズが猛然と飛んできて、そのムクドリを追い払ったのだった......。

おまけ:畑のそばにノビルが勝手にはえている。今が旬。数日前にも掘って食べたが、今日も夕食の一品に。自家製の味噌をつけて食べる。それほど辛くもなく結構おいしい。葉っぱのほうはヌタにして食べてみた。これもグー。このノビル、栄養価が高く、特にカロテンが多い。食べなきゃ損。

Dsc01111

16日、畑で見た冬越しのクビキリギス 

Dsc01062

| | Comments (0)

雑木林のスミレたち

3月末から咲いているタチツボスミレ

Tachitsubo

ニオイタチツボスミレは今が盛り。林の中のあちこちで見られる。去年より増えている感じがする。

Dsc01015

こんなところにも.....

Dsc01043

アカネスミレも多い

Dsc01071

マルバスミレ この林では唯一白いスミレ

Dsc010912

スミレ

Dsc01101

いつのまにかジュウニヒトエも咲いていた

Dsc01106

ひっそりと咲くキケマン

Dsc01017

| | Comments (0)

2014.04.18

窓越しバードウオッチング 総集編

4月初めにバードレストランは閉店、静けさを取り戻した庭だが、冬鳥のツグミやシロハラはまだ時々やってきている。土をつっついて、虫をさがしているようだ。栄養を十分につけて間もなく北へと旅立つ。
3か月間の庭にやってきた鳥たちをまとめてみた。
2014年1月5日~4月17日 庭にやってきた鳥たち
キジ、キジバト、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ  計18種 + カオジロガビチョウ
2013年によくやってきていたシメは一度も来なかった。ひょっこりとやってきた鳥はカシラダカ。庭で見たのは初めて。大雪の翌日のことだったハシブトガラスは2~3度庭に降り立ったものの、落ち着かないらしく頻繁にやってくることはなかった。
シロハラは3月になって毎日見るようになった。シロハラのイメージは日蔭の暗い所で枯葉をめくっている印象だが、庭にやってくるシロハラはお日様のもと、結構堂々としている。時々ツグミとケンカをしていた。やや体が大きいシロハラのほうが強い。

319shirohara

2011年、2013年、そして今年とやってきているが、比較してみると、それぞれ違う個体のように見える。

Shiroharahikaku

ツグミが庭に初めてやってきたのは1月17日だった。それからは毎日やってきていた。強いヒヨドリのいない時を見計らってきて、餌をついばむ世渡り上手。でもパンのかけらをポロリと落して、スズメに横取りされるのを2回も見ている。意外とボケ~っとしているところもあるのね。

雪の日のツグミ

215_940tsugumi

4月のツグミ

412tsugumi

時々ライバル?がやってきて睨み合いをしていることもあった。

Tsugumi

ムクドリたちも数羽の集団でやってきていた。時々仲間同士ケンカする姿がなんだか人間っぽい。

Mukudori2

キジは3月の初めごろ、毎日庭にやってきて、堂々と闊歩する姿が見られた。大きさからして庭の主也。

32kiji

ハクセキレイも時々やってきていた。雪の上を歩いていた姿が印象的

215_835hakusekirei

ヒヨドリは最初の頃は見られなかったのでどうしたことかと思っていたが、そのうちにいつものように常連に。3月末頃はやたらに攻撃的になり、周りの鳥たちを追い払っていた。しきりに羽を震わす行動が見られた。以前も見ているので、この行動が何なのか不思議に思っている。

330hiyodori

カワラヒワは4月7日に集団でやってきた。その一度だけ。家の前の電線にはよく止まっているのだが、庭にやってくることはなかった。

47kawarahiwa2

モズは1月に何度かやってきたものの、2月、3月はほとんど見られず。

120mozu

常連のスズメ、メジロ、シジュウカラ

雪の日

215_728suzume

メジロは現金なもので、花が咲きだすと、餌があっても庭にくることはなくなる。花の蜜のほうがご馳走のようだ。

113suzumemejiro

大食漢のシメが来なかったので、ヒマワリの種はジョウビタキだけのもの。この冬は1回買うだけで間に合った。

29shijukara_2

ジョウビタキは3月末を最後に見られなくなった。飛来も早いが、渡去も早い。

125jyobitaki

外来種のカオジロガビチョウは3月に入って、頻繁にくるようになった。繁殖の時期に入り、庭で巣材をくわえているのを見ているので、また巣作りかとちょっと恐れている。家の周辺、雑木林でも頻繁に見られ、声が大きいので、目立つ。そういえば、ウグイスがこの春とても少ないような気がする。カオジロガビチョウが増えると、在来種の鳥に影響があるのではと懸念されている。この鳥を見ていると、体が大きいものの、他の鳥を追い払うこともない穏かな性格のマイペース型。憎めない鳥なのだが、増えては困る鳥......。

35kaojirogabichou

この冬も多くの鳥たちの様子を窓越しにウオッチングし楽しませてもらった。また会いましょう。See you ~♪

| | Comments (2)

2014.04.14

ハラビロカマキリ赤ちゃん、ツマキチョウ初見など

4月11日、カーテンに変な虫がうじゃうじゃいる~~と家人が騒いでいる。変な虫って??と行ってみると、アララ.....カマキリの赤ちゃんがカーテンのあちこちに散らばってうごめいていた。ハラビロカマキリらしい。晩秋にサボテンの鉢を外から家の中に入れて出窓に置いたのだが、どうやらその鉢に卵がついていたようだ。カーテン越しに暖かい(暑い?)陽が差し込んできて、いっせいに孵化したようだ。30匹ほどいたのでは?このままにしておくわけにもいかず、袋に入れて、外に出したあげた。しかし、彼らの前途は厳しい。全滅かも.....。

Harabirokamakiri2

Harabirokamakiri

昨日、この春初めてのツマキチョウを見る。林縁や道路脇のショカッサイの花周辺で見られた。このチョウを見ると、春もたけなわを感じる。♂は活発に飛んでいて、ほとんど止まらずだった。アゲハも初見。

Tsumakicho

このチョウが発生すると同時に見られる冬を越したクマバチ。ブンブン大きな音をたてて、ショカッサイの花に口吻をブスリと刺して盗蜜していた。

Kumabachi

クジャクチョウはまだ見られる

Kujakucho

| | Comments (0)

2014.04.09

敷島公園のさくら 花筏が美しい

出かけた帰りに敷島公園の桜を見に行く。ハラハラと散り始めていた。桜は散り際が一番風情があり、美しく感じる。花びらが水辺に花筏となって漂っていた....。

Dsc00913

Dsc00918

Dsc00922

Dsc00935_2

Dsc00970_2

Dsc00962_2

6本あるエドヒガンはほとんど花が終わっていた
たった一本あるヤマザクラは咲き始め
手前のカスミザクラは満開

Dsc00925

お花の下でお弁当を食べる人たちが見られた

Dsc00971

Dsc00967

タギョウショウ(多行松)に桜花が上に散らばって、花かと見まがうほど....

Dsc00941

シダレザクラ 花はそろそろ終わり
(皇太子ご成婚の記念樹)

Dsc00945

八重の関山

Dsc00954

咲き始めの太白
のちにピンク色に変る.....

Dsc009492

セイヨウバクチノキ
穂になった花芽が見られた

Dsc00960

ハナノキの芽生え(カエデ科)
花を見たかったが、まだのよう.....

Dsc00978

| | Comments (0)

2014.04.07

桃ノ木川さくら風景 さくらの花とスズメ

今朝は水盤に氷が張っていて寒かった。日中も北風がやや強く吹いていたせいかそれほど暖かくはならなかった。桜満開の桃ノ木川を歩く。丁度小学校の入学式・始業式の日だったらしく、桜のトンネルを歩く親子を何組か見かけた。ハラハラと花が散り始めている木もあったが、まだ数日楽しめそう.....。

Cimg5991

Cimg5989

Cimg5999

ピカピカの一年生
最近はお父さんも入学式に出席するのね

Dsc00872

保育所の子どもたちがお花見にきていた

Dsc00826

キンクロハジロがきていた
風であらら~、頭が......

Dsc00798

桜の花が花ごと、くるくると舞い降りてくる.....
今年もスズメが花遊び~♪
そう見えるけど、遊びじゃなくて食事中
花をちぎって蜜をなめているのだ
毎年、同じ木で吸蜜しているように思う
木によって甘味が違うのかな?

Dsc00785_2

Dsc00799_2

Dsc00804_2

Dsc00879_2

ヤマトシジミを多く見かけるようになった
ペンペン草で吸蜜

Yamato2

Yamato

| | Comments (2)

2014.04.04

スジグロシロチョウ初認、イワツバメ土運び

林縁でスジグロシロチョウをこの春初めて見た。去年は3月26日が初認だった。例年は3月に見ているので、今年はやや遅い。活発に飛び回り、ほとんど止まらず....。飛翔の証拠写真程度。

Sujiguro

Sujiguro2_2

細ケ沢川のイワツバメは20羽以上いるようで、さかんに土を運んでいた。

Iwatsubame

Iwatsubame4

狭いところでひしめき合っていた。湿り具合が巣作り用には丁度いいのかしらね。

Iwatsubame3

Iwatsubame2

| | Comments (0)

2014.04.03

桃ノ木川の桜&イワツバメ飛来 4/2

昨日、桜の様子を見に桃ノ木川を歩く。まだ五分~八分咲きといったところだった。あと数日で満開かな?

家の近くのお寺のシダレザクラは満開だった

Dsc00461

桃ノ木川の桜

Dsc00474

Dsc00485

浚渫工事でカモたちは移動していなくなっていたが、ヒドリガモ、コガモなどが小数戻ってきていた。

ヒドリガモ

Dsc00505

細ケ沢川では昨年に続いてイワツバメの姿が見られた。10羽ほど橋の下や近くの畑を飛び回っていた。昨年は10年ぶりの繁殖が確認されたが、今年も繁殖しそうだ。すぐ近くで上武道路の建設中だが、建設が始まって、戻ってきたような気がする。

今朝は庭にツバメがやってきた。巣作りできそうなところを探していたようだ。去年より早い。期待したい。

Iwatsubame

庭では春の花が競って咲いている。

雪柳

Dsc00528

春一番に咲くツツジ

Dsc00545

ツバキ

Dsc00534

プラム 今年は実がなるかな?

Dsc00532

庭の桜が可愛らしく咲いているが、木が弱ってきている......

Dsc00543

| | Comments (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »