« 窓越しバードウオッチング シロハラ、カシラダカ | Main | 窓越しバードウオッチング キジなど »

2014.02.21

雪と野鳥たち

一週間ぶりに散歩へ。北風がビュービュー吹き、保冷剤の雪がたっぶり残っていて、寒さも倍増である。近くの雑木林はまだ膝くらいまで雪があり、時々ズボッとぬかりながら歩かなければならず、エネルギーが必要。

榛名山が見える雑木林の前の道路はツルツル

Douro

今日の赤城山

Akagi

榛名山
上武道路の建設もこの雪でストップしているようだった

Haruna

雪の上のホオジロ

Hoojiro2

民家の庭木にモズの姿

Mozu

別の場所のニセアカシアの木にいたモズ
何かくわえている

Mozu2

Mozu3

ニセアカシアの枝のトゲに獲物を刺して、引きちぎって食べていた

Mozu4

ヌヌ....鳥らしい。この嘴はスズメやホオジロではなさそう、何だろうか

Mozu5

Mozu6

Mozu7

小鳥を獲物にしているモズをこれで2回見たことになる。雪で昆虫が見つけられない時には、モズは小鳥を狙うことが判明。猛禽は脚で獲物を押さえて引きちぎって食べるが、モズは脚が弱いので、ニセアカシアの棘を脚代わりに獲物を刺して食べるというわけ。

小鳥たちはモズの怖さをよく知っているらしく、庭にモズが来るとパァ~っといなくなる。大きさのたいして変わらないヒヨドリだって逃げる。

そういえば、雪が降ってからはモズは一度も庭にやってきていない。雪に覆われた庭で昆虫を見つけることは困難ということ、それより雪原でチラホラいる小鳥を見つけて襲うほうがより楽だということだろうか。モズの臨機応変さ、たくましさに感心する。

18日、雪かきをしていたら、閉じ込められたように雪の中にいたハチを見つけた。セイヨウミツバチ?もちろん生きていない.....。越冬する昆虫たちには厳しい雪だね。

Hachi_2

真冬の寒さとはいえ、隣家の庭ではアセビの花が咲きはじめていた。

Asebi_2

この雪で野菜が高騰している。雪原の畑から、見当をつけて雪をかき分け、ようやくキャベツを掘り出した。小さな出来の悪いキャベツでも野菜不足のおり有難い。

Cabbage

|

« 窓越しバードウオッチング シロハラ、カシラダカ | Main | 窓越しバードウオッチング キジなど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 窓越しバードウオッチング シロハラ、カシラダカ | Main | 窓越しバードウオッチング キジなど »