« December 2013 | Main | February 2014 »

January 2014

2014.01.25

窓越しバードウオッチング

野外で餌が不足するこの時期、給餌台は大賑わいである。ただ例年にない大きな変化がある。あの大食漢のヒヨドリがやってこないこと。一体どうしたのだろうか。今までにないことなので、とても不思議に思っている。ヒヨドリが減っているという訳ではないだろうに、???である。

ムクドリは4~5羽くらいで毎日やってくる。

Dsc00008

いつもヒヨドリにいじめられるツグミだが、そのヒヨドリが来ないので、わが世の春らしく、朝も給餌するやすぐにやってくる。

Suzumetsugumi

つぐみんの正面顔って、ちょっと怖いよね。

Dsc011252

スズメの集団は30羽以上、朝電線に止まって、給餌を待っている。雑穀、パンくず、バードケーキとなんでも食べる。スズメの集団を見てか、ハシブトガラスが舞い降りたことがあった。あまりの大きさにギョッとしたが、窓越しに見える人間が嫌いですぐ逃げる。ちょっと歓迎はできない....ヨ。

Dsc01109

メジロは去年もやってきたペアだろうか。他のメジロがやってくると、追い払っている。林檎より蜜柑が大好き。脂も大好き。あら、羽がぬけかかっている....。

Mejiro

シジュウカラはバードケーキ、脂、ヒマワリの種と脂っこいものが好き。

Dsc01104

モズも毎日やってくるが、給餌とは関係なく、冬眠しているカエルか隙間にいるゴミムシなどを探している?らしい。

Dsc01089

たまに巡回してくるおジョウさん。 ひからびたアオツヅラフジの実を食べていたのかな?

Dsc00005

明日は南橘の自然観察と環境を守る会の野鳥観察会。工事のためカモはどこかへ移動してほとんどいない。さて何が見られるやら....?

タヒバリが名前の通り刈田で数羽見られた

Tahaibari

アオサギは常駐中。

Aosagi

| | Comments (0)

2014.01.17

つぐみん参上、オオタカ&ノスリ&オオタカ若

ついに庭にツグミがやってきた。スズメの団体さんが目立つので、何があるのかなぁ~と様子を見に来た感じ。今年はまだツグミの数が少ないのに、早々?やってきてくれた。

Tsugumi

Tsugumi3

ムクドリも様子を見に来た。不思議なのはヒヨドリがやってこないこと。どうしたのかな?

Mukudori

今朝、雑木林で最初に出会ったのはノスリ。桜の木で置物のように静かに止まっていた。最近見かけないなぁと思っていたが、カラスの攻勢にめげずまだ滞在中のようだ。

Nosuri

東の方の鉄塔に目をやると、いつものオオタカの姿が見えたので行ってみる。

Ootaka

Ootaka3

鉄塔の下から数百メートル離れている雑木林を見ると、ノスリの白い姿が確認できた。カラスが気が付かないらしく、モビングされることもなく、長いことじっと止まっていた。

雑木林に戻って一回りして南側で、またもやオオタカに出会う。鉄塔の成鳥ではなく、別の若鳥だった。

Ootaka4

今朝は猛禽づいているね。さて、このオオタカの若、確かお正月に見た個体と同じだと思う。ということは、この辺りをウロウロしているということ?成鳥(ひょっとしたら親かもしれない?)に追い払われないのだろうか。

| | Comments (0)

2014.01.15

今日の鳥 ビンズイなど

今朝の水盤の氷の厚さは昨日ほどではなかったが、やはりかなり寒い朝となる。風がないのでまだましだが、顔がこわばるほどの冷たさだった。

細ケ沢川ではカワセミは見られなかったが、工事中のすぐそばで、アオサギとダイサギの姿があった。魚がいるらしい。

Daisagiaosagi

Daisagiaosagi2

Daisagi

帰り道、チュリチュリと細い声がするので、キョロキョロ探すと、家の前の電線にビンズイ2羽の姿。去年は3月末に庭にやってきて、数日滞在したことがあったが、移動の時期には早すぎるし、どういうことだろう......。

Binzui

1月12日 どんど焼きの様子
今年もよいお天気で、風もなく、絶好のどんど焼き日和となった。

やぐら  赤城山をバックに

Dondoyaki

お焚き上げしてもらうために持ち込まれたもの
お賽銭箱はちがいます

Dondoyaki5

火をつけてわずか4~5分で燃え落ちた

Dondoyaki4

この後残り火でお餅などを焼いて一年の無病息災などを祈る。

私は敷島公園で行われた探鳥会に直行。鳥は少なかったが、珍しく低いところでチョコチョコしていたキクイタダキを見ることができ、春から縁起のいい?鳥見となった。

| | Comments (0)

2014.01.14

小寒、雉始雊

今朝はかなり冷えたようだ。水盤に張った氷の厚さで寒さの度合いが分かる。朝早く、近くでキジがケーンケーンと鳴いていた。二十四節気では小寒、七十二候では15日から雉始雊=雄のキジが雌を求めて鳴く頃となっている。キジの声に自然界では春に向かっているということなんだぁと思いながらも、人間界ではこれからが寒さ本番、風邪をひかぬよう気を引き締めなければデス。

1月11日 ガンカモ調査へ

全国ガンカモ一斉調査は環境省が昭和45年から実施しているもので、全国約9千地点、約4千人が協力している。私も桃ノ木川下流の調査を10年以上やっているが、全体のカモの数は100羽~150羽前後で推移している。

餌をやっている人がいるところには、カモがまとまって見られる。給餌の有無は特記事項とし記することになっている。今年は上流で浚渫工事をしているせいか水量が少なく、カモの数もやや少な目だった。

桃ノ木川

Momonokigawa2

餌やりのスポットになっているところ

Momonokigawa

ヒドリガモ、オナガガモ

Hidorionaga

キンクロハジロ

Kinkurohajiro

カイツブリ(カウントしない)

Kaitsuburi

コサギが4羽も見られた

Kosagi

Kosagi2

赤城山
場所が変わると山容も変わる

Akagiyama

榛名山
家の近くからは見られない榛名富士が見える(左端)

Haruna

のどかな光景
子どもたちが土手をすべっていた

Children

| | Comments (0)

2014.01.09

窓越しバードウオッチング1

レストランオープンして、一日目は様子見だったスズメだったが、翌日からドヤドヤと集団でやってきている。20~30羽もいるようだ。朝、雨戸を開けると木の上で待っている。給餌台に上がれない弱い子もいるので、下にも少しエサを撒く。

Suzume2

メジロがいても追い払う様子はない....

Suzumemejiro

甘党のメジロ、林檎よりミカンのほうが好き
ペアで代わる代わるついばんでいた

Mejiro7

シジュウカラは脂が好きだね。

Shijyukara2

珍しく林檎にもやってきた

Shijyukara

今のところ常連さんはメジロ、シジュウカラの各ペア、スズメたちのみ。この冬は今のところ冬鳥が少ないので、他の鳥たちはしばらくは見られないかも。不思議なのはヒヨドリがまだやってきていないこと。大食漢がいないのでエサの補給が助かるけど.....

| | Comments (0)

2014.01.05

野鳥レストランオープン

年末年始は忙しく、ようやく昨日レストランのオープン。ところが置いたパンくずも吹き飛ばすほどの風の強さで、鳥の姿もなかった。今日は風が少し弱くなり、メジロ2羽、シジュウカラ1羽、スズメ2羽、ヒヨドリ1羽、モズ1羽などがやってきたが.....。

今日一番にやってきたのはメジロだった。しかし落ち着かない様子。逡巡しているのが窓越しから見ていてよくわかる。

Mejiro5

キョロキョロ.......

Mejiro2

この中はシジュウカラ用のヒマワリの種が入っているだけ。でも何か食べていた。嘴にパンくずがついている。風で飛ばされたパンが中に入っていたらしい。

Mejiro4

ようやくバードケーキを数口食べたものの、やはり落ち着かないのかすぐ飛んでいった。

Mejiro

シジュウカラはヒマワリの種に気づかないのか、ちょっと来てすぐ飛び去った。

スズメもとても用心深い。じーっと餌を見つめている様子だったが、とうとうエサ台には来なかった。

Suzume

モズは水飲みだけ....
食いしん坊のヒヨドリも餌に気がつかないのか水だけ飲んでいった

Mozu

一日目は様子見といったところだろうか。そのうちスズメなどは集団でやってきて、エサの取り合いが始まるのだろうけど。

これからしばらくは、家の中でぬくぬくしながら、窓越しにバードウオッチングをエンジョイしよう。

| | Comments (0)

2014.01.03

今日の鳥

お正月も主婦はおさんどんで忙しい。娘・息子夫婦&孫たちが帰り、一息ついて散歩へ。

最初に現れたジョウビタキ♂

Jyoubitaki

カワラヒワの団体さんが木に止まっていた。そのうちの2羽

Kawarahiwa

Kawarahiwa2

桃ノ木川が早くも減水状態。堆積物をさらう作業が行われているためらしい。潜る海ガモのキンクロハジロやホシハジロなどはゼロ。

堰も開いていた
コガモばかり60羽以上

Momonokigawa

コガモのシンクロ
息が合っていること....

Kogamo

マガモ

Magamo

Magamo2

コサギ

Kosagi

桃ノ木川と合流する大堰川の堰にダイサギ3羽にアオサギ1羽の珍しい光景。魚が多いのだろうか。

Sagi

Sagi2

キセキレイ

Kisekirei

セグロセキレイ

Seguro

帰り道の細ケ沢川には今日もカワセミの姿

Kawasemi

おまけ:空中散歩をする人

Paraglider2

Paraglider

| | Comments (0)

2014.01.01

初日の出、カワセミ

新しい年の幕開け。近くの雑木林から初日の出を見る。真っ赤な太陽がゆっくりと上がってきた。太陽の上がる東は赤城山の裾野なので、位置がいまいちだが、初日の出を見て新しい年をスタートでき清々しい気持ち。今年一年が今日の元旦のように穏やかでありますように.....。

7:00

7002

7:04

7042

近くをちょっとだけ歩く。林縁でカラ類の集団に出会った。エナガが多く、シジュウカラ、コゲラが混じっていた。やや暗くて写真は撮れず。他にシルエットだったのではっきりしないがオオタカらしい姿、道路脇でツグミにも出会う。じっくり見られたのはカワセミ君。正月早々君に出会えてラッキー。春から縁起がいい~~ぞ。

朝日を浴びるカワセミ 細ケ沢川で

Dsc005742

Dsc005842

| | Comments (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »