« October 2013 | Main | December 2013 »

November 2013

2013.11.27

庭にやってきた鳥たち

庭のハナミズキにジョウビタキ♀がやってきた。テリトリを巡回中なのかな。さかんに枝から枝へ飛び回り、何やら食べている様子。よく見るとハナミズキの花芽をつまんでいるのだった。

Jyoubi

Jyoubitaki

Jyoubitaki2

Jyoubitaki3

毎日のように集団でやってきて、順番に水浴びをやっていくカオジロガビチョウ。実に統率がとれている。

Kaojiro

Kaojirogabicho

Kaojiro2

最近ヒヨドリも時々やってくるようになった

Hiyodori

Hiyodori2

木々の葉も落ち、鳥たちの姿がよく見えるようになった。窓越しバードウオッチングの季節到来である。

| | Comments (0)

2013.11.24

奨励賞受賞

原西自然観察の会が、市の「第5回まえばし水と緑の環境賞」の奨励賞を受賞した。10年にわたる細ケ沢川の水質調査などの活動が評価されたもの。

Dsc001402

スギで作られた立派な賞状

Shoujyou

8団体が受賞

Kouenkai

環境カウンセラー片亀光さんの講演会

Kouennkai2

片亀さんの省エネは徹底している。私もかなり節電等しているつもりだが、まだまだだなぁと思う。工夫と努力で楽しく省エネをモットーに15年間で電気を46万円も節電、水でも45万も節水し、エコ貯金できた分を家族旅行や家電製品の買い替えに活用されているのだそう。エコ貯金をしていると思えば省エネも楽しいかも。

おまけ:午前中水質調査後、帰り道の林縁のモミジを見る
同じ木なのに、陽の当たるところは真っ赤に紅葉、日陰は黄葉している

Momiji

Momiji2

| | Comments (0)

2013.11.23

細ケ沢川にて

連日小春日和が続いている。澄み切った青空に上州の山々が美しい。いつだったか、NHKの気象予報士の南さんが、12月~2月に限っていうと、前橋の一日の日照期間は6.8時間もあると言っていた。日本一らしい。冬に太陽がいっぱいというのは嬉しいこと。前橋って住みよいところ。でも但し書きがつくよね。風がなければ.....ね~って。

青空のもと、細ケ沢川を歩く。上武道路建設の真っ最中で、途中は交通止め。

Jyobu

そのせいか散歩する人も少ない。いつものカワセミがさかんにチャポンチャポンとダイビングしていた。人も通らないのでいい餌場になっているらしい。もっと近づいて見たいけど、身を隠す場所もなく、鳥から丸見え。遠くからズームで撮るしかないのが残念。

Kawasemi

カワセミの近くにダイサギとアオサギのツーショットが見られた。私の姿に警戒している様子。我慢できずに、両方とも飛んでしまった。

Daiaosagi

Daisagi

Aosagi

近くの電線にノスリが止まっていた。モビングしていたのかチョウゲンボウの姿もチラリ。よく見ると、上にもう一羽いた。ここ数年見られる同じペア?

Nosuri

Nosuri2

おまけ:皇帝ダリアと榛名山
台風で一度倒れた皇帝ダリア、持ち直して何度かの霜にもめげず咲いている。畑で作業をしていると、皇帝ダリアを見て声をかけてくる人が結構いる。先日もこの花をネパールで見たという人がいた。標高2000mあたりで咲いているらしい。この花の原産地はメキシコ。どのような経緯でネパールに渡ったのだろう。その方は、「この花を見るとネパールを思い出すの」と言っていた。ネパールではモンシルメンド(11月の花の意味)という名前で呼ばれているそう。ヒマラヤをバックにこの大きな花が咲いていると絵になるね。ヒマラヤといかないけど、こちらは榛名山をバックにパチリ(電線が邪魔じゃ)。

Dsc000772

| | Comments (0)

2013.11.20

朝の榛名山と月

朝7時前の赤く染まった榛名山と沈みゆく月

Harunamoon

Moon

庭にひょっこりやってきたジョウビタキ♀
赤い実を飲み込んだ。多分落ちていたマユミの実らしい。

Jyoubitaki

林縁で17日に見たカシラダカ。今年初認。

Kashiradaka

| | Comments (0)

2013.11.15

ツグミ初認

雨の朝、庭に出たところ、近くで鳴くクェクェの声が聞こえた。お!ツグミじゃんと思って、見上げると家の前の電線に一羽止まっていた。いそいでカメラをとりにいき、何とか一枚ゲットしたところで、あらら、すぐ飛んで行ってしまった。久しぶりのつぐみん、そのうち庭にもやってくるはず。まもなく木々の葉も落ち、鳥見に絶好の楽しみなシーズン到来である。

Tsugumi

晴天の昨日庭にやってきた鳥たち

ホオジロ

Hoojiro

シジュウカラ

Shijukara

メジロたち

Mejiro

日向ぼっこのベニシジミたち

Benishijimi

| | Comments (0)

2013.11.14

オオタカなど

高い鉄塔のてっぺんでカラス3羽がチョロチョロしているので、もしやと双眼鏡で覗くと、想像どおりオオタカの姿があった。カラスはオオタカのまわりを何度もウロウロしていたが、オオタカは威風堂々、気にする様子もない。カラスたちはモビングすることもなく(できずに?)、すごすごと引き下がっていった。

Karasuootaka

Ootaka3

Ootaka

Ootaka2

スズメの学校

Suzume

スズメと飛行機

Suzumeplane

こちらは別の飛行機、尾翼から大韓航空機?

Plane

シロダモの花と実
二年目に実がなるシロダモ、今年の花と同居 この花は来年の秋赤い実をつけるはず

Shirodamo2

青空に元気に咲く菜園の皇帝ダリア
台風で一度倒れたが、生命力があるらしく、ようやく咲きはじめた。寒さが続くと蕾が全部咲くのは無理かもね。

Kouteidaria

| | Comments (0)

2013.11.12

今日の山々、チョウたち

今日は今季一番の寒い朝になる。7時ごろ水盤を見ると、うっすら氷が張っていた。浅間山は真っ白、赤城山の鈴ケ岳も冠雪しているように見えた。

赤城山
(一番左に見える山が鈴ケ岳)

Akagi

鈴ケ岳

Suzugadake

榛名山
(左にちょっと顔をだしているのが浅間山)

Haruna

浅間山

Asama

妙義山、荒船山(左)

Myougi

林縁のムラサキシジミ

Murasakishijimi

Murasaki

庭でも見かけるが、どこで越冬するつもりだろうか。

モンキチョウ
越冬する個体もいるようだが.....?年を越して、一番早くみられるチョウ。

Monkicho

まだまだたくさん飛んでいる越冬できないモンシロチョウ
今年の終認は12月のいつだろうか.....

Monshiro

大きなエノキにびっしり黒い実がなっていた。下にもたくさん落ちている。食べてみると、甘く、少し発酵したようなレーズンの味がする。鳥も好きなはずだが.....? まだ柿がたくさん実っているので、おいしいほうが優先なのかな?

Enoki

| | Comments (0)

2013.11.09

庭にやってきた鳥たち

11月2日に初認のジョウビタキ、毎日庭や畑にやってきている。かろうじて1枚撮れた。我が家をテリトリとしているのは♀のようだ。

Jobitaki

今日はメジロのペアがシモクレンにやってきていた。餌はまだかなぁ~と、物欲しげ。(まだ2か月先だよ~~。)

Mejiro

ムクドリもひょっこり庭にやってきて、芝生をつっついたりしていた。

Mukudori

水盤にやってくるのはカオジロガビチョウばかり。毎日集団でやってきて、かわりばんこに水浴びをやっていく。

Kaojiro

姿は見せずだが、時々ウグイスの笹鳴きが聞こえる。垣根にきているようだ。

| | Comments (0)

2013.11.06

小春日和 秋をさがして

前橋の今朝の最低気温は7.8℃。街中よりやや標高が高いので、この辺りは7度以下だったかもしれない。でも昼間は小春日和の暖かさだった。

秋を探して近くを歩く。道端の実を採ってきて、リースに巻きつけ、ちょっと秋の演出をしてみた。材料は赤い実のカラスウリ(青い実も混じる)、藍色のアオツヅラフジ、赤い実のヒヨドリジョウゴ

Wreath

真っ赤な実がたくさんなっていた。ちょっと齧ってみる。まず~~っ。鳥も食べない?葉っぱからサンシュユの木のようだ。

Sanshuyu

こちらはカジノキ まだ赤い実(そう果)が残っている。こちらは甘いはずだが、古そうなのでなめてみなかった。カジノキは林縁でよく見る。でも若い樹のせいか、花を見たことがない。

Kajinoki

ホトケノザで吸蜜するヒメアカタテハ 時々ツマグロヒョウモンに追いかけられていた

Himeaka

お茶の花にやってきたセイヨウミツバチ 両脚の花粉が重そう.....

Mitsubachi

日向ぼっこをするナツアカネの♀?

Natsuakane

細ケ沢川にアオサギが来ていた 先日はカワセミがいたところで、魚が多いようだ。

Aosagi

電線に止まるセグロセキレイ

Seguro

庭の夏椿にとまるホオジロ2羽

Hoojiro

おまけ:10日ほど天日干しをした落花生を鞘を切り離す。これから洗ってもう一度に天日干しをして、さらに煎る作業が必要。食べるまでたいへ~ん。

Rakkasei

おまけ2:11月3日に東京に出かけた際、帰りに寄った皇居東御苑の大手門でダイサギを見る。カメラを向けてもそれほど嫌がる様子もなく、人に慣れている感じ。

Daisagi

| | Comments (0)

2013.11.02

チョウゲンボウ、秋のチョウなど

小春日和の陽気になる。ようやくジョウビタキが庭にやってきた。例年は10月後半には見ているが、今年はやや遅い飛来。

上空でチョウゲンボウとカラスの攻防が見られた。カラスがしつこく追いかけていたが、強気のチョウゲンボウも負けじとカラスに応戦していた。

Chogenbo2

Chogenbo3_2

Chogenbo4

Chogenbo5

夏椿に止まったカワラヒワ2羽

Kawarahiwa

隣の鳥はよく柿食うムクドリ

Mukudori

11月に入り、チョウたちの姿はめっきり少なくなったが、まだ元気なチョウたちが飛び回っていた。

ツマグロヒョウモン♀

Tsumaguro

ヤマトシジミはまだまだ元気

Yamatoshijimi

ベニシジミもちらほら

Benishijimi

林縁の日の当たる葉っぱに止まるムラサキシジミ。 この姿で寒い冬を越す。

Murasakishijimi

庭の椿にもきていた
葉の裏に入っていったり、表に出て日向ぼっこをしたり、目まぐるしい動き。朝夕の寒さをしのぐ場所でも探しているのかな?

Murasakishijimi2

近くにウラギンシジミ♂も止まっていた。これも越冬個体。

Uraginshijimi

キタキチョウ(越冬個体)

Kitakicho

| | Comments (0)

« October 2013 | Main | December 2013 »