« ノビタキ飛来 | Main | 秋のトンボ、チョウ、野の花 »

2013.09.25

ミドリヒョウモンが......!!

相変わらずミドリヒョウモンが多い。昨日、ミドリヒョウモンの不可思議な行動を観察。見て(@_@;)ビックリ。一体どういうことなのか、信じられない光景を目撃した。

足元でミドリヒョウモンがバタバタしていた。どうしたことかと、よくよく見ると、ミドリヒョウモンのすぐそばに翅を閉じたツマグロヒョウモンの♀がいて、驚いたことにミドリヒョウモン♂がツマグロヒョウモン♀に交尾を迫っている様子。執拗に必死になってアタックしてる。脚でツマグロの翅を広げようとすらしているようにも見えた。ツマグロのほうは、逃げることもできず、じっとひたすら耐えているように見えた。撮影しにくいので、草をちょっと動かしたところ、ミドリヒョウモンに気づかれて逃げられてしまった。そのあと解放されたツマグロも飛び去った。

同じヒョウモンチョウ族とはいえ、ミドリヒョウモンとツマグロヒョウモンとは属が違うし、交尾はありえないこと、この行為はどう考えたらいいのか.....??

野鳥の世界では、カモのカルガモとマガモの交雑体(マルガモ)を稀に見ることがあるが、チョウの世界でもありうることなのだろうか?

Midoritumaguro

Midoritumaguro2

Midoritumaguro3

|

« ノビタキ飛来 | Main | 秋のトンボ、チョウ、野の花 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ノビタキ飛来 | Main | 秋のトンボ、チョウ、野の花 »