« August 2013 | Main | October 2013 »

September 2013

2013.09.30

コガモ、ヒドリガモ、コサギ

そろそろカモたちが来ているのではと、桃ノ木川に行ってみた。コガモとヒドリガモを確認。去年も同じ9月30日にコガモを見ている。たいていコガモは一番乗りなので、もっと前に来ていたのではと思う。コガモもヒドリガモも♂は♀そっくりのエクリプスなので、見分けるのが大変。コガモはほとんど♀のようだった。

コガモ

Kogamo2

♀(嘴に黄色味がある)

Kogamomesu2

ヒドリガモ(上の一羽が♀、下二羽が♂)

Hidori

♂(赤みが強い、雨覆いが白い)

Hidoriosu2

Hidorimesu3

久しぶりのコサギ

Kosagi

| | Comments (0)

2013.09.27

庭にオニヤンマ

庭にオニヤンマがやってきてシモクレンに止まった。♀のようだ。秋になると、庭でも見られることが多い。縄張りを離れて、放浪の旅?だろうか?

Oniyanma

Oniyanma2

Oniyanma3

| | Comments (0)

2013.09.26

秋のトンボ、チョウ、野の花

台風の影響か、風の強い一日だった。その中、ガーデンにはウラギンヒョウモンが来ていた。

Uraginhyomon3

Uraginhyomon4

Uraginhyoumon2

近くの雑木林では、ミドリヒョウモンが数頭見られた。ヒョウモンチョウ類の活動が活発な時期のようだ。

Midorihyoumon

林縁にはナツアカネが多数
太陽を背にしてずらりと並んだナツアカネ

Natsuakane

Natsuakane2

だいぶくたびれたオニヤンマ♂が見られた
命をつないで、まもなく終焉を迎える........

Oniyanma

Oniyanma2

真っ白なボールのようなものが見えた。なんと直径12~13センチのキノコだった。オニタケの一種のようだ

Onitake

Onitake2

秋の花、アキノノゲシが咲きはじめていた

Akinonogeshi

今日の榛名山とヒガンバナ

Haruna

| | Comments (0)

2013.09.25

ミドリヒョウモンが......!!

相変わらずミドリヒョウモンが多い。昨日、ミドリヒョウモンの不可思議な行動を観察。見て(@_@;)ビックリ。一体どういうことなのか、信じられない光景を目撃した。

足元でミドリヒョウモンがバタバタしていた。どうしたことかと、よくよく見ると、ミドリヒョウモンのすぐそばに翅を閉じたツマグロヒョウモンの♀がいて、驚いたことにミドリヒョウモン♂がツマグロヒョウモン♀に交尾を迫っている様子。執拗に必死になってアタックしてる。脚でツマグロの翅を広げようとすらしているようにも見えた。ツマグロのほうは、逃げることもできず、じっとひたすら耐えているように見えた。撮影しにくいので、草をちょっと動かしたところ、ミドリヒョウモンに気づかれて逃げられてしまった。そのあと解放されたツマグロも飛び去った。

同じヒョウモンチョウ族とはいえ、ミドリヒョウモンとツマグロヒョウモンとは属が違うし、交尾はありえないこと、この行為はどう考えたらいいのか.....??

野鳥の世界では、カモのカルガモとマガモの交雑体(マルガモ)を稀に見ることがあるが、チョウの世界でもありうることなのだろうか?

Midoritumaguro

Midoritumaguro2

Midoritumaguro3

| | Comments (0)

2013.09.23

ノビタキ飛来

渡り途中のノビタキが今年もやってきた。昨日は確認できなかったが、今日は以前住んでいた隣町の田んぼ付近の電線に止まっているところを発見。下の電線にモズ、上の電線にスズメが止まっていて、スズメと同じ並びにスズメではない鳥の姿が......。もしやと双眼鏡で見ると、ノビタキだった。2羽確認。ペアかな?毎年お彼岸の頃に必ず10羽くらいやってきて、稲刈りが終わる頃まで滞在する。

まずは電線の上からエサのありそうなところを鳥瞰的に調査中?

Nobitaki

Nobitaki2

Nobitaki4

Nobitaki3

細ケ沢川付近では、今年生まれの若いツバメたちが20羽以上飛んでいた。独立した若者同士、力を合わせてこれから南下していくのだろう。また来年元気で戻っておいで~。

建設中の上武道路の橋桁で一休み.....

Tsubame2

Tsubame

庭にやってきたシジュウカラ
コゲラも一緒のようだった

Shijukara_2

Shijyukara2

今日は近くの雑木林付近でカラスたちが大騒ぎをしていた。見ると、ノスリらしきタカが2羽いて、さかんにカラスがモビングしていた。ノスリが今頃山からおりてくるとは.....。

間もなく10月、バードウオッチャーにとっては楽しみな季節の到来である。

| | Comments (0)

2013.09.22

今日のバタフライガーデン ウラギンヒョウモンなど

今日もバタフライガーデンで、ミドリヒョウモンが常駐のツマグロヒョウモンに時々追いかけられたりしながらも、一日飛び回っていた。

ボロボロのミドリヒョウモン まだまだ元気

Midori

こちらも少し翅が痛んでいる

Midori2

今日はウラギンヒョウモンもやってきた。ツマグロが嫌なのか、すぐ飛んで行ってしまった。じっくり撮れず、ぶれぶれ....。裏の白い斑紋が特徴。

Uragin

Uragin2

いつものツマグロヒョウモン♀ 他のヒョウモンチョウと違って、翅は痛んでない。

Tsumaguro

Tsumaguro2

今までバタフライガーデンの常連だったキタテハがいないのでどうしたのかと思っていたら、今日はやってきた。色もかすれ、翅もボロボロで見る影もなし。

Kitateha

キタキチョウ かなり小さい

Kitakicho

キアゲハがアシタバに産卵して行った。ちょっと困るぅ.......

Kiageha

蛾のシロオビノメイガ 非常に多い

Shiroobinomeiga

オオチャバネセセリがまだいる

Oochabane

ミヤマアカネ

Miyamaakane

こちらは真っ赤な♂

Miyama2

| | Comments (0)

2013.09.21

バタフライガーデンの虫たち ミドリヒョウモンなど

我が家のバタフライガーデン、蝶をはじめ、いろいろな虫たちでにぎわっている。9月に入ってから、ヒョウモンチョウ類の姿を何度か見かけていたが、今日はミドリヒョウモンが一日滞在してくれた。オオウラギンスジヒョウモンも短時間ながら見ることができた。他の花に止まることはなく、ブッドレアがお気に入り。

オオウラギンスジヒョウモン♀

Oouragin4

Oouragin

Oouragin2

Oouragin3

ミドリヒョウモン ボロが多い中、比較的きれいな個体

Midori2

Midori

Midori3

アカタテハ 口吻が伸びていないので、休憩中?

Akatateha

Akatateha3

イチモンジセセリ 一番多いチョウ

Ichimonji

ベニシジミ ブッドレアに来ることはほとんどなく、千日紅が好みのよう

Benishijimi

モンシロチョウ 花なら何でもオーケー?

Monshirocho

オオタバコガ 毎年見かける蛾 千日紅で吸蜜

Ootabakoga

クマバチ 冬眠に備えて蜜集めかな?

Kumabachi

山から下りてきたアキアカネの♀

Akiakane

Akiakane2

おまけ:人も飛ぶ

Paragira

| | Comments (0)

2013.09.17

台風一過

台風一過、さわやかな秋晴れ。青空が目にまぶしい。し、しかし、バタフライガーデンのブッドレアは2本が倒れ、花の咲くのを楽しみにしていた皇帝ダリアもボッキリ.....(-_-;)。

気を取り直して朝の散歩へ......。一羽のツバメが田んぼの上を軽やかに飛んでいた。仲間たちはとっくに南下をはじめているのに、マイペースのツバメは毎年いる。田んぼではまだセッカの声が聞こえる。間もなく渡りのノビタキが田んぼにやってくる頃だ。

榛名山と稲穂とヒガンバナ

Haruna

稲刈りの終わった田んぼと赤城山

Akagi

ヒガンバナとアゲハ

Ageha

キアゲハもやってきた

Kiageha

センニンソウにとまるハラナガツチバチ

Haranagabachi

Haranagabachi2

| | Comments (0)

2013.09.13

エナガ、モズなど

家の前の電線にエナガの集団が毎日のようにやってきて止まっている。しばらくして、いっせいに飛んで、時々庭木にもやってくる。集団の数は20羽弱、今年生まれの若鳥だろうか?巡回しているようで、家の近くもコースになっているらしい。電線に集団で止まるエナガって、今まであまり見たことはないので、ちょっと珍しいかんじ。

Enaga

Enaga2_2

Enag3

モズが毎日のように庭木にやってきて、鳴いている。そろそろモズの高鳴きの季節。まもなくあちこちで縄張り宣言をするモズの声が響く。秋の風物詩。

夏椿のてっぺんにやってきたモズ♂(今年生まれかも)

Mozu

ブッドレアにやってきたオオスカシバ 大きな目が印象的。うちのクチナシを丸坊主にして、羽化したオオスカシバかも.....。

Oosukashiba_2

| | Comments (0)

2013.09.10

ナツアカネの産卵

秋の風物詩、実った稲穂の上でナツアカネが連結して産卵をしていた。♂は真っ赤、♀もかなり赤い。ナツアカネは打空産卵が特徴。乾いた稲穂の上に産卵って、効率はどうなの?と考えてしまう。山へ避暑に行っていたアキアカネもそろそろ戻ってくる時期、彼らは水のあるところに打水産卵をする。こちらの方が効率がいいように思うけど、そのアキアカネは数が減少している。自然界は複雑系......。

Natsuakane

Natsuakane2

| | Comments (0)

ツクツクボウシ

ここ数日、毎日のようにハナミズキにやってきて鳴いていきます。同じ個体でしょうか。巡回しているのかな?

| | Comments (0)

2013.09.09

ついにアカボシゴマダラ出現

久しぶりによい天気になる。色づき、頭が垂れてきた稲穂が広がっている田んぼ。その先き榛名山がくっきりと見えた。セッカが飛びながらさえずっていた。

田園風景に似合わないダンプが走っている。上武道路建設が急ピッチで進んでおり、この風景も数年後には見られなくなる......。

Haruna

こんなマネキンで鳥よけになるのかな?

Harunasan

Harunasan2

いつもの雑木林で、ついに外来蝶のアカボシゴマダラが出現。現れるのは時間の問題と思っていたが、初確認である。翅がきれいなので、この林で羽化したのかもしれない。幼虫はエノキの葉を食べて育つ。とても敏感で接写しようと近づいたところ、サァ~ッと軽やかに飛んで行った。飛翔力もありそう.....。

Akaboshi2

Akaboshi

今や普通に見られるようになったカオジロガビチョウも、このゴマダラチョウも本来は東南アジアや中国に生息する野鳥と蝶。カオジロガビチョウは群馬県の赤城山南面で、アカボシゴマダラは神奈川県周辺で人為的に放されたもの。徐々に生息地域を広げてきており、在来の鳥やチョウに影響が及ぶのではと懸念されている困った存在.....。どちらにも罪はないものの....。

| | Comments (2)

2013.09.07

ヒガンバナ他

いつの間にかヒガンバナが咲いていた。暑い夏だったので、まだまだ先だと思っていたのに、かなり前から咲いていた様子。毎年定点観察しているところのヒガンバナは、昨年は、今頃、ようやく芽が出始めたところだったが、今年は8月末には咲いていたと思われる。

ヒガンバナンの花芽形成時期は6月下旬で、ヒガンバナの開花適温は20度~25度といわれている。今年の6月は気温が高かったせいで、花芽の形成が進み、炎暑だった夏も8月末には涼しくなってきて開花適温になり、一気に咲きはじめたと思われる。

Higanbana2

Higannbana3

定点観察記録

Higanbana

脇の水路で顔をのぞかせていたカエル
ツチガエルだと思う。群馬県のレッドデータでは絶滅危惧Ⅱ類に評価されている。

Tuchigaeru

ヒガンバナを見る前に公民館へ寄ったところ、非常階段の電燈の上にチョウゲンボウ若鳥?が止まっていた。こんな場所にいるとは珍しいこと。飛んだ時、随分白っぽく見えた。

Chogenbou

| | Comments (0)

2013.09.05

ホシホウジャク孵化

2日にホシホウジャクがアカネに産卵しているのを見て、卵を持ち帰ったが、なんと3日で孵化し、幼虫がでてきた。あまりに早いので驚く。

卵が少し黄色味がかってきたなぁと思って、たまたまルーペで見ていたところ、中から殻をつっついている様子が見られた。なんとグッドタイミング。孵化の瞬間が見られた。突然だったので、証拠写真程度にしか撮れなかったけど。

殻を突っつきはじめて出てくるまで、わずか5分ほど

Tamago

幼虫はいったん殻から離れるが、Uターンして、殻のところに戻ってきて殻を食べ始める。この行動はアゲハなどのチョウと同じ。食べ終わるまで十数分ほどだった。

Yocho

2時間後の幼虫の姿。4ミリ程度。スズメガの特徴でもある黒い尾角が立派。

Youchuu

おまけ:10年以上前に撮影した孵化したばかりのアゲハが殻を食べているところ
やはり、いったん殻を離れ、Uターンして戻ってきて食べる。

Ageha

| | Comments (0)

鳥たちオス同士の鳴き交わし

このところキジがよく鳴いている。ホロ打ちはなく、ちょっと苦しそうに聞こえる声で鳴いている。あまり心地よい声ではない.....。昨日の朝、隣の畑で鳴いていると、遠くで答えるかのように、別の♂が鳴いていた。まるで会話をしているよう。この時期鳴くのは縄張り宣言ではないと思うのだけど?お互いの縄張りの場所の確認?

もう一羽のオスの声は遠すぎて、かすかにしか聞こえない。

今年の7月17日にホオジロの♂同士が鳴き交わしているのを聞いたことがある。それほど遠く離れてはいないところで、ホオジロAが鳴くと、ホオジロBが答えるかのように鳴いていた。面白いなぁと思って聞いていたが、一体どういう会話だったのか......、気になっている。

声の波型

Hoojiro_2

卒塔婆の上で鳴くホオジロB

Hoojiro3

| | Comments (0)

バタフライガーデンの虫たち

バタフライガーデンにそろそろヒョウモンチョウたちがやってくrのでは?と期待しているが、まだ見かけない。圧倒的に多い蝶はイチモンジセセリ。他にモンシロチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモンなどが常連。

ベニシジミ

Benishijimi

Benishijimi2

イチモンジセセリ

Ichimonnji

ヒメアカタテハ

Himeaka

クチナシの葉を丸坊主にしていたオオスカシバの幼虫
駆除せずに見ないふり.....^^;

Oosukashiba

Oosukashiba2

イチジクに群がるシロテンハナムグリ 8匹もいた(jjj)
アリはクロヤマアリのようだ
毎日、虫や鳥に丁度食べごろのおいしいところを1~2個食べられている(-_-;)

Shiroten

セスジスズメの幼虫があちこちに...... いろいろな葉を食害してくれているようだ
丸々太っている....

Sesuji

カラーにもついていた(+o+)

Sesuji2

水辺から離れているのにもかかわらずシオカラトンボも多い

Shiokaratonbo

朝早くブロック塀で休むアカタテハ

Akatate

| | Comments (0)

2013.09.02

ホシホウジャクの産卵など

朝、雨が降ったりやんだりのはっきりしない天気模様。林縁を歩く。ホシホウジャクが咲いている花もないのに飛びまわっていた。観察していると、葉の先を触るように飛んでいる。やがて、アカネの葉の先に産卵しているのが見られた。ルーペで葉を見てみると、グリーンの真珠のようなきれいな卵だった。家に持ち帰り、写真に撮ってみた。ホシホウジャクの食草はアカネ科。ヘクソカズラやアカネに産み付ける。

アカネに産卵しようとしているところ

Hoshihojaku

直径1ミリ程度の卵

Tamago

樹液がまだ出ているクヌギがあって、ノコギリクワガタが数匹きていた
甘酸っぱい樹液のにおいが漂っていた

Kuwagata

Kuwagata2

コクワガタも.... かなり小さなスジクワガタも.....
こにタンさんから内歯(おおあごのトゲ)の形がコクワガタと違うので、正しくはスジクワガタと教えていただいた。

Kokuwagata

樹液はもうでていいない別の木にいたノコギリクワガタ

Kuwagata3

コカマキリかな?
暗いところにいたが、白っぽいので、目立っていた

Kokamakiri

ギンツバメ
小さな蛾だが、暗いところでこちらもよく目立っていた

Gintsubame

ニッポンマイマイ
ちょっと見にくいけど、右巻きのよう.....

Nipponmaimai2

Nipponmaimai

| | Comments (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »