« バタフライガーデンの虫たち | Main | カンタンの声 »

2013.08.22

コモンツチバチ他

ハナバチの一種かなと思っていたハチは、コモンツチバチと教えていただいた。ツチバチはジガバチと同様獲物に針で麻酔をかける。ジガバチは泥の巣を作って、そこに獲物を運び入れ卵を産み付ける。ところがツチバチは巣を作らず、土を掘って、コガネムシの幼虫を探し出し、卵を産み付けるという寄生蜂なのだ。ツチバチの幼虫はコガネムシの幼虫を捕食して育つというわけ。毎日ミントにやってくるオオセイボウもスズバチに寄生する。寄生蜂たちはミントが好きらしい。

触角が短く、黄色い模様からコモンツチバチの♀ということが判明
かなり毛深いハチ

Komontuchibachi

Komontuchibachi2

いつも変わった止まり方をするオオウスオビトガリメイガが、いつもとは違う変な止まり方をしているので、??と思って、よく見たら、なんとコハナグモ?に捕まって、身動きできない状態だった。ミントには蛾、ハチ、クモ、ハナムグリなど、いろいろな虫たちがやってきて、見飽きない。

Oousuobikumo

最近毎日のように庭にやってきて、さえずっているホオジロ
何故このようなところに来ているのか不思議だけど.....

Hoojiro_3


メジロの団体さんたちも毎日やってくる。葉っぱに隠れてよく見えないが、声でそれと知る。庭がメジロたちの巡回コースになっているのかな?

Mejiro

|

« バタフライガーデンの虫たち | Main | カンタンの声 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バタフライガーデンの虫たち | Main | カンタンの声 »