« ウドンゲの花 | Main | 雑木林の昆虫  »

2013.07.13

雑木林の昆虫 クロコノマチョウ初出現など

昨日早朝(6時ごろ)、いつもの雑木林の中に入っていくと、目の前をバサバサ大型の蛾?が飛んだ。止まったところを見ると、なんと蛾ではなくジャノメチョウの仲間のクロコノマチョウだった。群馬県では太田、高崎で確認されているが、前橋ではまだ聞いていない。初確認??温暖化の影響で北上しており、東北まで広がっているとのこと。どちらにしても記録すべきチョウの出現だ。昼間はほとんど活動しないチョウなので、夕方か早朝でないと会えない。これから要チェックである。蛹がとても美しいので、一度見つけたいもの。

Kurokonoma

こちらは蛾のトモエガの一種 ハグルマトモエ?
巴模様のよく目立つ蛾。幼虫はネムノキ
バサバサと不器用な飛び方なので、追いかけるのは楽^^;。

Tomoega

Tomoega2

オオチャバネセセリが交尾していた

Oochabane

シロコブゾウムシはまだニセアカシアで見かける
相変わらずすぐ死んだマネをする.....

Shirokobuzoumushi2

大型のクワカミキリ

Kuwakamikiri

大顎でガリガリ枝を食害している

Kuwakamikiri2

アオバハゴロモの幼虫?
ロウでカモフラージュしたハゴロモ類の幼虫をよく見かける季節

Hagoromo

ハチに擬態するヒメアトスカシバの♀

Himeatosukashiba

昨年8月に出会った♂
腹部の先に毛の束がある

Himeatosukashiba_2

|

« ウドンゲの花 | Main | 雑木林の昆虫  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウドンゲの花 | Main | 雑木林の昆虫  »