« June 2013 | Main | August 2013 »

July 2013

2013.07.26

チョウトンボなど

こにタンさんからチョウトンボの情報をお聞きし見に行ってきた。チョウトンボ、コシアキトンボ、ギンヤンマ、ショウジョウトンボ、イトトンボなどが多数が乱舞するその池はトンボ天国だった。久しぶりにチョウトンボを見られてハッピー(^^)。

チョウトンボ
♀をめぐる争いか、絡み合う♂同士や、ペアリング、産卵などが見られた

Chotonbo6

♂メタリックな青紫色の翅が美しい

7

12

Chotonbo5

翅の斑は地域による変異が多いらしい

Chotonbo2

♀は金色の翅

Mesu5

真っ赤なショウジョウトンボ

Shojyotonbo

Shoujyoutonbo

コシアキトンボ

Koshiaki

モノサシトンボ

Monosashitonbo

Monosashi

クロイトトンボ

Kuroitotonbo

キイトトンボ

Kiitotonbo2

別の場所で見たアオイトトンボ

Aoitotonbo

ニイニイゼミがよく鳴いていたが、近くの木に止まったセミは....
ヒグラシのようだ

Higurashi_2

| | Comments (0)

2013.07.25

今週の昆虫

林縁でアブラゼミの抜け殻を発見。まだ声は聞いていない.....。

Aburazemi

ベッコウハゴロモをたくさん見かけるようになった
これでもカメムシ類の親類

Dsc00130


ちょっと変なダイミョウセセリ
翅全体が縮んでいる。どうしたのか・・・?

Dsc00128


ビークマーク?のヒメジャノメ 
鳥に食べられそうになったのか.....

Himejanome

マメコガネの集団

Mamekogane

コチャバネセセリ 夏型のようだ

Kochabane

百日草に止まっていたツマグロヒョウモン

Dsc00088


畑にいたセスジスズメの幼虫
コロコロ太っていて、おいしそう.....^^;

Sesujisuzume

蛾を捕えたムシヒキアブの仲間

Mushihiki

キナコハリバエ?
全体が黄色のきれいな?ハエ

Kinakoharibae

マエキカギバ?
少しくたびれた個体

Dsc00149_2

林縁の薄暗いところでハグロトンボが多数止まっていた
同じ方向に止まっているのが面白い

Hagurotonbo

おまけ:オオタカ(若)

Ootaka_2

| | Comments (0)

2013.07.20

カラスを喰らうオオタカ

先日の朝、歩いているとすぐ近くでバサバサと羽音をたてて飛びたつ鳥がいた。オオタカの成鳥だった。飛び立ったところに、黒い鳥が転がっていた。なんとハシブトガラス。オオタカと同じくらいの重さ、大きさの獲物のカラスを持ちあげて運ぶことができず、やむなく置いて行ったようだ。たまに散歩する人が通るようなところなので、オオタカは果たしてどうするのかと思いつつ、その場を離れた。

しばらくして、遠くから見てみると、オオタカが戻ってきており、獲物を食べている様子。普通はまず邪魔な羽をむしるはずだが、その様子は見られない。しばらく見ていたが、人が数人やってきたせいか、オオタカはカラスをそのままにしてまた飛んで行ってしまった。カラスのところに行ってみると、胸の羽が少し散らばっており、捕食の跡があった。余程お腹がすいていたか、それとも食べて軽くして、安全なところに運ぼうとしていたのか??

夕方、再度行ってみると、カラスの姿はなく、細かい羽が少し残っていたのみだった。大きな羽をむしった痕跡はなく、どこかへ持ち去ったようだ。オオタカの胸の羽が一枚落ちていた。

以前別の場所でもオオタカがカラスを捕食しているのを見たことがあった。現場に遭遇したのはこれで2回目。無残な捕食跡の画像は省略。自分よりやや大きいカラスを捕食するとは....、やはりオオタカは生態系の頂点に立つ猛禽也。

カラスを置いて近くの木に止まったオオタカ

Ootaka3

ころがっていたハシブトガラス死骸

Hashibutogarasu

捕食するオオタカ

2013714ootaka

落ちていたオオタカの胸の羽

Ootakahane

| | Comments (0)

2013.07.18

月下美人咲く

昨夜、月下美人がいっせいに咲いた。香りが家じゅうに漂う。花のそばにいくとむせかるような強い芳香である。でも花の命は短く、今朝にはしぼんで、垂れ下がっていた。

Gekkabijin

Gekkabijin4

Gekkabijin2

今日はかぼちゃを収穫。デカイ。大味じゃないだろうね。

Kabocha

さっそく、一番小さなかぼちゃを調理することにした。ヌヌかた~い。ようやく切る。

Kabocha2

天ぷらでいただく。結構グーだった。明日はポタージュにしてみよう。

| | Comments (0)

2013.07.17

イワツバメ

10年ぶりに細ケ沢川で繁殖したイワツバメたちが、休耕田で飛び回っていた。時々下りて土をつっついている。まさか2度目の巣作りではないと思うが....??

Iwatsubame2

Tsubame3

Iwatsubame

Iwatsubame4

Iwatsubame3

セグロセキレイの親子
上武道路建設現場にて

Seguro

Seguro2

| | Comments (0)

2013.07.15

雑木林の昆虫 

今日はやや風があったせいか、猛暑も一段落。昨夕は雑木林でヒグラシが鳴いていた。また今日は庭にニイニイゼミがやってきて、しばらく鳴いていた。セミの季節到来。

夕方5時ごろの赤城山 今の季節にしては珍しくくっきり見えた。

Akagiyama

夕方7時ごろの榛名山と空

Haruna

トンボが多くなってきた。雑木林ではオニヤンマが水路でパトロールをしている。ハグロトンボは陽が当たらないところで長期滞在中。田んぼのすぐそばの林縁では赤トンボたちが見られるようになった。

早朝、活動前のシオカラトンボ

Shiokara

ナツアカネが増えてきた。アキアカネは山へ避暑に出かけしばらくお留守。

Natsuakane

マユタテアカネ
胸の黒いすじが目立たないので、ノシメではないようだ。

Mayutateakane

2日前に見たマイコアカネ
この林縁では初めて。

Maikoakane

クヌギの樹液でたくさんのカナブンに混じって、ノコギリクワガタのペア?が見られた。

Nokogirikuwagata

別のクヌギにもクワガタ

Kuwagata

林縁ではコガネムシ類も多い

ドウガネブイブイ

Doukanebuibui2

オオスジコガネ

Oosujikogane2_2

オスグロトモエ?先日見たハグルマトモエとそっくり。巴脇の線模様が微妙に違う。

Tomoega2

赤みが強い個体

Osugurotomoe

ササキリの幼虫 2か所で見る

Sasakiri

| | Comments (0)

2013.07.13

雑木林の昆虫 クロコノマチョウ初出現など

昨日早朝(6時ごろ)、いつもの雑木林の中に入っていくと、目の前をバサバサ大型の蛾?が飛んだ。止まったところを見ると、なんと蛾ではなくジャノメチョウの仲間のクロコノマチョウだった。群馬県では太田、高崎で確認されているが、前橋ではまだ聞いていない。初確認??温暖化の影響で北上しており、東北まで広がっているとのこと。どちらにしても記録すべきチョウの出現だ。昼間はほとんど活動しないチョウなので、夕方か早朝でないと会えない。これから要チェックである。蛹がとても美しいので、一度見つけたいもの。

Kurokonoma

こちらは蛾のトモエガの一種 ハグルマトモエ?
巴模様のよく目立つ蛾。幼虫はネムノキ
バサバサと不器用な飛び方なので、追いかけるのは楽^^;。

Tomoega

Tomoega2

オオチャバネセセリが交尾していた

Oochabane

シロコブゾウムシはまだニセアカシアで見かける
相変わらずすぐ死んだマネをする.....

Shirokobuzoumushi2

大型のクワカミキリ

Kuwakamikiri

大顎でガリガリ枝を食害している

Kuwakamikiri2

アオバハゴロモの幼虫?
ロウでカモフラージュしたハゴロモ類の幼虫をよく見かける季節

Hagoromo

ハチに擬態するヒメアトスカシバの♀

Himeatosukashiba

昨年8月に出会った♂
腹部の先に毛の束がある

Himeatosukashiba_2

| | Comments (0)

2013.07.09

ウドンゲの花

今日も猛暑、朝の散歩も汗だく.......早々に切り上げる

今朝の空 巻雲だと思う
スライドパノラマ機能を使って撮ってみた

Kumo2


ウドンゲの花が ステンレスの折り畳み式の物干しに......
ヨツボシクサカゲロウの卵の抜け殻のよう。いつも不思議に思うのは、なぜ葉っぱではなく人工物にも卵を産み付けるのか??生まれた幼虫も戸惑うとおもうのだけど.....

Udonge

2002年11月、高いガラス窓に産み付けられた卵

2002_11_22udonge

| | Comments (0)

2013.07.07

オニヤンマ他

林縁を歩いていたところ、モンシロチョウの翅がヒラヒラ落ちてきた。翅が下に落ちているのなら分かるが、何で上から落ちてくるわけ??当然上を見上げる。お!なんとオニヤンマがモンシロチョウを捕食していたのだった。納得。

Oniyanma3

Oniyanma

ズームで撮ってみると、顔中鱗粉だらけだった。壮絶!

Oniyanma2

ゴイシシジミ

Goishishijimi

去年大発生したいたところでは、今年もアブラムシがたくさん見られたが、不思議なことにゴイシシジミは全くいない。これからやってくるのかな。

ツバメシジミ

Tsubameshijimi

ヨツボシノメイガ
今の時期よくみる蛾。飛んで葉の裏に止まる。

Yotsuboshimeiga

お寺のハス池に寄ってみた。花の盛りは終わっていた。

Hasu

Hasu2

トウキョウダルマガエル
コンクリートの池からは出られず、累代が続いていると思われる。

Tokyodaruma2

Tokyodaruma

無事巣立つことができた子ツバメたち

Tsubame2

Tsubame

民家の木のてっぺんで鳴いていたオオヨシキリ
若鳥??

Ooyoshikiri

Ooyoshikiri2

こちらは桃ノ木川のオオヨシキリ

Ooyoshikiri

桃ノ木川のアオハダトンボ♀
どういうわけかお腹が折れまがっている。どうしたのか??事故?それとも自由に曲げることができるの??

Aohadatonbo

| | Comments (0)

2013.07.06

ブッドレアにやったきた虫たち

チョウを呼ぶ花のブッドレアが咲きはじめた。黄色や紫の花にいろいろな虫たちが次から次へとやってきて見飽きない。

一番多いモンシロチョウ

Moshirocho

セセリチョウも増えてきた
2か所でそれぞれ長いことじっと休んでいたイチモンジセセリたち

Ichimonji

Ichimonji2

こちらはオオチャバネセセリ

Oochabane

ベニシジミとモンシロチョウ

Benishijimi

ヒメアカタテハ

Himeakatateha

キタテハも常連さん

Kitateha

ツマグロヒョウモンの♂♀も頻繁にやってきているが、敏感で接写できず....

クマバチもブンブン音をたてて、吸蜜にやってきた

Kumabachi

オオハナアブ

Oohanaabu

小さな蛾 メイガの一種?

Moss

ブチヒゲカメムシ
畑の作物にもたくさん.......(-_-;)

Buchihigekamemushi

マメコガネもいた
畑を荒らさないで....

Mamekogane

ブッドレアの下に咲いているヒメヒマワリにいたオオカマキリの幼虫

Ookamakiri

下ではショウリョウバッタの幼虫たちがピョンピョン.....

Shouryoubatta2

Shouryoubatta

| | Comments (0)

2013.07.02

今日の昆虫 ムラサキシジミ

日参している雑木林だが、毎日発見あり。今日はムラサキシジミを見る。それも2頭。どうして今まで会えなかったのか不思議。冬越しのチョウだが、今頃になって活動するのかしら??

ボロボロのムラサキシジミ
こんなになっても活発に飛んでいた。

Murasakishijimi

こちらも少々くたびれているものの、翅はきれい。近づくと、サァ~ッと逃げた。

Murasakishijimi2

| | Comments (0)

2013.07.01

今日の昆虫、今日の野鳥

夕方雑木林を歩く。羽化してまもないオニヤンマ♀が林縁のクズに止まっていた。普通は早朝に羽化するはずだけど?近づくとかろうじて飛べたものの、フラフラと下りて近くの田んぼそばの草につかまった。翅がまだ完全に乾ききっていないのかもしれない。林縁そばの水路は結構勢いよく流れているけど、ここで羽化したのだろうか?

Oniyanma3

Oniyanma2

今年生まれのヒメクロオトシブミ....だと思う

Himekurootoshibumi

こちらは二化のコミスジだと思う

Komisuji

きれいなグリーンの模様のアブ 
コガタノミズアブの♂だと思われる

Kogatanomizuabuosu

アミガサハゴロモの幼虫
蝋質の糸を広げて、体を隠しているけど、白い糸はよく目立つよ。

Hagoromo

Amigasahagoromo

ヒメジョオンにやってきたオオハナアブ

Oohanaabu

モンクロベニコケガ(ヒトリガ科、コケガ亜科)
目の前を目立つ色の物体が飛んだので、追っかけて、ようやく画像をゲット。なんて鮮やかな色!

Dsc018052

あちこちで幼鳥を見かける時期、ハクセキレイの幼鳥が一羽で行動していた

Hakusekirei

久しぶりに見たオオタカ 多分♀?
片脚で止まって、リラックスした様子

Ootaka3

| | Comments (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »