« 高崎市染料植物園自然観察会 5/26 | Main | 雑木林の昆虫 ミズイロオナガシジミ他 »

2013.06.03

橘山自然観察会 6/2

昨日、南橘地区地域づくり推進協議会・渋川商工会北橘支所・橘山憩いの森愛護会・田口町自治会合同による橘山の自然観察会が開かれた。南橘の自然観察と環境を守る会が案内のお手伝いをする。

橘山は標高228mの里山だが、山の西斜面にアラカシの原植生が残る貴重な山でもある。またエドヒガン70本以上、カスミザクラ100本以上の桜が点在している自然の桜の山でもある。20年以上前にどんなところかと行ったことがあるが、中に入っていくのがはばかられるほど荒れていた。その後地元の方々の尽力で、散策できるまでに手入れされ、いろいろな植物、野鳥、昆虫が見られる身近な里山に変身している。

Kansatukai

Kansatsukai4

樹木、植物を中心に観察が行われた

Kansatsukai

◎二等三角点(頂上)

◎単葉・複葉

◎互生・対生

◎カスミザクラ、ヤマザクラ、エドヒガン、イヌザクラの見分け方

◎アケビ、ミツバアケビ、ゴヨウアケビの違い

◎竹と篠(アズマネザサ)の違い

◎カラムシ、アカソの話(昔繊維をとっていた)

◎ミズキ、クマノミズキの違い

◎シロダモの雌雄の観察

◎アラカシ、シラカシの違い

◎虫こぶ

その他観察した主な植物
マムシグサ、ヤマホトトギス、エゴノキ、ムクノキ、クリ、ニガナ(花)、オオバギボウシ、ヤブタビラコ(花)、クサギ、ゴンズイ、ウリハダカエデ、ヒノキ、コウゾ、カジノキ、アオダモ、ツノハシバミ、ヒサカキ、ホソバタブ、イボタ(花)、ノアザミ(花)、ガマズミなど

Kansatsukai2

頂上付近ではクマイチゴ(実)、ニガイチゴ(実)、ナワシロイチゴなどが見られた。特にクマイチゴは甘い実をたくさんつけていた

クマイチゴ

Kumaichigo

ニガイチゴ

Nigaichigo

イボタの花が満開で、コアオハナムグリがたくさんきていた

Ibota

サクラハチヂミフシ
イヌザクラの葉の虫こぶ

Inuzakura

その他、ケヤキの虫こぶ(ケヤキハフクロフシ)やコナラにつく虫こぶ(ナラメリンゴフシ)などが見られた。

見られた昆虫

ゴイシシジミ(産卵していたらしい)

Goishishijimi

ナナフシの赤ちゃん

Nanafushi

エゴツルクビオトシブミ(♀)
揺籃がたくさん見られた

Egotsurukubiotoshibumi

小さなハエ、変った模様のミツボシハマダラミバエ
いつもの雑木林でも見られた。発生時期なのか。

Mituboshihamadaramibae

カタツムリ

Katatsumuri

昨年は確認できなかったガビチョウがひときわ大きな声で鳴いていた。カオジロガビチョウは以前からいるので、外来種2種がいる山となってしまった(-_-;)。

|

« 高崎市染料植物園自然観察会 5/26 | Main | 雑木林の昆虫 ミズイロオナガシジミ他 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高崎市染料植物園自然観察会 5/26 | Main | 雑木林の昆虫 ミズイロオナガシジミ他 »