« 雑木林の昆虫 キマダラセセリ初見 | Main | 細ケ沢川にて »

2013.06.09

ホオジロの幼鳥、さくらんぼ

林縁でホオジロの幼鳥に出会った。巣立ってまもないようだ。近くで、親のチッチッという声が聞こえたので、すぐにその場を離れた。この子は♂かな?

201369hoojiro

ソメイヨシノに実がなっていた。ソメイヨシノはクローンなので、自身では種はできないはずだが、この林にはオオシマザクラやヤマザクラがあるので、受粉ができれば、結実することもあるようだ。数は少ないながら、結構実がなっていた。でもこの種からソメイヨシノが出てくることはない。試しによく熟した実を食べてみる。にが~~い。片親のエドヒガン系の遺伝を受け継いでいるらしく、苦くて食用には向かない。

Someiyoshino2

オオシマザクラはたわわに実をつけていた。こちらの実は甘く、苦さはあまり気にならない。オオシマザクラはソメイヨシノのもう片方の親だ。ソメイヨシノはオオシマザクラの甘味は受け継いでいないが、花の大きさや美しさはしっかり受け継いでいる。

Ooshimazakura

ソメイヨシノとオオシマザクラの実を少し採取してきたので、試しに撒いてみようと思う。発芽したらラッキーかも。

|

« 雑木林の昆虫 キマダラセセリ初見 | Main | 細ケ沢川にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 雑木林の昆虫 キマダラセセリ初見 | Main | 細ケ沢川にて »