« 雑木林の昆虫 ミズイロオナガシジミ初見 | Main | 橘山自然観察会 6/2 »

2013.06.03

高崎市染料植物園自然観察会 5/26

5月26日に、南橘の自然観察と環境を守る会の皆さんと高崎市染料植物園に行ってきた。

植物園は観音山丘陵の中腹にあり、近くのバードハウスには来たことはあるが、植物園の中に入るのは初めて。

「染料植物の道」と名付けられた遊歩道沿いに、草木染に使われる樹木や植物が160種1万7000本植えられているとのこと。主な樹木、植物には案内板が設置されており、同じ植物でも媒染材によって、色の違いが分かるようになっている。

植物の多くは草木染になるということ、微妙な色の違いで、色名も細かく分けられるのだということを知った。

入口近くで、ヤマガラの姿が見られ、キビタキがよくさえずっていた。ガビチョウがにぎやかに鳴いていたので驚く。静かな植物園にはそぐわない大きな声が響き渡っていた。

チョウでは、テングチョウ、コジャノメがよく見られた。活発に飛び回っていた。

テングチョウ

Tengucho

コジャノメ

Kojanome

Mさんの帽子に止まったサトキマダラヒカゲ

Satokimadara2

湿った土で吸水するゴマダラチョウ

Gomadra3

エノキで見られた終齢幼虫のゴマダラチョウ

Gomadara2

ハチをとらえたムシヒキアブ

Mushihiki

スズメバチを捕らえるためのトラップ 
近くによると、樹液のようなにおいがする

Suzumebachi

虫こぶだらけのイスノキ
イスノキハタマフシ?

Isunoki3

イスノキエダナガタマフシ?

Isunoki2

草木染に虫こぶが入っても影響はないようだ

Isunoki

藍染のアイ
タデ科

Ai

Ai2

ホウノキ

Hou

シャリンバイの花

Sharinbai

マムシグサ
いつも見るマムシグサよりかなり大きい

Mamushigusa

クスノキの花

Kusunoki

タブの木

Tabu

オオモクゲンジ 初めて見る木

Oomokugenji

Oomokugennji2

チャンチン 変った名前の木。こちらも初めて知った

Chanchin

アベマキ
コルク質の樹皮 かなりの大木で自然林なのか植えられたものかどうか不明

Abemaki2

Abemaki3

ひびきばし

Hibikibashi2

Hibikibashi

久しぶりに拝顔する観音様

Kannon

近くの売店の入り口で客引きをしていた?コミミズク(下の鳥)

Komimiduku

人を恐れる様子がない。ロシア産だそう.....

Komimiduku2

染料植物園はゆっくり散策するにはいい場所で、また別の季節に行ってみたいと思う。

|

« 雑木林の昆虫 ミズイロオナガシジミ初見 | Main | 橘山自然観察会 6/2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 雑木林の昆虫 ミズイロオナガシジミ初見 | Main | 橘山自然観察会 6/2 »