« 今日の昆虫 ウスバシロチョウなど | Main | キビタキのさえずり »

2013.05.07

今日の鳥 まだいるキビタキ

今日は北西の風が吹き、5月上旬とは思えない肌寒さ。雑木林では、風の当たらない南側に鳥たちが集まっているようだった。キビタキは長期滞在中?なのか、まだいる。地鳴き、時々さえずりをまじえながら、葉陰にいて、なかなか姿が見えなかった。ほかにセンダイムシクイ、イカルがよく鳴いていた。ツグミを一羽見たが、シメの声は聞こえなかった。

キビタキはいろいろな声を発する。毎日のようにキビタキの姿を見、声を聴いていて、初めての発見があった。キビタキは、ジョウビタキそっくりの“ヒッヒッヒッ”という声で鳴くということ。すぐに地鳴きの“ギュルル~”と続くのでキビタキと分かるが、地鳴きなしにずっと“ヒッヒッヒッ”と鳴いていることもあり、季節がもう少し早ければ、ジョウビタキと思ってしまうところだ。

Dsc00569

Dsc00570

ホオジロ
林縁にはホオジロが多い。多分子育て中。

Dsc00556

モズの姿も多く見る。こちらも子育て中らしい。

Dsc00563

隣家の納屋の隙間でムクドリが毎年子育てをしている。それを知っているハシブトガラスが近くによく止まっている。スキあらば....なのだろうね。

カオジロガビチョウが水浴びにやってきた

Dsc00564

ただいま庭のキンモクセイで抱卵中。カオジロガビチョウは特定外来種なので、増えては困る鳥だが、我が家の庭木で抱卵するほどだから、増え続けるはずである。

ところが4日に、その木の下でヒナ2羽が死んでいた。どうしたことか。3日に庭でバーベーキューをしていたので、あまりのにぎやかさにびっくりして落ちたとか.....?

Dscn1969

繁殖は失敗かと思われたが、また抱卵をしている様子。若い親で子育てがまだ下手とも考えられる。巣は高いところに造られており、底しか見えない。巣が南側にあるため、家の中から見えないので、様子がほとんど分からない。ヒナが孵っていれば、そのうち親が頻繁にエサを運ぶ姿が見られると思うが.......。

|

« 今日の昆虫 ウスバシロチョウなど | Main | キビタキのさえずり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日の昆虫 ウスバシロチョウなど | Main | キビタキのさえずり »