« 迷子のコガモ? | Main | 雑木林の昆虫(2) ゴイシシジミなど »

2013.05.20

雑木林の昆虫

気温が上がってきて、林縁では昆虫が多くみられるようになった。

クロハネシロヒゲナガ
今日は目を凝らしてみても一匹しか見当たらなかった。そろそろここの場所では終わりのようだ。この変わった蛾が見られるのは5月の短期間で、いつの間にか姿を消す。2~3日前には、ハルジオンの花に触角が短い♀が4~5匹見られた。イネ科の植物に産卵するようだが、いまだにその様子を見たことがない。

Kurohaneshirohigenaga

Kurohaneshirohige


オジロアシナガゾウムシ初見

Ojiroashinagazoumushi

ヤブキリ幼虫
緑の葉っぱにとけこんでいる....

Yabukiri_2

カミキリムシも出現しはじめた

キマダラヤマカミキリ

Kimadarayamakamikiri2

ベニカミキリ

葉っぱの裏に潜んでいても、赤が目立つので、目につく

Benikamikiri2

これもカミキリのように見えるが....? とても小さい

Kamikirifumei

マドガ(窓蛾)
初夏の今頃、よく見る蛾。小窓のような透けた模様があるから窓蛾なのよね。模様も止まり方もちょっとユニークな蛾。ギンスジオオマドガもお仲間。

Madoga_2

トラマルハナバチ
ノイバラの蜜にやってきていた

Toramaruhanabachi

Toramaruhanabachi2

Toramaruhanabachi2_2

これもハナバチの一種?とても小さい

Kohanabachi

ヒメウラナミジャノメは非常に多い。一化のピークは過ぎたようで、まもなく一旦少なくなる。これは結構きれいな個体。

Himeuranamijanome

おまけ:カナヘビ

Kanahebi

|

« 迷子のコガモ? | Main | 雑木林の昆虫(2) ゴイシシジミなど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 迷子のコガモ? | Main | 雑木林の昆虫(2) ゴイシシジミなど »