« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

2013.04.29

今朝もキビタキ&クロツグミ初見

今朝はクロツグミの姿を見る。短くさえずっていた。ここでは初見。そしてキビタキ君が今朝も元気に飛び回っていた。そして少しさえずっていた。声が聞こえると、探しやすい。今日は2羽(以上いたかも)いて、声に反応、追いかけごっごをしていた。繁殖地でもないのに、お互いエネルギー使っていいのかな。

Dsc00398

Dsc00410

イモムシをゲット、枝に打ち付けていた

Dsc00393

Dsc00394

今日もアカハラがいて、地上で採餌していた

Dsc00417

庭にやってきたツグミ 27日夕方6時。庭ではそろそろ見納め。

Dsc00382

| | Comments (0)

2013.04.27

キビタキ三昧の日

今日は早朝、午前、夕方と3回も雑木林に通ってしまった。やるべきことを後回しにして^^;。おかげでキビタキを存分に堪能。夕方は特に大サービスで、目の前にお止まりになった。あまりに近すぎて、こちらがフリーズで、写真撮れず.....。

Kibitaki

Kibitaki2

Kibitaki3

Kibitaki4_2

Kibitaki5_2

Kibitaki6_2

18日に続いて、今朝もサンショウクイが来ていた(2羽)。サンショウクイは減少しているとのことだが、この雑木林には毎年通過していく。バードリサーチではサンショウクイの分布調査が行われているので、協力している。
http://bird-research.jp/1_katsudo/sanshokui/index.html

Sanshokui

Sanshokui2

コサメビタキは夏鳥の常連さん

Kosamebitaki

今朝はアカハラが複数来ていた。移動中らしい。毎年この時期にこの林を通過していく。

Akahara

Akahara2_2

イカルの姿も.....

Ikaru

帰り道、キジバト(幼鳥?)が車の上に....。様子がおかしい。ひょっとして怪我でもしているのかと近づいたところ、サァッと飛んだ。ちょっと力ない飛び方。と、その後をハシブトガラスがすごい勢いで追尾していったのでびっくり。キジバトは民家の茂みに入っていき、難を逃れたようだった。一度狙いをつけたら諦めないカラスのこと、その後大丈夫だっただろうか。

Kijibato

| | Comments (0)

2013.04.26

コミスジなど

今朝の雑木林では、センダイムシクイ、エゾムシクイの声、オオルリがチラっと見えただけ。冬鳥のシロハラがまだいる。シメ、ツグミもまだ多い。

ビンズイが庭から飛んで電線に止まった。いつまで逗留?

Binzui

林の中は新緑がまぶしい。

Shinryoku

マルバアオダモが満開。林の中では目立たない存在。

Aodamo

コナラの若木にナラメリンゴタマムシが作った虫こぶ、ナラメリンゴフシ。

Narameringotamabachi

17日初認のコミスジ、ようやく画像をゲット。これから多数見られるようになる。ヒメウラナミジャノメは数頭飛んでいた。

Komisuji2

Komisuji

| | Comments (0)

2013.04.25

夏鳥飛来 キビタキ、オオルリ♀

夏鳥の二陣がやってきた。キビタキ、オオルリなど、ウンともスンとも言わない(さえずらない)ので、動かれると、すぐに見失ってしまう。♂よりあとにやってくるオオルリの♀が早くもやってきていた。カラ類たちは相変わらずにぎやか。今朝はヒガラまでが来ていた。

キビタキ 遠くて、おまけに逆光、証拠写真程度

Kibitaki_2

Kibitaki2

Kibitaki3

地味なオオルリ♀

Oorurimesu

オオルリ♂

Ooruri

Ooruri2

Ooruri3

Ooruri4

Ooruri5

コサメビタキ

Kosamebitaki

| | Comments (0)

2013.04.23

コミスジ、ヒメウラナミジャノメ初認

この春はチョウの出現が早い。コミスジは4月17日に見ている。あまりにも早いので、目を疑ったが、間違いなくコミスジだった。追いかけたが、写真は撮れず。その時に、ヒメウラナミジャノメらしきチョウも見たが、すぐ見失ったので、確証はなし。でも今日ヒメウラナミジャノメを見て、羽化してだいぶ経っているようなので、その時見た同じ個体かなとも思う。

Himeuranamijanome2

産卵するツマキチョウ♀

Tsumakicho

メスアカケバエもいっせいに羽化したらしく、あちこちで飛んでいた。こちらも早い出現ではないだろうか。

Mesuakakebae2

| | Comments (0)

今日の野鳥

夏鳥たちの一陣が通過していき、今日は静か。まだアオジがいた。ビンズイも集団で数羽いる。庭にも夕方毎日のようにやってきている。

ビンズイ
羽繕いなどして、リラックスした様子

Binzui

Binzui4

アオジ

Aoji

水を飲みにやってきたシメ
とっくにヒマワリの種はないのに、落ちてないか探している様子だった。時々仕方なさそうに草の実などを食べていた^^;。

Shime

モズも水を飲みにやってきた。近くで繁殖かな?

Mozu

| | Comments (0)

2013.04.22

夏鳥飛来 オオルリなど

早朝雑木林に行ってみると、すぐにオオルリの姿が目に入った。遠くでは、エゾムシクイも鳴いていた。梢の高いところで、キビタキが飛び回っており(多分2羽はいたような....)、かすかに鳴く声も聞こえた。コサメビタキも確認。ぞくぞくと夏鳥が通過中。

瑠璃色が美しいオオルリ

Ooruri1

Ooruri3

Ooruri22

お目目が可愛いコサメビタキ

Kosamebitaki2_2

Kosamebitaki2

別のところでは鋭い眼光のオオタカ♂の姿

Ootaka

| | Comments (0)

2013.04.21

赤城山、榛名山冠雪

昨日は母の卒寿祝で朝早くから千葉へ行っており、雨の中夜遅く帰宅。今日も冷たい雨が降り続き、暖房が必要なお天気模様。しまいかけていたセーターを引っ張り出す。お昼頃にはようやく雨があがった。このところのお天気には翻弄されるね。山々も冬景色。冠雪していた。

赤城山

Dsc00165

ハナミズキの花の向こうに冠雪の赤城山とは....(@_@;)

Dsc00175

榛名山

Dsc00157

フジの花の向こうに冠雪の榛名山とは....(@_@;)

Cimg0416

| | Comments (0)

2013.04.19

夏鳥飛来 センダイムシクイ、サンショウクイ 4/18

4月から5月にかけて、冬鳥と夏鳥の交代時期。そろそろ夏鳥が通過していくのではと、いつもの雑木林を歩く。

予想通り、カラ類たちのにぎやかな声に交じって、夏鳥1号のセンダイムシクイのチヨチヨビィーの声が聞こえた。1羽だけのようで、姿は確認できず。そして、さらに、鈴をならすような声が....。サンショウクイだった。山椒を食べてヒリリ~と鳴いているように聞こえるのでサンショウクイ(山椒食)という名前がついたといわれているが、私には鈴を鳴らしているように聞こえるけどね。高い梢にいることが多くて、なかなか近くでは見られない鳥だが、ラッキーなことに、頭上近くにやってきてくれた。写真ゲット。これから5月にかけて、ぞくぞくと夏鳥たちが通過していく。楽しみな季節の到来。

Sanshokui

Sanshokui2

カラ類たちが活発に動き回っている。虫が発生しているんだろうね。さえずりもにぎやかだった。

メジロ

Mejiro

エナガ

Enaga

ヤマガラ

Yamagara

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング終了

レストランを閉店したこともあって、鳥たちの姿は減ってきた。この冬も窓越しにやってくるいろいろな鳥たちの姿を楽しませてもらった。

この冬庭にやってきた鳥たち

キジ、キジバト、アオゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、シメ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス、ビンズイの計19種

常連さんはスズメ、シジュウカラ、メジロ、シロハラ、ツグミ、シメ、ムクドリで、1~2回ひょっこりやってきたのは、アオゲラ、ヤマガラ、ハシブトガラスだった。

ツグミはまだやってきている

Tsugumi

夏羽になって、嘴が鉛色のシメ

Shime

ビンズイがまだ逗留中。夕方遅くに庭にやってくる。

Binzui

Binzui2

| | Comments (0)

2013.04.16

盗蜜するクマバチ

冬眠していた昨夏生まれのクマバチがブンブン飛んでいる。

ムラサキハナナの横からブスリと口吻を刺して、蜜を盗む。花にとってはちょっと迷惑なクマバチたち。

Dsc00088

Kumabachi

Cimg0353

| | Comments (0)

ツマキチョウ

なかなか止まってくれないツマキチョウ。ならば、飛翔写真を。ニューカメラで試し撮り。

Cimg0039

Cimg0040

Cimg0042

Cimg0043_2

Cimg0243_2

Cimg0244_3

 

| | Comments (0)

2013.04.10

庭にトラフシジミ

素早く飛ぶチョウが目に入った。水仙に止まったので、見ると、春型のトラフシジミだった。体を水平にし、日向ぼっこをしているように見える。しばらく水仙の中でモゾモゾしていたが、サ~ッと飛び立った。その早いこと。あっという間に見失ってしまった。去年はお隣の庭にあるフジにやってきたのを見ているので、また見られるかも。今度は美しい翅を広げた姿を見たいもの。

Torafu2

Torafu

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング 冬鳥、スズメ、カオジロガビチョウ

我が家の野鳥レストランも閉店。でもまだ冬鳥がやってきている。そろそろ移動の準備だろうか。

水飲みにやってきたシメ

Shime

水浴びにやってきたシロハラ

Shirohara

ツグミ

Tsugumi

♀をめぐるスズメの争いか。交尾をしていたペアに突撃の別の♂

Suzume2

Suzume_2

数日前、庭でカオジロガビチョウが巣材を運んで、キンモクセイの中に入っていくのを見た。ギョ、ついに我が家で繁殖かと巣を探してみると、高いところに巣の底が見えた。かなり高くて、外からはわからない。こういうところにつくるのかと初めて知った。でも放卵している様子はない。あちこちに作って一番居心地のいい巣にするのでは?と思っているが、果たしてどうなるのか。と、今朝ペアがやってきて、ハナミズキで♂が♀に(多分)グルーミングをしている。ヌヌヌ、やはりここなのだろうか。さて、困った。どのような子育てをするのか興味深いけれども、増えては困る外来種。生態を調べている専門家に知らせようか......。

Kaojiro2

Kaojiro

前に住んでいた庭でもこのようなペアを見ている。 → こちら

| | Comments (0)

2013.04.05

さくら

今日はお花見同窓会で敷島公園へ。桜は散り始めていた。桜は散りぎわが美しい。特に花筏がいいな。

Dscn1723

Dscn1726

Dscn1734

Dscn1746

家の近くの公園のオオシマザクラ
大ぶりの白い花、なかなか美しい。

Dscn1758

Dscn1755

Dscn1756

クロマルハナバチがきていた

Dscn1765

Dscn1756_2

Dscn1756

Dscn1765


Dscn1755_5

Dscn1755_4

Dscn1755_3

Dscn1755_2

| | Comments (0)

2013.04.03

庭に.....!!

お昼頃、机に向かっていると、外に黒っぽいものが見えた。何者?と窓越しに見ると、ゲゲゲ....のキタロウならぬ、タヌキが目の前にいるのにびっくり(@_@;)。な、なんで庭にいるわけ....????

Tanuki

その姿に二度びっくり。毛がない.....!かわいそうに疥癬症にかかっているようだ。近くの雑木林で何度かタヌキに遭遇しているが、たいてい疥癬症で脱毛している姿を見ている。このタヌキも雑木林からやってきたのだと思うが、夜ではなく、なぜ昼間なのだろう??私の姿にそれほど驚いた様子もなく、ゆっくりと庭を横断していった.....。

Tanuki2

キジの横断には最近驚かなくなったが、タヌキとは、さすがにびっくりである。次は何がやってくるのか.....

| | Comments (0)

2013.04.01

桃ノ木川にて 桜、鳥

午後3時ごろ、桃ノ木川沿いを歩く。桜はほぼ満開。

Momonokigawa2

Momonoki2

でも何か物足りないと思ったら、菜の花がほとんどないということに気が付いた。去年は桜と菜の花のコントラストがきれいだったが、菜の花はどこへ?
ほぼ同じところから撮った画像。左は本日、右は2012年4月12日撮影

Momonokigawa4

桜の花が花ごと、クルクルと落ちてきた。今年もスズメたちが桜の蜜を食べて、花を落としている。桜の季節に毎年見る光景だ。どの木も同じく咲いているのに、花がまったく落ちていない木、たくさん落ちている木がある。木によって、甘さが違うとか?

Suzume

Suzume3

甘い子房のところを食べて、花をハラリと落としたところ

Suzume2

オオジュリンが移動中。ヨシで採餌をしていた。毎年今の時期通過していく。夏羽に移行中のようだ。

Oojurin

Oojurin2

キンクロハジロはまだ集団でいた。そろそろ旅立ちか。

Kinkuro

浚渫工事後、コチドリが長逗留中。2羽でケンカをしていたので、?と思ってよくみたら全部で3羽いた。♀をめぐる争い?

Kochidori

Kochidori2_4

タヒバリもこのような環境を好むらしく、時々見かける。

Tahibari

コチドリとのツーショット

Kochidoritahibari

白いホトケノザ 
数か所まとまって咲いていた。

Hotokenoza

| | Comments (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »