« January 2013 | Main | March 2013 »

February 2013

2013.02.28

窓越しバードウオッチング(17) モズなど

時々やってくるモズ、顔にあどけなさが残っている。去年よくやってきていた幼鳥かな?

Mozu

シジュウカラがリンゴを食べていた。へぇ~、リンゴも食べるとは知らなかった。

Shijyukara

メジロ用のカゴ(パンくず)に音をたててやってきたシロハラにびっくり。昨日はカエルを引っ張り出して食べていた......。なんでも食べる大食漢。

Shirohara

ヒマワリの種をアッというまに平らげるシメ。こちらも大食漢。今年はヒマワリをもっと植えなくては......。

Shime

シメとスズメ
Shimesuzume

| | Comments (0)

今日の鳥 ノスリなど 2/27

近所の雑木林に久しぶりにノスリがきていた

Nosuri

左のオナガが丁度飛び立つところ

Onaga2

別場所では、オナガ一羽が何やらを脚で抑えて食いちぎって食べていた
なになのかは不明

Onaga

別の林縁に落ちていた羽。回りを探しても、この三枚だけ
はて、落とし主は......??  白と黒

Dscn1096

| | Comments (0)

2013.02.19

窓越しバードウオッチング(16)

毎日冷たい北風が強く吹いている。春はまだ足踏みをしているようだ。

風の中のシメ
あらら......

Shime

ツグミ同士がケンカの様子。ここにシロハラがくると、二羽とも追い払われるのだが.....

Tsugumi2

Tsugumi

メジロとシロハラのツーショット
お互い、われ関せず......

Shiroharamejiro

| | Comments (0)

2013.02.18

今日の鳥 

こにタンさんから大室公園にヒレンジャクが4羽ほど来ているとお聞きし、雨が降る前にと行ってみた。すぐに一羽を確認。でも写真を撮る間もなく、飛んで行ってしまい、見たのは結局その一羽だけ。みぞれが落ちてきたので、長居せずに帰宅する。お天気が悪いせいか、大砲を持った人は古民家に二人だけだったようだ。ヤドリギの実がまだたくさん残っているので、当分いるのではないだろうか。ヒレンジャクの素晴らしいショットはこにタンさんのブログで堪能することに.....。

証拠写真程度にしか撮れなかったヒレンジャク(-_-;)

Hirenjaku2

メジロもこの甘い実を食べるの?
ではなさそうだが....、数羽ヤドリギで見かける

Mejiro

ニシキギで見たエナガ
カイガラムシを食べていたのかな?

Enaga

Enaga2

| | Comments (0)

2013.02.09

今日の鳥 カワセミ

今朝はぐっと冷え込んで、水盤に氷が張っていた。その氷が昼間になっても溶けずにそのまま。風も冷たい。このところ風が強く吹き荒れ、最大瞬間風速が15m以上が続いている。そのせいもあって、青空をバックに山々がくっくりと見えて美しいが....。

榛名山

Haruna

赤城山

Akagi

上武道建設がすすんでいる細ケ沢川沿いを歩いていると、ドボンという音。見ると、工事現場のすぐそばでカワセミがダイビングしてた。工事の影響で、流れがないところに魚が集まっているらしい。工事の人がそばを通ったので、すぐ飛んでいってしまい残念。

Kawasemi

順光で見るコバルトブルーの羽が美しかった

Kawasemi3

Kawasemi4

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング (15)

ヒマワリが入っている皿に、今日はリンゴを置く。早速やってきたのはヒヨドリ。ツグミたちがうらやましげな様子。

Hiyotsugumi

メジロがやってきたが、ツグミがいるので、眺めるだけ。早く行ってくれないかなといったところ。スズメが餌を探しているようだが、ヒマワリしかないよ。

Tsugumimejirosuzume2

シメがヒマワリの種を食べにやってきた。メジロを追い払う様子はない。

Shimetsugumimejiro

ところがツグミがいると、怒って威嚇しているようだ。

Tsugumishime

下にいるツグミは気が弱くて、なかなか上にあがれない。上のツグミに追い払われていた。

Tsugumi2mejiro

マイペースのキジ
一日おきくらいにやってくる。背中の羽の模様が、日に当たって美しい。

Kiji

| | Comments (0)

2013.02.07

今日の鳥 ベニマシコ、アトリ

お昼近く、家の近くの雑木林を歩く。

ピッピッピッの声に双眼鏡で探すと、ベニマシコの♀を発見。2羽いたようだ。この林では珍しい冬鳥。

Benimashiko

西の方から、2~30羽の小鳥たちがやってきて、木々の梢に止まった。大きさはスズメだが、スズメはあんなに高いところには止まらないよねと双眼鏡で覗くと、冬鳥のアトリの団体さんだった。今までに数羽でやってくることはあっても、まとまってやってくるのは久しぶり。

Atori2

Atori

アオゲラ

Aogera

エナガ、シジュウカラ、メジロの混群がにぎやかだった

Enaga

Enagamejiro

Enagashijyukara

おまけ:庭でフクジュソウが咲きはじめていた。春の予感Part2 ♪~

Dscn0606

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング(14) 雪の朝 2/6

ふりしきる雪の中、いつものようにやってきた鳥たちの風景

スズメ

Suzume

メジロ

Mejiro


ツグミ

Tsugumi

珍しく2羽一緒。

Tsugumi2

メジロとのツーショット

Tsugumimejiro

ハクセキレイ

Hakusekirei

ムクドリ

Mukudori

シロハラ

Shirohara

窓越しの目の前にやってきたシメ

Shime

カオジロガビチョウ

Kaojiro

| | Comments (0)

2013.02.03

野鳥観察会 1/27

先日の日曜日は、「南橘の自然観察と環境を守る会」の会員による探鳥会だった。10回目となる。今までは桃ノ木川下流(東片貝町~上長磯町)で行っていたが、今回から南橘地区の川(大堰川~細ケ沢川~桃ノ木川)を歩くことになった。快晴の中、29種を確認。

Komakazawagawa

大堰川近くにいたイカル。10羽近くいたようだ。
いい声で鳴いていた

Ikaru2

Ikaru

25日の下見で見られたイソシギ

Isoshigi2

★2/1「南橘の自然観察と環境を守る会」のHP開設★
http://nankitsu.web.fc2.com/

遠くにある貴重な自然も大事、でももっと大事なのは足元にある身近な自然だと思う。身近にあるのに気が付かない、知らないというのはもったいない。地元の多くの方たちに、すぐそばにこんな自然が残っているんだ!ということ知ってもらうために開設された。

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング (13)

庭は相変わらず大賑わい。昨日、久しぶりに遊びに来た孫(1歳9ケ月)が、鳥たちの姿を見て声を上げて喜んでいた。もう少し大きくなったらフィールドデビューじゃと密かに思っているばぁばぁ也(^^)。

今日はシメが窓のすぐそばにやってきた。上にヒマワリの種が入ったカゴがぶらさがっているのだが、気が付かないのか、止まる勇気がないのか、下にこぼれた種をついばんでいた。

Shime

最近はムクドリも常連客。ムクドリの方が強いが、シロハラは恐れる様子もない。

Mukushirosuzume

ツグミも窓のすぐそばにやってきた。上のカゴからこぼれ落ちたパンくずを拾っている。カゴには止まれないようだ。シロハラに見つかると、すぐに追い払われる。同じ仲間なのに、どうして。

Tsugumi

メジロたち。最近は私の姿にも慣れた様子。窓を開けるとさすがに逃げるが....。

Mejiro2

Mejiro

シジュウカラ

Shijyukara

メジロの水浴びは相変わらずダイナミック。

Mizuabi

| | Comments (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »