« 津軽の旅(1) 十二湖 | Main | 津軽の旅(3) 津軽鉄道 »

2012.10.06

津軽の旅(2) 五能線

十二湖を後にして、夕刻、深浦駅から五能線で、約一時間ほど、鰺ヶ沢駅まで乗る。二両編成のワンマン列車で、日本海をすぐそばに見ながら進む。深浦から鰺ヶ沢までの9駅は、ほとんどが無人駅という超ローカルな沿線。運が良ければ、日本海に沈むサンセットが見られるということだったが、その運がついていて\(^o^)/、空には雲もなく、水平線にゆっくり沈んでいく夕日を存分に鑑賞することができた。太陽がポトンと落ちるように海に消えていったのがとても印象的だった。

深浦駅

Fukaura

読めない珍しい名前の駅

Station

とどろきと打つとちゃんと驫木と変換してくれるではないか。知らなんだ.....。深浦駅の手前に「艫作」という駅があるが、「へなし」と呼ぶのだそう....。試しにへなしと打つとこれまた艫作と変換してくれる。知らなんだ....。漢字検定上級編かな?

日本海に沈む夕日
群馬では山に消えていく夕日。やっぱり海のほうがdramatic。

Sunset2_2

|

« 津軽の旅(1) 十二湖 | Main | 津軽の旅(3) 津軽鉄道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 津軽の旅(1) 十二湖 | Main | 津軽の旅(3) 津軽鉄道 »