« 庭・雑木林の昆虫 6/27~6/30 | Main | 庭の昆虫 ベニスズメなど »

2012.07.06

悲しい結末

換気口に作った巣の中で、親ツバメは抱卵を続けていたが、そろそろヒナの姿が見られるのでは?と思っていた矢先、ツバメのヒナ4羽を確認したその日に、突然その姿が消えてしまった。考えてもいなかった結末にしばし呆然。多分カラスの仕業だと思う。人の出入りが少ない裏庭というデメリットはあるものの、カラスも蛇も近づけない、いい場所と思っていたが、そう甘くはなかった。家主として、ツバメを守ってあげられず、残念至極。

周辺にはカラスが多く、ムクドリも子育ての際、カラスにとても神経を使っているのを見ている。時にはカラスを追いかけていた。庭にやってくるカラスの姿は見ていたが、ツバメのヒナが孵るのを、チェックしていたのかもしれない。巣は左側が壊れていた。一体どのようにしてヒナをさらったのか、ホバリングは無理だし、ひょっとして、古い換気口から飛んで、ヒナを次から次へと落したのだろうか。親ツバメが、再度巣作りをするかと期待していたが、あきらめたようだ。

6月30日のヒナ

Dscn5605

壊れた巣

Nest

Dscn5607

経緯

6月  2日 巣を確認。前日ごろから巣作りが始まったようだ。
6月  7日 抱卵開始
6月24日 孵化。卵1個が落ちていた。翌々日にもさらに1個。
6月29日 ヒナの姿2羽確認
6月30日 ヒナ4羽確認  夕方、ヒナ消える。

来年懲りずに巣を作ってくれたなら、今度は家主として、油断せず、しっかり守ってあげたい。

癒しのゴンちゃん
がっくりきている私に、近所のゴンちゃんが慰めてくれる。このゴンちゃん、ブルーベリーが大好き。

Gon

|

« 庭・雑木林の昆虫 6/27~6/30 | Main | 庭の昆虫 ベニスズメなど »

Comments

ogawaさん宅では2回目の繁殖ですか。家主にしっかり守られて幸せなツバメですね。

それにしてもカラスがここまでやるとは思わず、油断しました。来年は考えます。人為的に守ってあげないと、ツバメの繁殖は難しいということがよくわかりました。

Posted by: せきれい | 2012.07.12 at 21:01

 残念でしたね。お気持ちは良く理解できます。カラスは巣に飛びつき壊し、落ちた雛を襲います。一寿さん宅では庭の作業小屋の天井に2組のツバメが子育てをしていました。私の子供の頃も土間の電灯の上に巣を作り、昼間は玄関の引き戸は開けっ放しでした。
 我が家は案山子とともに玄関の入り口部に網戸を立て巣の位置を閉鎖環境っぽくしましたが良い感じです。そろそろ2回目の孵化のタイミングです。本当に無事に巣立って欲しいものです。カラスも子育て必死なのでしょうね。

Posted by: farm_ogawa | 2012.07.12 at 07:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 庭・雑木林の昆虫 6/27~6/30 | Main | 庭の昆虫 ベニスズメなど »