« February 2012 | Main | April 2012 »

March 2012

2012.03.30

クジャクチョウなど

今日もポカポカ陽気になる。モンシロチョウをあちこちで見る。いっせいに羽化したようだ。どんなに寒くても、春になれば、蝶たちは舞いはじめる。越冬していたチョウたちもお目覚めのようだ。

クジャクチョウ
この辺りでは、今の時期しか見られない。いつもは3月中旬ごろ見るチョウだが、今年はやはり遅いお出まし。活発に飛び回っていた。キタテハが近くを飛ぶと、執拗に追い回していた。厳しい寒さをどのようにやり過ごしていたのだろう。翅はそれほど痛んでいないようだ。

Kujakucho2 

Kujakucho_2

ヒオドシチョウ
別の雑木林で見る。こちらも翅はきれいだった。

Hiodoshicho

キタキチョウたち

Kitakicho

| | Comments (0)

もうすぐ旅立ちか ジョウビタキ

午前中ジョウビタキの♀が隣の敷地に来ていた。夕方には、♂が我が家の門扉近くに......。よく見ると塀の上に♂と♀が止まっていた。そろそろ旅立ち準備だろうか。昨年10月15日に見たペアだと思うが、それぞれ別々にテリトリを持って年を越し、またペアになって、北へ帰っていく。また秋に会いましょう。

♀ 11時ごろ

Jyobi

Jyobi2

♂ 4時ごろ

Jyobiosu

Jyobi3

| | Comments (0)

2012.03.27

モンシロチョウ

朝から快晴、風もそれほど吹かず、春らしいお天気となる。ようやくモンシロチョウを見た。これほど遅いのは記憶にない。昨年は3月6日が初見だった。いよいよ蝶の季節到来である。

2007~2012年のモンシロチョウ初見日

2012年 3月27日
2011年 3月6日
2010年 3月5日
2009年 3月4日
2008年 3月8日
2007年 2月21日

モンシロチョウの特徴である黒斑がほとんどない個体。昨年初見の個体もなかった記憶がある。春型にはよくあることらしい。

Dscn2974

Monshiro2

Monshiro

| | Comments (1)

2012.03.25

楽山園

所用で甘楽町へ。昨日オープンした、国指定名勝、楽山園に立ち寄る。楽山園は群馬県内に唯一存在する大名庭園とのこと。パンフレットによると、江戸時代初期、織田氏によって作られた、池泉回遊式の借景庭園で、京都の桂離宮と同じ特色があるそうだ。

Rakusanen2

Rakusanen

Rakusanen3

真新しい木のベンチが置いてあり、ゆったりと眺められるようになっている。借景にビルのような建物がなく、江戸時代の往時と変わらないと思える風景が広がっている。庭を眺めながら、お茶を一服.....なんていいね。

甘楽町のHP 
http://www.town.kanra.gunma.jp/index.html

「織田宗家ゆかりの城下町 甘楽」の映像
http://www.town.kanra.gunma.jp/oda_movie.html

| | Comments (0)

2012.03.22

桃ノ木川の鳥たち オオジュリンなど

天気予報では暖かくなると言っていたが、それほど暖かくもならず、曇天の一日。午後にはビュービュー北西の風が吹きはじめた。買い物の帰り、桃ノ木川に寄ってみた。

北に向かう途中のオオジュリンが来ていた。毎年今頃、通過していく。対岸のヨシの中で動き回っていた。保護色で、とらえるのが大変。

Oojurin

Oojurin2

コサギとホシハジロ
こんな傾斜の足場の悪いところがコサギの特等席らしく、いつもいる。

Kosagi

あちこちで、コガモの♂たちが、♀を囲んで、ディスプレーしいているのが見られた。1月から延々とやっているのだろうか?すでにペアになっているコガモたちも見受けられたが、あぶれ♂がまだまだいるらしい。

Kogamo

| | Comments (2)

2012.03.16

春の花たち

葉を伸ばしてきた福寿草のそばで、クリスマスローズが咲き始めていた。一年前に苗をもらって植えておいたのが、この春初めて花をつけた。

Dscn2726

水仙2種

Suisen

椿

Dscn2730

お隣の庭の馬酔木

Dscn2728

民家の庭のサンシュユ

Dscn2747

民家のミモザまだ蕾

Dscn2750

去年、一昨年はこんな感じだった。今年がいかに春が遅いかが分かる。

Mimoza

| | Comments (0)

桃ノ木川のカイツブリなど

桃ノ木川は水量が増えていて、水鳥たちも変わらず多数まだいる。コガモ、マガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ホシハジロなど....。久しぶりにカイツブリ2羽(つがい?)を見る。今までどこにいたのだろう。

Kaitsuburi

Kaitsuburi2

ホシハジロ

Hoshihajiro_2

おまけ:ヤギ

小屋の外にいたのでびっくり。脱走?

Yagi

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング ジョウビタキ

昨日はジョウビタキの♀がやってきた。猫車に止まったところ。

Jyobi

今日は夕方♂がやってきて、水盤に止まったが、水を飲まず飛んでいった。

Dscn2800

裏には毎日やってくるツグミだが、いっこうに表にはやってこず.....。

Dscn2710

マツぽっくりに頻繁にやってくるシジュウカラ

Dscn2789

| | Comments (0)

2012.03.13

ヒヨドリのホバリング

ヒヨドリとメジロは相当の甘党。メジロ用の小さな容器に入れたジュースをヒヨドリはホバリングしながら、一口、二口と飲んでいく。ホバリングの名手、なかなか器用だ。ふわふわ飛ぶ蝶や蛾を捕食するのは朝飯前ということがよくわかる。

ホバリングの様子(前半はスローモーション)

| | Comments (0)

桃ノ木川の鳥たち

冬と春のせめぎあいが続く。昨日は冬の力が強く、北風が吹き、風花が舞う寒い一日だった。昨日も今日も朝は氷点下。三寒四温の季節だが、まだまだ寒さが勝っているようだ。

雪をかぶる榛名山

Haruna

桃ノ木川は減水する時期だが、それほど水の量は減っていないようで、カモたちはまだ多くみられる。

ヒドリガモ

Hidorigamo

コガモ♂、キンクロハジロ♂、マガモ♀

Kogamokinkuromagamo

カワウの日向ぼっこ

Kawau

最近よく見かけるようになったカワセミ

Kawasemi

| | Comments (0)

2012.03.06

春模様

昼間は窓を開けていても気持ちがよいようなポカポカ陽気となる。散歩していると汗ばむほど。チョウを探しに近くを歩く。

今日の赤城山

Akagi

榛名山

Haruna_2

大空でさえずるヒバリ

Hibari

カワラヒワもさえずっていた

Dscn2646

冬越しのキタテハが多数飛んでいた。庭でも見かける。
どこで寒さをやり過ごしていたのだろう。翅もそれほど痛んでいない。

Kitateha

今年生まれのモンキチョウも飛び始めていた。♂2、♀1見かける。

Monkicho

| | Comments (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »