« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

2012.02.29

雪の朝

午前中、大雪となる。毎年今頃降る春を告げる雪。

給餌台もこのとおり

Dscn2398

ムクドリ

Dscn2381

スズメたち

Dscn2390

たたきに餌を置いてあげる
窓のそばでも平気でやってくる

Suzume

ゲッ、カオジロガビチョウの団体様までやってきた。さすがに落ち着かないらしく、すばやく一口、二口食べて、飛んでいった。

Kaojiro

シジュウカラ

Shijyukara

メジロペア

Dscn2373

| | Comments (0)

2012.02.28

窓越しバードウオッチング 

庭はいつもの常連客でにぎわっている。去年毎日やってきていたシメ、ツグミ、シロハラの姿は今年は皆無。やってくるのは3月?それともこの冬は来ないのかなぁ。

カオジロガビチョウとスズメのツーショット
カオジロガビチョウは社会性があって?他の鳥を追い払うこともなく、いつも淡々とマイペース

Dscn2288

キジバト

Dscn2290

マツポックリの脂大好きな面々

乗れないヒヨドリは執念のホバリング

Dscn2275

頻繁にやってくるシジュウカラは上に乗ったり、つかまったり

Dscn2361

軽いメジロは2羽乗っても大丈夫

Dscn2370

| | Comments (0)

嶺公園にて シメ、ツグミなど

先日の日曜日(26日)、市主催の探鳥会が嶺公園で開催され、参加者の案内のお手伝いをした。冬鳥がこの冬は少ないので、あまり期待をしないでと皆さんにお話をして、歩き出してすぐ、ツグミが約30羽もの集団で、多目的広場の地面にいるではないか。はぁ?なんなのこれ?? 少なくないよ!といわんばかりにズラズラと並んでいる。“今日から増えたようで......”なんて釈明に追われるアタクシ.....coldsweats02  それにしても今年の冬鳥はちょっと変。

Dscn2313

下見の24日に水辺の広場で見たツグミ

Tugumi

ようやくシメにも出会った(2/24)

Shime

少ないながらシロハラもいる(2/24)

Shirohara

私は見られなかったが、珍しくタシギが出たそう。残念ながらベニマシコ、ミヤマホオジロ、ルリビタキなどは見られなかった。個体数が少ないのは確か。熊本の鳥仲間からも、冬鳥が少ないと手紙をもらった。全国的な傾向のようだ。

マンサクが例年より遅く満開になっていた(2/24)

Dscn2240

水芭蕉はまだまだながら、リュウキンカは咲き始めていた(2/24)

Ryuukinka

| | Comments (0)

2012.02.23

窓越しバードウオッチング メジロなど

今朝は暖かく、久しぶりに水盤の水も凍っていなかった。

水浴びにやってきたメジロ

Mizuabi

窓のすぐそばにやってきた.........

Dscn2166

マツポックリにラードを詰めてぶらさげてみたが、はじめ、メジロもシジュウカラもいっこうに食べようとしない。どうもマツポックリが小さすぎて、止まれないようだった。で、大きいマツポックリに変えたところ、メジロもシジュウカラも啄みにやってくるようになった。やはり安定したところでないと食べたくても食べられないらしい。ヒヨドリはやはりホバリングをして、一口失敬していく。エネルギーを使うので、2回くらいホバリングして、ギブアップ。

メジロは甘いもの、脂も大好き。でもメタボには無縁だねぇ。

Dscn2231

Dscn2232

Dscn2229

シジュウカラも脂が大好き

Dscn2201

Shijyukara

うらめしげに?マツポックリを見つめるヒヨドリ

Dscn2195

最近は毎日やってくるカオジロガビチョウ
落ち葉を嘴ではらいのけて餌を探している。

Dscn2182

こちらも夕方よくやってくるジョウビタキ♂。必ず塵取りの上に止まる。

Jyobi

| | Comments (0)

2012.02.21

窓越しバードウオッチング オナガなど

オナガたちは気ままにやってくる。採餌するわけでもなく、ギェーイ、ギェーイと鳴きながらにぎやかに飛び交って、すぐにいなくなる。

Onaga

キジバトも常連客

Kijibato

珍しくツグミの姿が.....、しかし庭にはまだ下りてこない

Tsugumi

メジロちゃんは相変わらず頻繁にやってくる
ミカンがなくなったので、ゼリーを溶かして入れてある。甘ければ何でもいい感じ。

Mejiro

毎日何度も水浴びをするシジュウカラ

おまけ:
敷島公園のカワセミ♂
ペアでいたようだ

Kawasemi_2

16日に見た、敷島公園のアカマツの樹幹注入の様子
5年に一度薬剤を注入して、マツを守っているとのこと。薬剤の本数は太さによるようだ。

Dscn1991

Dscn1976

| | Comments (0)

2012.02.16

福寿草開花、庭にやってくる鳥たち

ようやく庭の福寿草が咲き始めた。

Dscn2006

Dscn2004

毎日やってくるジョウビタキ♂ 窓越しから.....

Dscn20092

Dscn20132

あいかわらず頻繁に水飲み、水浴びにやってくるメジロとシジュウカラ

Dscn20072

カオジロガビチョウも時々やってくる

Dscn1970

| | Comments (0)

2012.02.12

今日の水浴び光景

2時半ごろ、スズメ、シジュウカラ、メジロ2羽が水盤に集合。メジロ、シジュウカラは一日に何度も水浴びにやってくる。スズメは水飲みにくるだけ。スズメは砂浴びの方を好むのではないかと思っている。試しに乾いた土を置いてみようか....。それにしても、小鳥たちの水浴び光景は何とも微笑ましく、癒される。

Dsc03000

| | Comments (0)

2012.02.11

ぐんま昆虫の森にて

久しぶりにぐんま昆虫の森へ。フォトコンテスト作品展を見るのが目的(勧められて応募したので....)。ついでながら、雑木林で鳥見をしてきた。

昆虫の森付近から見た赤城山
桐生市新里町にある昆虫の森は自宅から二十数キロ東にある。赤城山がまったく別の山のように見える。

Dscn1917

展示のナナフシがちょうど脱皮をしているところだった

Nanafushi2

オオカマキリが産卵していた

Ookamakirisanran_2

この冬初めて見たルリビタキ

Ruribitaki

Ruribitak2

Ruribitaki_2

コゲラ

Kgera

エナガ

Enaga

ツグミ

Tugumi

他にシロハラ、ジョウビタキ、カシラダカ、カラ類などが見られたが、全体的に数は少なめだった。

今朝、庭にやってきたメジロとシジュウカラ 仲よく水浴び、この寒いのに....ブルブル

Dscn1845

| | Comments (1)

gunnma

| | Comments (0)

2012.02.07

窓越しバードウオッチング コゲラなど

雨上がりの榛名山

Haruna

今日は珍しくコゲラがやってきた

Kgera

特定外来種のカオジロガビチョウもやってきた
久しぶりの登場。最近あまり声も聞かれず、この寒さで個体数が減ったのか!と思ったが、本来南国の鳥ながら、寒さにも滅法強いようだ。

Kaojirogabicho

メジロ、シジュウカラはせっせと毎日やってくる

Mejiro

Mejiro2

Shijyukara

何日ぶりのことだろう、久しぶりに水盤の氷結はなし。

Shijyukara2

裏庭でツグミの姿をチラリと見た。ようやくご登場か。

| | Comments (0)

2012.02.05

桃ノ木川の鳥たち

風もなく穏やかな冬日和になった。久しぶりに桃ノ木川を歩く。大堰川のと合流付近には、相変わらず、たくさんの水鳥たちでにぎわっていた。お正月に見たヨシガモがまた戻っていた。ヒドリガモと行動を共にしているようだ。

観察種:ヨシガモ、コガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ

Dscn1679

Dscn1670

Dscn1680

キンクロハジロ

Dscn1702

ホシハジロ

Dscn1693

パンをやっている人がいて、ヒドリガモ、ヨシガモ、ホシハジロが夢中で食べていた........。ホシハジロもパンが好きとは......!?

Dscn16902

今回もコガモの求愛ディスプレーが見られた。お昼頃だったが、前回見たときも同じ時間帯だった。こんな感じで毎日やっているのだろうか。ビデオに撮ってみた。体を伸ばして、膨らませる感じ、確かに体が大きく見えるね。♀にアピールしているのか、♂同士、誇示し合っているのか、なんだかよく分からない。よく見ると、ある♀は♂を無視して、羽に顔をうずめてお休みをしているのもいる。何だか分からないディスプレーだ。Niftyのビデオサービスはなくなってしまったので、初めてYOUTUBEを利用してみた。

Kogamo

大堰川では、いつものところにカワセミが止まっていて、さかんに川の中に飛び込んでいたが、魚をゲットはできなかったよう.....。

Dscn1732

Dscn1739

Dscn17322

ダイサギ、アオサギも見られた。魚が豊富らしい。

Dscn1726

アオサギは飛んでいってしまったのだが、カワセミが止まっていた土手のところに大きな羽がまとまって見えた。アオサギの羽のように見えるが....。大型のアオサギを襲うとは、オオタカだろうか?

Dscn1744

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング ヒヨドリ

メジロ用にと容器にミカンを入れてあった時は、ヒヨドリはうらめしげに見つめるばかりで、食べることができなかったが、ジュースにしたところ、ホバリングをして飲むようになった。ヒヨドリ用に大きな容器に入れてあげたいが、大食漢すぎて、こちらの身がもたないのよね。以前住んでいた家の庭には、渡りのヒヨドリ集団がたむろしていたが、この庭にはやってこなくて、ホッ。やってくるヒヨドリは2羽だが、スズメを追い払うこともせず、おとなしめだ。

Dscn1650

Dscn1655

| | Comments (0)

2012.02.04

窓越しバードウオッチング ジョウビタキなど

先日、原西自然の会の新年会だったが、何人かが、最近スズメが少ないと言っていた。ここしばらく散歩に出ていないので、散歩コースのスズメの状況は分からないが、我が家の庭には、30羽くらいが毎日やってきて、おおにぎわい。撒いた餌をアッという間に食べつくす。3か月分と思って買って来た餌もこの分ではもう一回買い増ししなくてはならないかも。ムムム.....。

今日は珍しく、ジョウビタキ♀がやってきた。確か我が家は♂のテリトリだったはずだが....。♀が飛び去り、またやってきたと思ってよく見ると今度は♂だった。♀を見て追い払ったのかもしれない。

Dscn1602

Dscn1605

今日は千客万来で、初めてムクドリがやってきた。スズメでにぎわっていると、何かおいしいものあるのかなぁ~とやってくるのでは?

Dscn1589

そして、キジバトも登場

Dscn1636

ジョウビタキの♂を追って、庭にでたところ、上空でヘリコプターの大きな音。どんどん降りてくる。え?着陸するの?と行方を見ていたら、近くのグランドに降りていくところだった。ドクターヘリだ!なになに、どうしたの・・・・!近くのおじさんが必死に自転車をこいで、見に行くところ。私も行ってみよっと。

Dscn1609

救急車2台、消防車1台、担架があったり、これって訓練かな?

Dscn1610

ではなくて、本当の救急のためにやってきたのだった。ドクターが救急車で応急手当をしたらしく、その後、患者さんはヘリコプターに移され、飛び立っていった。この間30分。市内の病院にも決して遠くないところなのに、ヘリコプターが来る前に救急車で運んだほうが早いのでは?と思ったが、群馬県ドクターヘリのHPを見ると、航行時間は5分くらいとなっている。緊急を要する場合は、ヘリのほうが断然早いということのようだ。
HPより
<群馬県ドクターヘリは、平成21年2月18日より前橋赤十字病院が基地病院となり全国15道府県、17機目のドクターへりとして運航を開始しました。時速約200kmで航行し、県内全域を概ね20分以内でカバーしています>

様子を眺めていたら、どこからともなく、オオタカがやってきて、救急車の上空をゆっくりと低空飛行していった。何事かと見にきたらしい。へぇ~、オオタカも好奇心強いのねぇ~(@_@)。

Dscn1613

Dscn1615

離陸の様子

Doctorheri

| | Comments (0)

2012.02.03

窓越しバードウオッチング メジロ

留守の間にメジロが来ていたようだ。大食漢のヒヨドリはどういうわけかあまり頻繁にやってこず、何だか遠慮気味。助かるぅ。スズメは20~30羽、メジロ、シジュウカラはペアでやってきている。水盤はバンバンに凍っていて、なかなか溶けないので、水を入れて少し溶かして氷を捨て、新しい水を入れてやると、この寒い中、メジロが水浴びをしていく。シジュウカラもたまに水浴びするが、不思議なことにスズメはまったくやらない。

Dscn1533

Dscn1552

はでに何度も水浴び

Dscn1573

めずらしくシジュウカラとのツーショット

Dscn1562

ヒヨドリ

Dscn1571

| | Comments (0)

マレーシア料理など

マレーシア ジョホールバル滞在中、夕食はほとんど現地の人たちが行く食堂で、マレー料理、中華料理をいただいた。メニューはもちろんマレー語なので、ちんぷんかんぷん、妹夫婦にすべてお任せ。辛みがきいた料理が多いが、みなおいしかった。つまり、マレーシアでも暮らしていけるということかな。米で作られた麺料理、クイッティアオ(とメモしてある)やココナッツミルクで味付けのやや辛いラクサなどはもう一度食べたいな。日本でいう寄せ鍋のスチームボートはだしがよくきいていておいしかった。

海近くの中華料理店

Dscn0842

家族できている人たちを多く見かけた

Dscn1192

このようなスタイルのお店も多い

Dscn1056

Dscn1313

中華

1

6

米の麺をいためたものや、ラーメン風のクイッティアオ(左上)はおいしい

3

ココナッツミルクで煮た辛みのきいたラクサもおいしい

4

スチームボート、日本でいう寄せ鍋
最後に卵とうどんを入れておじや風に食べるのも似ている

5

満腹食べても、80~100マレードルくらい。日本円で一人5~600円程度。日本と比べるとかなり安い。1マレードル(リンギット)=25円

スーパーに行ってみたが、食材は豊富で、なんでも売っており、安い。日本の食品は、日本で買うよりは高いようだ。

Dscn1315

あっという間の一週間。非日常をエンジョイしてきた。すぐ忘却の彼方になってしまうので、思い出したことは、追加していくことにしよう。次回は、自然の宝庫のボルネオ島に行きたいもの。

| | Comments (0)

2012.02.02

マレーシアの野鳥たち、サル、昆虫など

海辺近く、民家が並んでいる。後方に見えるマンションの人たちが散歩にくることは、まずないようなところ。木の橋を渡る車。

Dscn1444

家禽として飼われているらしいシナガチョウ
大きな声で威嚇している?

Dscn1424

Dscn1427

汚い沼地にいたサギたち

Dscn1422

Dscn1420

コサギくらいの大きさ。でも脚は黒。

Dscn1414

イカルのような声で鳴いていた鳥

Dscn14632

ハッカチョウ よく見かける鳥

Hakkacho

メグロヒヨドリ

Megurohiyodori

コウライウグイスも多いが、なかなか表に出てこない。

Dscn14652

Dscn1464

トビのように旋回していた大型の鳥(マンション8階から)

Dscn1472

民家のすぐそばでサルに出会った。木上には10匹くらいいる様子。家族?威嚇されることもなかったから、人間と共存しているようだ。尾が長く、耳に特徴がある。

Dscn1430

Dscn14422

大型のチョウも見かけたが、止まってくれないので、ほとんど撮れず、数点のみ。

Dscn14392

Dscn13392

Dscn11702

Dscn1383

Dscn1435

Dscn1169

Dscn13542

| | Comments (2)

« January 2012 | Main | March 2012 »