« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

2012.01.31

マレーシアの果物

29日に寒い日本に戻ってきた。気温差30度。ブルブルである。寒い時期だけ、マレーシアで暮らすことができれば、いいな.....と思う。

たらふく食べた果物。とにかく安い。

フルーツファームにて

Dscn0890

Dscn0891

ついにあの臭いことで有名なドリアンも味わうことができた。ドリアンはマレーシアでもやや高めのプライス。

大きな現物もあったのだけど、カメラを携帯していなく、残念。実を割るのはコツがいるらしい。中身を取り出してパックで売っている。ちょっと離れたところにいても、ドリアンの臭いが漂ってくる。お店の人と妹の旦那が顔なじみらしく、初めての私たちに、この高いドリアンを味見させてくれた。ねっとりとしたクリーミーな口当たりで、強烈な臭いの割には結構おいしい。当たり外れがあるらしいが、また食べたいと思ったほどなので、当たりだったのかも。冷蔵庫にきちんとパックしていれておいたが、開けるとその存在が分かる臭いが......(>_<)。

Dscn1314

Dscn1059

ジャックフルーツ
大きな実なので、これも中身がパックされて売られている。安い。まだ完熟でなかったせいか、水分が少なく、繊維質が多いのか、裂きイカのような感覚でむしって食べる。ドリアン+パイナップル+バナナを三で割ったようなお味。これは好き嫌いがあるかもしれないが、私は一番好きかも。

Dscn08922

マンゴスチン
妹が汁がつくとこうなると、黒く斑点がついたタオルを見せてくれた。洗っても落ちないのだそう。白いTシャツを着ているときは要注意かも。手でむくと、白くツルっと実がでてくる。酸味があって、おいしい。ドリアンが果物の王様なら、こちらは果物の女王とか。

Dscn0896

ランサ
小さなジャガイモのよう。はじめ、これが果物?と思ってしまった。皮をむしると、透明なこれもツルっとした実が出てくる。やはり酸味があって、甘味とのバランスがよい。ただうっかり種をかじってしまうと、とても苦いので要注意。

Dscn1198

ココナッツ
スーパーにも、レストランにも普通に置いてある。フタを開けて、まずフタの裏についている白い実をスプーンでこそげて食べる。ストローでジュースをいただく。、特にものすごくおいしいというほどではないが、さっぱりしていて喉ごしがよい。飲み終わると内側についているココナッツミルクになる白い実をフタと同じように食べる。これでココナッツ完食である。おまけにからになったこの実を家に持ち帰り、ポトスを生ける花瓶として今使っている(^.^)。

Dscn1500

パッションフルーツ
酸味が強く、種と一緒に食べる。酸っぱいのが好きなので、これもおいしい。

Dscn1191

他にパパイヤ、マンゴーもふんだんにいただく。何しろ安く、日本では食べられないので、食いだめしてきた(^^ゞ。体重が......!! 妹夫婦はまだ当分マレーシアにいそうなので、他の果物は次の機会にとっておくことに.......。

| | Comments (0)

2012.01.27

マレーシアにて 野鳥たちなど

日本にやってくるツバメとは違う種類。リュウキュウツバメのようだ。朝夕、マンション近くをたくさん飛んでいる。

Dscn1120s

Dscn1156s

マンションのベランダから
メグロヒヨドリ?

Dscn1204s

スズメ
日本のスズメと同じに見える.....

Dscn1288s

上空に群れで飛んでいた大型の鳥たち

Dscn1161

シキチョウ
マンションのまわりで何度か見かけた

Dscn1130s

Dscn1335s

Dscn1344s

マンションの隙間に水がたまっているらしく、水浴びにやってきた鳥達

Dscn1176s

タイヨウチョウ?

Dscn1184s

ミドリカラスモドキ
赤い目が印象的

Dscn1331

高速道路のSAで見かけたモヒカン風の変な鳥、美声だったが.....

Dscn1292

Dscn1296

Dscn1297s

チョウショウバト?近づいても逃げない。

Choushoubato

同じSAで見かけたトカゲ

Dscn1300s

Dscn1300

近づくと、突然消えてしまった。良く見ると幹にいくつかの穴があいている。その中に入ったらしい。

Dscn1301s

ヤモリの赤ちゃん
親子でマンション8階にすんでいるとか。夜になるとベランダの天井をはいまわっているそう。かわいい。

Dscn1320

トンボ
蝶もトンボもよく見るが、活発に飛び回っていて、とても画像をゲットできず。ようやく止まってくれた赤とんぼ。

Dscn1356s

| | Comments (0)

2012.01.26

マレーシアにて3 マラッカへ

ジョホールバルから200キロ離れた世界遺産マラッカへ。高速道路は整備されていて、混雑もなく、快適なドライブ。ところが、マラッカに到着すると、車の洪水で、ノロノロ。ゆっくり見物するには、一泊必要だったかも。

高速道路
200キロ走って料金24リンギッド、日本円で600円ほど

Dscn1230

マラッカ川のクルーズ
川の水はよどんでいて、決してきれいとはいいがたい.....

Dscn1261s

Dscn1244s

Dscn1237s

Dscn1247s

Dscn1248s

自転車タクシー

Dscn1264s

Dscn1265s

セイントポールの丘

Dscn1271s

フランシスコ・ザビエル像

Dscn1273s

セイントポール教会跡

Dscn1274s

Dscn1275s

オウム&へび使い?

Dscn1276s

| | Comments (0)

2012.01.24

シンガポールにて

ジョホールバルのJBセントラル駅

Dscn0912s

駅内にあるイミグレーションを通り、マレーシアを出国、バスでシンガポールへ。数分で到着。今度は入国手続き。一日滞在ながら、行き帰りこのイミグレーションを通らなければならず、結構面倒。

近代的な地下鉄に乗って、マリーナ地区へ。

地下鉄のホーム

Dscn0925s

マリーナ到着

Dscn0933s

マりーナベイサンズへ
ホテル、カジノ、ショッピングモールなどがはいっている。下から見上げるとこんな建物。後で全貌を見てびっくり。

Dscn0938s

エレベーターで57階のカイパーク展望台へ。なんとそこは大きな船のデッキになっていた。つまりビルの上に大きな船が乗っている構造......!?

Dscn0939s

Dscn0944s

Dscn0958s

地上200mのプール ホテル滞在者は自由に楽しめるとのこと

Dscn0960s

この後、下から船に乗ってこの建物を見ると、こんな奇妙なデザインになっていた。

Dscn1018s

Dscn1003s

| | Comments (0)

2012.01.23

マレーシアにて2

23日は東海岸にあるリゾートのデサル(Desaru)へ

海岸までの道の両側にはやし畑が延々と続いて驚かされる。日本はパーム油の大消費国。このやし畑とは無関係ではない。広大な森林が伐採され、やし畑へと開発されている.....。

Dscn0893s

旧正月ということもあってか、多くの観光客でにぎわっていた

Dscn0884s

Dscn0887s

ホテルのそばの花にハチドリがやってきて、ホバリングしながら吸蜜していた。残念ながら写真は撮れず。蛾のホウジャクを思い出してしまった。

Dscn08882

Hachidori

ジョホールバルの工業団地(日本企業が多い)のそばを通ったとき、ブルーの鳥が......。車を止めてもらってよく見ると、な、なんとショウビン。工業団地を住処にしているわけ?驚いた出会いだった。

アオショウビン

Dscn0868s

Aoshoubin

| | Comments (0)

2012.01.22

マレーシアにて

21日夕方、妹夫婦が長期滞在しているマレーシアに向けて出発。シンガポールのチャンギ国際空港に夜中の0時頃到着。車でジョホール水道にかかる橋を渡り、シンガポールのイミグレーショの手続きを経てマレーシアのジョホールバルへ。23日が旧正月ということもあり、夜中だというのに、大変な混雑だった。妹達のマンションに着いたのは1時半ごろだっただろうか。マレーシアとは時差一時間なので、日本時間では22日2時半ということ。くたびれた~。気温27度くらいで、思ったほど暑くない。毎日スコールがあり、その後はやや涼しくなるとのこと。

マンション8Fから見たシンガポール

Dscn0859s

ジョホールバルはマレー半島の最南端に位置し、首都クアラルンプールに次ぐ第二の都市とか。車で市内観光へ。ベサール宮殿は工事中ということで、一年お休みということで、入れず残念。アブ・バカール・モスクへ。2000人が収容できる礼拝堂がある。

Dscn0808s

Dscn0814s

モスクのそばの樹上に止まるペリカン+コウノトリのような鳥 

Dscn0802s

Dscn0803s

Dscn0805s

たくさん見かけるインドハッカ 日本でいえばムクドリかな

Dscn0811s

日本のカラスより一回り小さなカラス

Dscn0812s

マンション8Fからも結構いろいろな鳥が見られる
コウライウグイス

Dscn0788s

Dscn0791s

モスク近くの動物園にいたゴイサギ 

Dscn0824s

お正月の年始の持っていく贈り物の数々とか

Dscn0836s

大晦日の中華料理店は満員でにぎやかだった

Dscn0855s

ビーフンのような食べ物をみんなで持ち上げて、あちこちで皆でなにやら願い事?
中国の風習なのかな?

Dscn0858s

| | Comments (0)

2012.01.20

雪の朝

朝起きると一面雪景色になっていた。鳥の声もなく、静かな朝。給餌をしたが、いつも木の上で待っているスズメたちの姿はなく、やってくる様子もない。どこにいるのかな?

Dscn07502

と思ったら、間もなく、雪が降りしきる中、どやどやとやってきて、喧嘩をしながら、夢中で食べていた。にぎやか.....。ところで、ツグミはいつになったらやってくるのか......。

Dscn0757

Dscn0763

Dscn0773

思ったほど寒くはならず、雪は降り続いていたが、お昼過ぎには木の枝の雪もなくなっていた。やってきたシジュウカラ。

Dscn0780

明日はしばしの寒さを忘れて南国へ。

| | Comments (0)

2012.01.15

冬の鳥たち

昨日は「ガン・カモの調査」で桃ノ木川へ。一時間ほど川沿いを歩き、種ごと、カモの数をカウントする。

Hidori

久しぶりにイソシギを見る

Isoshigi

カイツブリ この場所ではいつも見られる

Kaitsuburi

コサギ
Kosagi

別の場所で、コサギがいるところに、カワウが着水。見ていると、コサギはカワウに密着している。カワウが追う魚のおこぼれにあずかろうとしているように見えた。なかなかの知恵者なり。

カワセミ
ちょっと遠くてこの程度の画像しか撮れず.....。

Kawasemi2

エメラルドグリーンの羽を見せながら、何度も川中でホバリングをしていた。ぼーっと見とれてしまった。多くの人が散歩をしていたが、誰一人として、体長わずか17センチの小さなカワセミがホバリングしている様子に気が付く人はいない。あんなに美しいのに、気が付かないなって、もったいないな.....。

今日は近隣のK町の自治会から頼まれて、育成会の野鳥観察会のお手伝いをする。鳥はやや少なめだった。電線に止まるカワウ一羽。あまり見かけない光景だ。

Dscn0703

カモたちがいる池にやってきた。頭から首にかけて白く婚姻色にかわっているカワウ。

Dscn0708

家のそばの電線に止まっていたツグミ。そろそろ集団がばらけて、単独行動かな?この冬はまだ地上で採餌する姿を見ていない。

Dscn0697

庭に毎日モズ♂がやってくる。いっせいにスズメは逃げ出すが、シジュカラは、まったく逃げる様子はなく、ひまわりの種を食べるのに夢中だった。

正面顔は結構怖いモズ

Mozu_2

| | Comments (0)

2012.01.12

窓越しバードウオッチング(4) メジロ

相変わらずスズメは大集団でやってきている。若鳥の集団だと思われるが、成鳥も交じっているのかも。よく分からず。朝だけしか給餌しないので、もう少し小さな集団で来てほしいもの。2日前にはエナガが一羽、ちょっと寄って行った。ツグミは家の周りでは声さえ聞こえない。地上に降りているのもまだ見ていない。近年では珍しい。それだけまだ山周辺に餌が十分あるということかな。今年は冬鳥たちがまだ少ない。今日、めずらしくメジロがやってきたが、ぶら下げてある容器のミカンには気づかず行ってしまった。アラララ.....。シジュウカラは今日は頻繁にやってきていた。4羽きていたが、テリトリがあるらしく、追われていた。多分2羽のペアに落ち着くと思う。巣箱に止まって、中を覗きこんでいたが.......。

メジロ 

Dscn0618

スズメたち

Suzume

Suzume2

シジュウカラ

Dscn0619

Shijyukara2

Shijyukara3

| | Comments (0)

2012.01.10

今日の榛名山・赤城山

北風も弱く、穏やかな一日。

今日の榛名山

Haruna

隣町のどんど焼きの櫓
今度の日曜日に行われるらしい

Haruna2

今日の赤城山

Akagi

カシラダカ

Kashiradaka

電線でさえずっていたカワラヒワ

Kawarahiwa

| | Comments (0)

2012.01.09

窓越しバードウオッチング(3)モズ

今日はモズがやってきた。ジッと下を見ていたかと思うと、地面に降りて、ガサゴソやっていた。なにやらくわえて枝に止まった。カエルにしては小さいので、昆虫だろうか?分からず.....。

Mozu

出先で出会ったジョウビタキ

Jyobitaki

| | Comments (0)

2012.01.08

どんど焼き

今日は町の恒例のどんど焼き。青空が広がり、風もなく、穏やかな絶好のどんど焼き日和。いつものように消防車が来ていたが、お世話いただくこともなさそう......。

バックは赤城山

Dondo

無病息災・五穀豊穣を祈って、点火。

Dondo2

Dondo3

去年より櫓が小さい。竹や杉のセシウムを最小限にとの配慮らしい。残り火でお餅やスルメが焼かれていたようだが........。

そういえば、昨日は七草粥だったが、さすがに野外で材料を入手するのははばかれ、今年は菜園のダイコンと葉っぱでのダイコン粥で良しとしたのだった。

この後、今年最初の敷島公園での探鳥会に参加。

松にやってきたアオゲラを観察する参加者

Shikishima

池では餌をやる人がいて、不忍池状態。群がるオナガガモ。

Onaga

利根川で見られたカワセミ。置物みたい.....。

Kawasemi2

最後に鳥合わせ。32種確認。

Toriawase

| | Comments (0)

2012.01.07

今日の鳥

午後3時近く、ポストに行きがてら、川沿いを歩く。珍しく桃ノ木川と大堰川の合流点でカワセミを見る。すぐに、コバルトブルーの背を見せながら、矢のように大堰川上流へと消えていった。

Kawasemimomonoki2

コサギたち フンの様子から、ここが彼らの特等席らしい。

Kosagi

Kosagi3

ぐるっと回って、大堰川へ
遠方で、ダイサギが脚をぐぐっと動かして、魚をおびき出している様子だった。

Daisagi

キセキレイ

Kisekirei

キセキレイを見ていたら、カワセミが飛んできて土手に止まった。桃の木で見た個体と同じようだ。

後から西日があたり、影が........

Kawasemi

Kawasemi2

土手の上のほうを見ると、アオサギが置物のように、ぼーっと突っ立っていた。

Aosagi

| | Comments (0)

2012.01.05

窓越しバードウオッチング(2) シジュウカラ

ピーナツやひまわりの種を置き始めたら、すぐにシジュウカラが2羽やってきた。目ざとくみつけるもんだね。

Shijyukara3

Shijyukara

ひょっこりやってきて、すぐに飛び去ったハクセキレイ

Hakusekirei

スズメたちは、給餌の時間になると、近くで、まだかまだかと待っている。餌を撒いてもしばらくは様子を見ていて、なかなかすぐにはやってこない。本当に用心深い。

Susume2

Suzume

| | Comments (0)

2012.01.01

元旦鳥見

2012年スタートの日。おせちをいただいた後、恒例の近所の鳥見にでかけた。風もなく、穏やかな元旦となった。

お寺の掲示板のことば

Dscn0176

今年最初に出会った鳥はジョウビタキだった

Jyobi

桃ノ木川に行く。今までになくたくさんの種類が見られた。とても珍しい。驚いたことに、ヨシガモが一羽、悠々と泳いでいた。下流では見たことはあるが、上流では初めてのこと。カメラを向けても気にならない様子。ナポレオンハットの色が光線によって、微妙に変わり、とても美しく見えた。

Yoshigamo3

Yoshigamo2

キンクロハジロ♀と♂

Kinkuro

ホシハジロ 水かきがよく見える

Hoshihajiro

お休み中のオナガガモ

Dscn0331

リラックスした様子のコサギ2羽

Kosagi

羽ばたくコガモ♀

Kogamo2

こちらは♂

Kogamo92

さかんに求愛ディスプレーが行われていた
♀の回りを♂たちが囲むように泳ぎ、見て見てとばかりに体を伸ばしてアピール

Kogamo91

Kogamo98_2

Kogamo97

♀をめぐる、いさかいかな......?

Kogamo96

Kogamo9

上空にオオタカが飛んできたが、水鳥たちが驚いて、飛び立つことはなかった。人通りも多い場所なので、鳥たちには安心なところなのかも。

細ケ沢川ではカワセミが出現。順光でじっくり見られた。

Kawasemi

Dscn0365

アオサギと遭遇。上と下で目が合い、お互いびっくり。相手があわてて対岸に止まって態勢をととのえたところをなんとか一枚撮れた。

Aosagi

ホオジロ

Hoojiro2

柿がまだ残っており、ヒヨドリ、ムクドリが来ていた。すぐそばにはツグミが3羽ほど遠慮がちにいた。

集団でやってきていたムクドリ。

Mukudori

元旦に見られた鳥たち

コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシブトガラス 計34種

ヨシガモ、カワセミなどがバッチリ見られて、こいつは春から縁起がいいワイ。

| | Comments (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »