« November 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

2011.12.30

窓越しバードウオッチング スズメ

スズメが水飲みに頻繁に来るようになったので、昨日レストランをオープンして、雑穀を置いてみた。すぐにはやってこなかったが、今朝見てみると、集団で食べにやってきていた。待っていたのかもしれないね。

Suzume

Suzume2

Suzume3

| | Comments (0)

2011.12.27

今日の鳥

今日も寒い一日。赤城山の鍬柄山、鈴ヶ岳付近に雪雲がかかっていた。

Akagi

こちらは榛名山

Haruna

ツグミが柿の木の数羽止まって、柿をついばんでいた。いつもなら11月頃の風景だ。まだ柿の実がいっぱい残っている。このように木にまだ実がたくさんあるうちは、ツグミなかなか地面に降りてこないようだ。庭にやってくるのも遅いかも......。

Tsugumi

梅の木にメジロ
まだ梅の蕾は固い。虫でもいるのだろうか?

Mejiro

スズメたち
集団でいつも行動している。庭にも水を飲みにくるようになった。

Suzume

モズ

Mozu

カワラヒワ 

Kawarahiwa

ハクセキレイ

Hakusekirei

おまけ:ワンちゃん

近所の子犬。よく庭にやってくる。

Dog

| | Comments (0)

2011.12.19

大阪にて

17日~18日、大阪で開催されたシンポジウムに参加してきた。

長年の密対連の活動が実を結び、ようやく、来年度から愛玩飼養を目的とするメジロの捕獲が原則的に禁止となる。群馬では、かなり前から、メジロを飼養するのは禁止されていたが、西日本では、いまだに一世帯一羽の飼養が許可されていた。→記事

メジロ捕獲禁止になることで、最後の目標が達成されることとなり、19回を重ねた全国規模のシンポジウムは今回が最終回となった。

Sympo

とはいえ、飼ってはいけない野鳥をこっそり飼っている人はあとを絶たない。今年群馬で行政指導や摘発により保護した野鳥の数は、分かっているだけで、オオルリ、メジロなど三十数羽にもなる。全国的には大変な数の野鳥たちが密猟されている思われる。密対連の活動はこれからも続けざるをえないようだ。私も裏方でお手伝いをしてきたが、まだ当分お役目御免になれそうもない。

車窓からみた富士山

Mtfuji

青空に美しく映えていた。その後通った関ヶ原?あたりでは雪景色が広がっていた。

早朝探鳥会で、淀川へ。珍しい水鳥を見せてもらった。

Yodogawa

橋を渡るモノレール

Monorail

水鳥が集まっていた淀川

Yodogawa4

カワウ、オオバン、ホシハジロ、ヒドリガモなど多数

Yodogawa3

ホシハジロに交じって泳いでいた迷鳥のアカハシハジロ
コンパクトなカメラしか持っていかなかったので、プロミナにくっつけて、デジスコで何とか撮った一枚。

Akahashihajiro

若鳥らしいとのこと。琵琶湖には毎年やってくるそうだ。群馬にはまだ一度も来たことはない。ホシハジロより一回り大きく、頭が大きい。潜水ガモなのに、ベジタリアン。潜って採ってきた水草を食べているのが見られた。早朝、早めに現場に行って、いる場所を確認し、案内してくれた大阪支部の皆さんに感謝。

おまけ:会場近くの有名な天満橋筋商店街
延々と続くお店に驚く。3キロ近く、600店舗もならんでいるらしい。狭いアーケードを堂々と通る自転車って、大阪らしい?夜9時過ぎなのに、結構にぎわっていた。

Tenma

Tenma2

パチンコ屋さんも何軒もある。玉の箱が山積み。何なの、これって?

Tenma3

| | Comments (0)

2011.12.13

メジロ

民家の柿の木にメジロが集団でやってきていた。甘いものが大好きなメジロたち。

Mejiro

Mejiro_2

| | Comments (0)

2011.12.11

フユシャク、赤とんぼなど

桜の木に、ナミスジフユナミシャクというフユシャクが止まっていた。これで2種目。何とか♀を見たいが、そう簡単に会えそうもない。

Namisujifuyunamishaku2

Namisujifuyunamishaku3

まだいた赤とんぼ
高いところに止まって、陽を浴びていた。ナツアカネかな?

Natsuakane

| | Comments (0)

2011.12.10

陽だまりの昆虫たち

この冬一番の寒さになった今日、昼間は抜けるような青空が広がった。陽だまりはポカポカ。昆虫たちが束の間の暖かさの中で日向ぼっこをしていた。

まだいたコバネイナゴ

Kobaneinago

か弱そうなカゲロウもケヤキにへばりついていた

Kagerou

かなり遅くまで見られるヤマトシジミ、まだまだ元気

Yamatoshijimi

越冬するムラサキシジミも日向ぼっこにきていた
落ち葉の中で、宝石のように輝いていた

Murasakishijimi3

Murasakishijimi

Murasakishijim2

| | Comments (0)

2011.12.09

雪の榛名、赤城

前橋は初雪が降ったとのこと。朝にはやんでいて、雪が積もった様子はなかった。でも窓から見える榛名山は真っ白。道路に出て、赤城山を見ると、やはりうっすら白くなっていた。風が冷たい。いよいよ冬本番。

榛名山

Haruna

Haruna2

赤城山

Akagi

| | Comments (0)

2011.12.08

朝の散歩にて

ソシンロウバイがはやばやと咲いていた。

Dsc02829

ツグミが4~5羽、高い木に止まっていた。テリトリの相談かな?地上で採餌する様子が見られるのは、まだのようだ。

Dsc02828

冬活動する蛾 フユシャク

林縁で、足元からヨタヨタと飛ぶ蛾が目に入った。詳しい方に確認してもらったところ、クロオビフユナミシャクと判明。フユシャクは、♂には翅はあるが、♀は退化していて飛べないという変わった蛾だ。冬に繁殖するので、♂がいるということは、どこかに翅がない♀がいるということ。しかし、探すのは容易ではない。♂を追跡するしかないかな?しかし、この♂、寒さのせいか、じっとしていて、動こうとしない。この寒い時期に、変わった生態を持つフユシャクを観察するのも面白いかも.......。

Kuroobifuyunamishaku

| | Comments (0)

2011.12.07

冬の菜園

冬の菜園の様子

野菜作り一年生の畑で、無農薬、無化学肥料ながら、野菜たちはそれなりに育ってくれている。

Saien

寒いのに、キャベツ、ブロッコリーには青虫がたくさんついていている。これは駆除せざるを得ないね。サニーレタスは毎日食べる分だけ収穫。新鮮なサラダを食べられるのが嬉しい。ダイコンはまだ十分に太っていないうちに食べているので、春来る前に食べつくしてしまうかも。当然葉っぱも無駄なくいただく。玉ねぎは昨日100本植えた。はたして、ちゃんと実ってくれるのかどうか。ホウレンソウは遅く撒いたので、収穫はお正月頃かな?

白菜は今日初めて収穫。目方を測ると、4キロ近くもあった(@_@)。真ん中の部分を塩もみして食べてみた。甘くて、おいしい。鍋物に、漬物に....と、無駄なくいただこう。

Hakusai

アップしようとしていたら、ジョウビタキが水を飲みにやってきた。給餌台の屋根にとまったところ。

Dsc02825

| | Comments (0)

2011.12.05

ようやくツグミ、まだモンシロチョウ

朝洗濯物を干していると、なつかしい声が.....。
ようやくツグミの姿を見た。今年はとても遅い確認。これから普通に見られるようになる。

Tsugumi

別の場所でジョウビタキ♂

Jyobi

モンシロチョウが元気に飛んでいた。そろそろ終認かな?

Monshirocho

Monshirocho2

| | Comments (0)

庭の花たち

まだ元気に咲いているウィンターコスモス

Kosumosu

これからが本番のツバキ

Tsubaki

スイセンが咲き始めた

Suisen

名残り咲きの紫陽花

Ajisai

同じくツツジ

Tsutsuji

| | Comments (0)

2011.12.04

ルリタテハなど

12月に入り、さすがにチョウの姿はめっきり減ってきた。ヤマトシジミはまだ元気だが、モンシロチョウなどの姿は見られない。陽だまりで元気よく飛んでいるのが、ルリタテハ。林のサルトリイバラが食草。

足元に止まったルリタテハ

Dsc02782

11月30日のルリタテハ
上の個体とは違うようだ。♀かな?

Dsc02772

閉じると表の瑠璃色がイメージできない地味な樹皮模様。

Dsc02775

庭にやってきたモズ テリトリーに入っているらしい。
まだレストランを開店していないこともあって、鳥影は少ない。

Dsc02753

| | Comments (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »