« 北陸の旅2 おわら風の盆 | Main | 今朝の鳥 »

2011.09.06

ウスバキトンボ、ヒガンバナ

台風がようやく過ぎ去り、今日は朝から爽やかな秋の天気となる。庭にウスバキトンボが集団でやってきた。赤とんぼではないけれど、このトンボの集団を見ると秋を感じる。秋の風物詩の一つと言えるのではないだろうか。このトンボ、ほとんど止まらないので、ちょっとだけ、網に入ってもらった(^^ゞ。ゆったり飛んでいるのに、意外とネットインが難しい。5回くらい振ってようやくゲット。とても華奢なトンボなので、つぶさないように、そっと見せてもらう。

Usubaki

Usuba2

こちらは2009年8月13日、田んぼで羽化していたウスバキトンボ

2009813

秋の風物詩といえば、ヒガンバナ。もう咲いていてもいいはずと思い、毎年定点観察しているところへ行ってみる。草がきれいに刈られていて、鱗茎がむき出しになっていたが、ニョキッと出始めていた。ヒガンバナの開花は日平均気温が20度~25度なので、ようやくここにきて咲く時期がやってきたようだ。

Dsc00957

Dsc00959

2005年と2008年は写真を撮り損ねたので不明だが、下の画像から考察すると、2004年、2009年は、8月末には咲き始めていたようなので、8月の平均気温が低めだったと考えられる。2007年、2010年、そして今年はヒガンバナの開花状況から、8月が暑かったことが分かる。ヒガンバナの花芽形成時期は6月下旬とのこと。今年の6月は暑かったので、花芽の形成は進んだはずだが、そのあともずーっと暑く、開花適温にならず、咲くに咲けなかったのではないかと思う。

Higanbana

|

« 北陸の旅2 おわら風の盆 | Main | 今朝の鳥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 北陸の旅2 おわら風の盆 | Main | 今朝の鳥 »