« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

2011.07.31

庭の昆虫

どういうわけか、玄関の中でウロウロしていたコクワガタ♀

Kokuwagata

ナカグロクチバ(ヤガ科)

Nakagurokuchiba

スジグロシロチョウ

Sujiguro

| | Comments (0)

2011.07.30

オクラ収穫

気が付くと、オクラの実がかなり伸びていた。初収穫。びっくりするほど大きくなるので、毎朝チェックしなくては.....。この赤オクラ、ゆでると、ふつうのオクラのように緑になる。

Okura

ネバネバ五重奏
オクラも収穫できたので、ネバネバ食材入りの納豆に......。
材料:納豆、モロヘイヤ、オクラ、メカブ、ガゴメ昆布
とろろを入れれば六重奏だったが、入れるのを忘れた.....。

Nebaneba

スイカ
草取りをしていたら、小さなスイカが柄の部分が取れて転がっていた。草と一緒にもいでしまったのか.....?  切ってみたら、十分熟していた。小さくても、ちゃんと実ってくれたようだ。アンタはエライ。

Suika

| | Comments (0)

2011.07.27

ツマグロヒョウモン♂

三尺バーベナ(柳花笠)にツマグロヒョウモンの♂が来ていた。よく見ると、ちょっと変。翅に白い斑がある。部分白化?

Dsc00656

吸蜜していたら、口吻に花が......、表情から、多分こんなこと言ってたのでしょう.....

Tsumaguro

庭に羽音をたてて飛んできた、ゴマダラカミキリ君。右の触角の上部分が取れていた。

Dsc00651

| | Comments (0)

オクラの花

オクラの花が咲いていた。実もなっている。もう少しで食べられそう。このオクラは赤いオクラで、Farm_ogawaさんから種をいただき、種から育てたもの。オクラの花は、フヨウ、ムクゲ、ハイビスカスなどと同じアオイ科の仲間。太陽が似合う花だ。

Dsc00652

Dsc00653

小玉スイカも食べごろ。素人が作ったにしては、少々白い部分が多いけど、結構甘く、とてもジューシー。完熟していたらしく、包丁をちょっと当てただけで、亀裂が入った(^^ゞ。

Watermelon

Watermelon2

| | Comments (2)

2011.07.23

モズの幼鳥

水盤でモズの幼鳥が水浴びをしていった。陽で水はかなり暖まっていたはず。いい湯加減だったのでは?happy01

Mozu

| | Comments (0)

2011.07.22

今日の昆虫

菜園の隣は三尺バーベナ、向日葵、百日草、千日紅などの花を植えて、バタフライガーデンを目指しているが、すでに虫たちの楽園になり始めている様子だ。

ヒメアカタテハ

Himeaka

キタテハ

Kitateha

蜂の一種 花粉まみれ

Hanabachi

向日葵の葉上ではシオヤアブのペア

Shioyaabu

ツマグロヒョウモン

Tsumaguro

モンキチョウ

Monkicho

蝶を呼ぶブッドレアを植えたところ、さっそくモンシロチョウがやってきた。

Monshiro

庭のサルスベリにやってきたクマバチ

Kumabachi

| | Comments (0)

2011.07.21

庭の昆虫、花

種から育てた向日葵が元気に咲いている。大中小と植えたつもりだったが、大が不揃い。小の矮化性のヒマワリはほぼ揃って咲いている。夏の元気な花なので、植えたのだけど、今やセシウムを吸収してくれるとして注目の花。この夏は複雑な思いでヒマワリを見てしまうね。

バックの花はノウゼンカズラ、この花も元気な花

Himawari

背の低いヒマワリ群

Himawari3

Himawari2_2

ナデシコ
“なでしこジャパン”の活躍で、ナデシコを買い求める人が多いとか。へぇ~である。転居の時に前の家の庭からもってきたが、しっかり根付いてくれた。寒さにも強く、とても丈夫な花だ。まさに“なでしこジャパン”の名前にふさわしい。

Nadeshiko

イチモンジセセリがヒマワリにたくさん来ている。

Ichimonji

Ichimonji2

ヒマワリの前に植えてある三尺バーベナで吸蜜

Ichimonjiseseri

モンシロチョウも多い

Monshiro

オンブバッタも.....

Onbubatta

カメムシも多い。これはブチヒゲカメムシ

Buchihigekamemushi

ベニシジミ

Benishijimi

ツツジに止まるナツアカネ

Natsuakane

バジルについていた毛虫。何者か分からないので、ただ今飼育中(^^ゞ。そろそろ蛹になるらしい。

Bajiru_2

追記:8月初め、飼育箱を見ると、羽化していた。蛾の名前は不明。

Dsc00681

エグリトラカミキリ?以前は橘山で見かけたが、庭にもやってきた。

Eguritorakamikiri

| | Comments (0)

2011.07.17

庭の昆虫

庭で水やりをしていたら、枯葉が落ちてきた。でも風がないのに横から葉っぱが落ちるのはちょっと変と思って、よく見たら、蛾のエグリバだった。写真から調べるとアカエグリパだと分かった。止まっている状態だったら、単なる枯葉と思ったに違いない。実に巧妙に化けている。これだから昆虫は面白いね。

Akaeguriba2

庭や畑では、とにかくアブの多いこと。ブンブン飛び回っている。シオヤアブが交尾していた。白い尾が見えるので、左が♂のようだ。

Shioyaabu

朝日を浴びてアオメアブが止まっていた。陽に当たると、青いお目目がオレンジに見えた(写真ではよく撮れないけど)。

Aomeabu

Aomeabu2

アキアカネに続いて、ミヤマアカネもやってきた

Miyamaakane

毎日やってくるツマグロヒョウモン♀

Tsumaguro

追記:夕方(7時頃)、雑木林のほうからカナカナとヒグラシの声がした。久しぶりに聞く声だ。ニイニイゼミ、ヒグラシときて、お次は暑苦しいアブラゼミかな?

| | Comments (0)

イカルの声

早朝、開け放した窓から軽やかな野鳥の声がする。一本調子で、しばらく間を置いて、何度も鳴いている。イカルのようだ。カメラを持って、見にいったが、生い茂った葉の陰で鳴いているらしく、見られなかった。語尾がプツンと切れるのが、ちょっと 面白い。

2008年10月に録音したイカルの声。

| | Comments (0)

2011.07.14

ニイニイゼミなど

外からニイニイゼミの声がした。声をたどっていくと、門扉前にある桜の木に止まっているのを発見。地上2メートルくらいだったので、カメラにおさめることができた。珍しいこと。近くの雑木林で1週間くらい前に鳴き声を聞いている。そこから飛んできたのかもしれない。泥のついた抜け殻を見たことはあるが、成虫が止まっているところを見たのは初めてだ。

Niiniizemi2 

Niiniizemi

林縁の虫たち

アカハナカミキリ

Akahana

キボシカミキリ 

Kiboshi

Kiboshi2

クワカミキリ

Kuwakamikiri

シオヤアブ

Shioyaabu

ムシヒキアブの一種 名前不明

Mushihiki

ハグロトンボ 多数見られた

Haguro

コミスジ

Komisuji

| | Comments (0)

最近の鳥 キジ

窓を開け放しているせいか、いろいろな鳥たちの声が聞こえてくる。アァ~アァ~と間が抜けたように鳴く声、子ガラスたちの声だ。家の周辺にいてにぎやか。セッカの声もよく聞こえてくる。田んぼの鳥のイメージが強いが、家のまわりの畑にきているようだ。緑肥用のスダックスで盛んに鳴いているのはオオヨシキリの声。そのうちスダックスは全部刈られてしまう運命。繁殖中なら急いで.....。コゲラが庭に時々やってくるが、葉が生い茂り、なかなか姿が見えない。声で存在を知る。数日前、菜園にいると、頭の上でツィーツィーの声。え?と思って見上げると、電線にカワセミが止まって鳴いているのだった。もう一羽やってきて、西のほうに飛んでいった。ちょっとびっくり。

キジは相変わらず、家のまわりにいて、我が家の菜園を歩いていることもある。用水路のフェンスがお気に入りの場所らしく、リラックスした様子。カメラを向けても動じる様子なし。この辺の主として闊歩している。

Kiji

| | Comments (0)

今日の収穫

今朝も山ほどの収穫。葉っぱに隠れていたジャンボきゅうりを発見。な、なんと目方が1キロ近くもあった。種の部分を除けば、おいしくいただける。ミニトマトは皮が少々固いので、湯むきして冷やしてからいただく。ししとうは煮びたしや油いために。きゅうりは塩麹に漬けて3.5.8(さごはち)漬け風にしていただくとおいしい。一日に10本近く採れるので、冬用に塩蔵もしている。

Dsc00457

7月7日の菜園の様子

Nasukyuri_2

Tomato_2

Suika_2

| | Comments (0)

2011.07.08

クチバスズメ

庭でラジオ体操をしていると、スーッと飛んできて、近くの植木に止まるものが.....。よく見ると、蛾の仲間のクチバスズメだった。スズメガの名前はスズメの羽色のような褐色系の翅からきているのでは?と思っていた。今日、飛んできたクチバスズメを一瞬何の鳥?と思ったほど。その大きさと横顔を見て、スズメっぽいといえなくもない.....なんて感じてしまったのだった。それにしても、チョウの華やかさと違って、蛾の模様はしぶ~い。いつも、着物と重なってしまう。美しい~。

Kuchiba

Kuchiba2

Kuchiba3

| | Comments (0)

2011.07.06

谷川岳一ノ倉沢散策 7/3

日曜日、町の歩こう会の方たちと湯檜曽川沿いを散策してきた。コースは谷川岳パーキング~マチガ沢~一ノ倉沢~幽の沢の往復で、平坦な楽ちんコース。所要時間はだいたい2時間半くらいだった。

ヒメシジミ
コースに入る手前の道端に♂2が飛んでいた。白の縁取りがくっきりと美しい。

Himeshijimi

森林浴をしながら、山道をゆっくり歩く。風がさわやか~。涼しい。

Sansakucourse

ブナにサルノコシカケみ~つけ 4個行儀よく並んでいる

Buna

ギンリョウソウ
群生して見られた。緑の葉がなく、光合成能力をなくした腐生植物。栄養を菌類に頼って生きている。別名ユウレイタケなんて言われている。

Ginryousou

救助訓練のデモンストレーション

Kunren2

Kunren

雪渓が残る一ノ倉沢
沢から吹いてくる風が涼しい。じっとしていると寒くなってくるほど.....

Ichinokurasawa

Dsc00289

山開きのイベント(琴演奏、横笛、野点)が開催されていた

琴演奏

Koto

横笛演奏

Fue

野点

Nodate3

帰りに野点の席でおいしい水上のおまんじゅうとお点前をいただく
おいしゅうございました

Nodate2

Image0902

斜面に咲いていたサンカヨウ

Sankayou2

山道で咲いていたタニウツギの花

Taniutsugi

ウリノキの花
花弁が反り返るくユニークな花

Urinoki

ヨツボシカメムシ

Yotuboshikamemushi2

ニホンザル
人が通る木の上でのんびり毛づくろいなどをしていた。子ザル連れの親子など5~6頭見えた。住み着いているようだ。

Saru

Saru2

| | Comments (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »