« 今週の昆虫、植物 | Main | 5/31 朝の散歩にて »

2011.05.28

ヒナたちの季節

今朝早く、ガラスに何かが当たった音がしたので、見ると、モズ(幼鳥らしい)がタタキでボーッとした様子でじっとしていた。脳震盪をおこしたらしい。大事に至らず、やがて飛んでいった。ホッ。

近くでムクドリが子育てをしているらしく、やってくるカラスを嫌がり、激しく追いかけたりしている。この時期、親鳥たちは、敵からヒナを守ることと餌調達に大忙しである。庭の芝生にも頻繁にやってきて、盛んに芝生をつっつき、虫を探している。ちょっとつっついては、虫(多分コガネムシの幼虫)を引っ張り出しているので驚いてしまう。

Mukudori2

Mukudori4

虫をゲットするとすぐ飛び立ちヒナへ

Mukudori5

ハクセキレイの親子 5/26
親よりふっくら見える幼鳥。親鳥はそばにやってきて口を開ける子どもに餌を与え続けて、自分が食べる余裕はないようだ。身を削っての子育て、親は大変だねぇ~。

Hakusekirei2

Hakusekirei3

コチドリ 5/26
メッシュ調査(鳥類生息密度調査)で早朝から富士見町原之郷~小暮まで往復8キロを歩く。往路途中、チドリらしき声を聞いたものの、大きな河川があるところではなく、移動している途中なのかなぁと思っていた。復路、時沢あたりで、声とともに飛ぶ姿が見え、畑におりるコチドリを確認する。

Kochidori

よく見ると、成鳥がもう一羽いた。そしてさらに驚いたことに、巣立って間もないと思われる幼鳥が2羽チョコチョコ走っているのが見えた。え??こんなところで繁殖したということだろうか??利根川の中洲で巣作りしているコチドリなら見たことはあるが、道路と民家に挟まれたような畑で繁殖したのだとするとびっくりである。近くで農作業している人もいるのに.....。

幼鳥が畑の先の道路脇をトコトコ歩いていた。あまりにも小さくて、すぐ見失ってしまった。

Kochidori2

親鳥が変な行動をはじめた。はじめ何をやっているのだろう?と思ったが、すぐに敵をあざむこうとする擬傷行動だと分かった。ヒナを守るために、敵が近づいたときに親鳥がケガをしたかのような行動をして注目させ、ヒナから敵を離そうとする。キジの♀がこの行動をしているのを見たことがある。遠くからカメラを構えていたのを敵だと思われたようだ。これはマズイと思い、その場を後にした。

Kochidori4

それにしても、民家のそばでの道路脇の畑(田んぼかもしれない)で、抱卵するには、ちょっと危険ではなかったのかと思うが、畑作業(田植え)前に繁殖ができるとコチドリが知っていたとすると、スゴイことだ。声もなく、じっとしていたならば、ここにコチドリがいるとは全くわからなかったと思う。

|

« 今週の昆虫、植物 | Main | 5/31 朝の散歩にて »

Comments

tazawaさん、情報、ありがとうございます。

畑で繁殖は珍しいことではないのですね。河川敷のように、石がゴロゴロしているわけでもなく、またトラクターが稼働すれば、コチドリにとってはとても危険ですし、それにどこにも隠れる場所のないような畑でしたので、意外でした。もっとも道路脇には草むらがあるので、ヒナたちにはいい隠れ場所かもしれません。畑にいるコチドリは見たことがありますが、ヒナ連れは初めて見ました。

Posted by: せきれい | 2011.05.30 at 06:26

いろいろお世話様です。
伊勢崎の農耕地帯でも繁殖しています。
ごぼうの葉っぱの下で繁殖している様な事も有る様です。
又、砂利の駐車場や野球グラウンド等の繁殖例もあったと思います。

Posted by: tazawa | 2011.05.28 at 14:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の昆虫、植物 | Main | 5/31 朝の散歩にて »