« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

2011.02.28

窓越しバードウオッチング(19) スズメなど

2~3日前から、スズメがようやく数羽、庭にやってくるようになった。非常に用心深く、あまり長居もしない。

2/26

Suzume

2/26 水浴びの好きなメジロ

Mejiro

今日は一日雨だったので、ひさしのあるところに餌を移動。すぐやってきたのは、ヒヨドリ。そして、シジュウカラだった。他の鳥たちは遠慮していた様子......。

Shijyukara

Shijyukara2

| | Comments (0)

2011.02.27

早春の花たち ザゼンソウなど

水質調査で、細ケ沢川上流へ。ザゼンソウが咲き始めていた。今の時期、例年なら雪が周りにあるのだが、今年は雨で融けたのか、全くなかった。

Zazenso_2

民家の庭先に咲いていた、咲き分けのツバキ

一本の木に色違いのツバキが咲いている。

Tsubaki

Tsubaki2

庭の片隅にひとつだけ咲いていたショカッサイ(ムラサキハナナ)

Shokassai

一日花のオオイヌノフグリ

Ooinufuguri

| | Comments (0)

2011.02.26

朝の散歩にて(10) アオサギ

アオサギがフワフワ飛んできて、高い木のてっぺんに止まった。これからどこへ行こうかな、キョロキョロといったところだろうか。ところが、ノスリの姿に驚いたのか、すぐに飛んでいってしまった。ノスリには襲われないと思うけどね。

Aosagi

Aosagi2

よくノスリに出会う。いつもとは別の場所だったが、ノスリもアタクシ同様、大体同じテリトリで動いているらしい(^.^)。お日様を浴びながら、のんびりとした様子だった。

Nosuri

| | Comments (0)

冬芽 Part8 キウィフルーツ、コブシ

今朝はまた冬に逆戻り。水盤の水も凍っていた。

キウィ

葉痕は円く、へこんでいる。冬芽は枝のふくらんだところ(葉枕)から少し顔を出している。

Kiwifruit

コブシ

花芽は毛でおおわれていて暖かそう。葉芽は小さく、毛が目立たない。小さな葉痕はV字形で、維管束痕がきれいに並んでいる。

Kobushi4

冬芽ではないが、ガガイモの殻を見つけた。散歩で通るところだが、草に覆われていて、今まで気が付かなかった。当然実は割れていて、種がすべて飛んでなくなっていた。でも小さな実が1個だけ残っていてぶら下がっていた。中を開くと、長い毛がついた種がびっしり。タンポポの種のように、風に乗って散布される。

手元にある週刊朝日百科「植物の世界」によると、若い果実は緑色で、オクラのように食べることができるとある。一度是非試してみたいもの。この場所をよく覚えておこう。この白い毛は綿の代用として、針山や印肉に使われたらしい。へぇ~。一度試してみよう。

Gagaimo3

Gagaimo

| | Comments (0)

2011.02.25

朝の散歩にて(9) カワセミ、イカル、キタテハ

朝は途中で手袋が不要なほど、暖かい朝だった。昼間は20度を越えたらしく、汗ばむ陽となった。

カワセミ

大堰川上流で、カワセミのペアに出会う。このペアの他にもう1羽?いるらしく、さかんに鳴いていた。縄張り争い?
左が♀、右が♂。♂が伸びをしているような恰好に見える。警戒しているのだろうか?暗い場所だったので、こんな画像しかとれず......。

Kawasemi2

カワセミの声(少なくても3羽)
     ↓
 

イカル
同じ場所近くで、かすかにイカルの声が聞こえたので、探すと、木上に3羽止まっていた。

Ikaru

今年初のチョウ キタテハ

この冬は寒かったので、なかなかチョウに出会えなかったが、今日は昼間、キタテハが数か所で元気に飛んでいるのが見られた。この暖かさにいっせいに目を覚ましたらしい。厳しい寒さをどのようにやり過ごしていたのだろうか。越冬チョウを見ると、本格的な春がそこまでやってきたことを知る。

Kitateha2

| | Comments (0)

2011.02.24

冬芽 Part7 ニシキギ、エンジェルトランペット

日増しに夜明けが早まってきた。冷え込みもなく、春間近な感じがする穏やかな朝となる。

ニシキギ
今朝はニシキギの植わっているそばを通ったので、冬芽を観察。このニシキギにはよくキバラカメムシがついているが、今の時期はどこかで越冬中のはず.....。

半円形の小さな葉痕、ハンドブックによると維管束は1個とあるが、ルーペを忘れて、目視だけでは、確認できず....。冬芽の観察にはルーペは必携なり。右の冬芽、側芽のほうが、頂芽より大きく見える。

Nishikigi

エンジェルトランペット
葉っぱが落ちると、一体何の木だったのか、分からなくなる。しばし考えて、確かここにはエンジェルトランペットがあったはずと思い出した。いつも通っている道なのに、意外と何が植わっていたのか覚えていないものだ......。

葉痕の上にある丸いものは何....? 右端の枝を見ると、その丸いものの上に冬芽がありそう....。ハンドブックには載っていないので、自分で見極めるしかない。要チェックなり。

Fuyume_angels_trumpet

枝で朝日を浴びながら、じっとしていたクモ。わずか1センチ足らずの大きさ。アシナガグモの一種ではないだろうか。

Ashinagagumo

| | Comments (0)

2011.02.22

冬芽 Part6 クリ

今朝はクリを観察。冬芽がクリの実にそっくり。

Kurifuyume

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング(18) ヒヨドリ

うちのヒヨドリ君、3日前の日曜日から、ホバリングをして、メジロ用のジュースを飲んだり、シジュウカラ用の松ポックリ(ラード)を食べるようになった。見かねて、ヒヨドリ用にジュースを入れた容器を下に置くようにしたのだが、なんと、いつのまにか、飲みほしていたのだった。もっと欲しいとばかりにホバリングまでして小さな容器から一口、また一口と飲んでいるようだ。大変なエネルギーを使って、ご苦労様。あのくらいやれば、ダイエットになるなぁ~なんて、自分に置き換えて思ってしまったbleah

Hiyodori3

Hiyodori2

Hiyodori

ひまわりの種を入れた容器の場所を移動したら、太っちょのシメが止まるようになった。安定がよかったのかな?シジュウカラの分まで食べないでね。

Shime

| | Comments (0)

2011.02.21

朝の散歩にて(8) モズの求愛ダンス

朝の散歩へ。曇っていて、冷え込みもなく穏やかな朝。

ノスリ

街灯の上に止まっていた。いつものノスリのようだ。

Dsc08977

オオタカ

林の中で、ケッケッケッと強く鳴く声に、姿を探すと枝の向こうにオオタカの姿が見えた。♀のように見えるが.....。

Dsc08986

Dsc08987

モズの求愛ダンス

Mozu_3

家への帰り道、8時近く、可愛らしい声が聞こえてきた。隣家の庭木にモズのペアがくっつくようにして止まっていた。鳴いているのは♂。あのいつものモズとは似ても似つかぬやさしい声だ。ヒバリのさえずりのように聞こえる。♂は首を伸ばすようにして、体を左右に動かしていた。♀への求愛ダンスをしているのだった。

♂ 「見てよ、僕のこの黒いシャドー、格好いいだろう」
♀ 「フン、どこが....」
♂ 「お願い!見てよ。」
♀ 「顔洗って、出直してらっしゃい。ついてこないで......」

なんて言ってたかどうかは知らないけど、どう見ても♀は気が乗っていない感じ。涙ぐましい♂のダンスもさえずりも♀には通じないのか.....。か、かわいそう........。がんばれ~~。

| | Comments (0)

2011.02.19

冬芽 Part5 ニセアカシア

今朝はニセアカシア。大木では観察できないので、若い木を探す。冬芽はどこ?なんと冬芽は葉痕の中にあるのだそう.....。よく見ると、三つに裂けた中央から、冬芽が顔を出しているのもあった。それにしも、悪魔の顔、いろいろ.....。鋭い棘が悪魔の雰囲気をかもしだしている。

Niseakashiafuyume2

| | Comments (2)

窓越しバードウオッチング(17) ツーショット

窓越しに鳥たちを見ていると、力関係が見えてきて、面白い。

シメとハクセキレイ
お互い我関せずといった感じ.....

Shimehaku

ムクドリとハクセキレイ
ムクは自分より小さな相手には、敵対心はあまり強く見せないが、近寄りすぎると、シッシッーといった感じ.....

Hakumuku

ムクドリとツグミ
大きさが変わらないツグミに対しては、“ちょっと、邪魔よ”と敵対心を見せる感じ.....
ツグミは“ハイハイ”といった様子で、スタスタ逃げるが、スキを見て、またすぐやってくる(^.^)

Mukutugumi

シメとツグミ
“あらぁ~、シメさん、こんにちは”といった感じ.....(^.^)

Shimetsugumi

松ポックリにつめたラードを食べるシジュウカラ

Shijukara

今日はウグイスもやってきていたが、ホーホケキョはまだのよう......

鳥たち、気を付けて。敵が時々やってくるよ......。ハクセキレイをじっと見ていた。アタクシ思わず、こらぁ~~!!

Cat

| | Comments (0)

2011.02.17

冬芽 Part4 クワ、イチジク

今朝は水盤に氷が張ってなかった。久しぶりに氷点下にならなかったようだ。今にも雨が落ちてきそうな空模様の中、散歩へ。

クワの冬芽と葉痕を 観察。養蚕をしていた方が亡くなり、桑畑も消える運命.....。

Kuwa_2

イチジクの冬芽と葉痕
維管束が丸く並んでいるのがユニーク

Ichijiku

Ichijiku

| | Comments (0)

2011.02.16

ナナホシテントウ

洗濯物をたたんでいたら、タオルにナナホシテントウがついていた。暖かさに目を覚ましたらしい。啓蟄までもう少しお休みなさいな....と、ツバキの葉に乗せてあげた。

Dsc08867

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング(16) 水飲み、水浴び

庭の常連さんは、現在、ツグミ1羽、ヒヨドリ2羽、ムクドリ3~4羽、メジロ2羽、シジュウカラ2羽、ハクセキレイ2羽、シメ1羽などである。今日はスズメが地面に下りたので、置いてあるアワなどを食べに来てくれたかと思ったが、すぐに飛んでいってしまった。スズメは身近な鳥で、人間と密接な関係にありながら、小鳥の中では、一番野性味が強いと思う。

Suzume

今日は暖かくなったせいか、鳥たちが入れ代わり立ち代わり、水を飲みにやってきた。キョロキョロしながら、せわしなく飲む。野鳥たちは常に身の安全を確認するのが習性.....。

ヒヨドリ

Hiyodori

シメ
嘴はまだピンク。もうすぐ鉛色に変わってくる。

Shime

シジュウカラもメジロも水を飲みによくやってくるが、今日は何度も水浴びにもやってきた。見ていると、こんなことを言っている感じ.....。

Mejiroshijyuukara2

| | Comments (0)

朝の散歩にて(8) コサギ、ノスリなど

寒い朝、庭の水盤もバリバリに凍っている。久しぶりに桃ノ木川を歩く。コサギ、アオサギはいつものところにいた。塒にしているようだ。コガモが多く、他にヒドリガモ、キンクロハジロなど。

アオサギ
網越しに見ているのだけど、私を気にしている様子。サギ類はとても警戒心が強い。

Aosagi

コサギ8羽

Kosagi

この冬常駐しているらしいノスリ
川幅30m足らずの細ケ沢川のフェンスに止まっていた。対岸を犬を連れた人が通っても気にする様子はない。で、私がカメラを構えると、嫌がって飛んでしまった。野鳥は注目されるのを嫌がる。野生の生き物たちと付き合うのは、無視が一番。でもバードウオッチャーは無視できないのよね。ほどほどに距離を置いて、遠くから眺めて楽しむのがよい付き合い方.....。

Nosuri

近くの木に止まったところ

Nosuri2

別の木に止まったものの、カラスがちょっかい。また飛んでいった。

Nosuri3

| | Comments (0)

2011.02.14

冬芽 Part3 クズ

今朝も林縁で冬芽観察。冬の林縁は朽ちた草などで、荒れた状態。クズがあったはず.....と探す。朽ちた草の下に長い茎が横たわっていた。クズの葉痕も、いろいろな顔をしている。

Kuzu

文一総合出版の「冬芽ハンドブック」をゲット....

Image066

広葉樹200種の冬芽が載っている。ハンドブックながら、きれいなスキャン画像、丁寧な説明、検索表もあり、役に立ちそうである。
先ずは、わかっている樹木から挑戦しよう。毎日歩いている林縁なのに、葉の落ちた木を見て、何の木だったっけ.....?と首をかしげることの多いこと。真冬の冬芽観察は、楽しみながら木を知ることにもなるにちがいない。

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング(15) カワラヒワ

今日は珍しく、カワラヒワが1羽、庭にやってきた。毎朝、家の前の電線に集団でズラリと並んでいるカワラヒワたちだが、庭に来たのは初めて。勇気ある1羽かな?でも落ち着かないらしく、すぐに飛んでいってしまった。好物のヒマワリの種、あるよぉ~。

Kawarahiwa

夕方、メジロが水浴びをしていた
ちょーかわいい

Mejiro

| | Comments (0)

2011.02.13

冬芽 Part2 ヌルデ、ニワトコ

風は少しあるものの、抜けるような青空の一日だった。
林縁で冬芽を探す。葉っぱが落ちると、何の木なのか、さっぱり分からなくなる。この動物顔の冬芽と葉痕の持ち主は誰だったか.....? 樹皮ではまるで分からない。 しばし考えて、そだ、確かこの辺にヌルデがあったはずと思い出した。

微妙に違う顔、並べてみた..... こんな顔の動物がいたような....

1nurude

2nurude

こちらもしばらく考えて、気が付いた。春一番早く芽吹く、ニワトコだ!
葉痕は可愛い女の子顔?大きな花芽は春になると、花と葉が一緒に出てくるはず.....

1niwatoko

今日の赤城山と榛名山

Akagi

Haruna

林縁にいたカシラダカ
頭が大分黒くなって、夏羽に移行中のようだ

Kashiradaka

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング(14) シジュウカラの水浴び

シジュウカラが水盤で、思いっきり水浴びをしていた。
昨日の1時過ぎ。

Mizuabi

ミカンの上に乗って食べているメジロ。容器の端っこに止まって食べるより、楽ちんらしい。
窓越しではなく、5mくらい離れたところから撮った画像。メジロは近寄っても逃げない。

Mejiro

| | Comments (0)

2011.02.12

雪景色

朝起きると一面雪景色。長靴をはいて近くをちょっと散策。北海道生まれの私にとって、雪景色は懐かしい原風景......だが、足がつめた~い。北国仕様の長靴じゃないもんね。

昨日のお昼頃の庭 ぼた雪が降り始めた

Garden

朝起きると......

Garden2

赤城山

Akagi

榛名山

Haruna

ケヤキ

Keyaki

林の中も、雪、雪

Hayashi

鳥影は少なかった

ヒヨドリ

Hiyodori

ツグミ

Tugumi

| | Comments (0)

2011.02.10

冬芽 Part1 紫陽花

公園の脇に植えられた紫陽花の冬芽を観察。ターバンのように見える頂芽、葉痕は可愛いおサルのような顔、万歳している側芽。童話の中にいるような面々たち.....。

Ajisai2

勢揃い

Ajisaitachi

| | Comments (0)

2011.02.08

福寿草開花、庭の鳥たちetc

庭で、フクジュソウが咲き始めた。別名、元日草。旧暦のお正月だがら、暦どおりの開花といえる。

Fukujusou

Fukujusou2

メジロ2羽は毎日やってくる。かなり近寄っても逃げない。

Mejiro

シジュウカラ、メジロ2羽、シメが一枚におさまったワ

Shijyukarashimemejiro

カオジロガビチョウとムクドリたち

24kaojiromuku

切り干し大根にやってきたアブ
メジロたちを見ていたら、切り干し用に干してあるダイコンにアブがスーッとやってきて、しばらくダイコンの中に......。冬のダイコンは甘いので、汁を吸いにきたとか.....??

Kiriboshiabu

| | Comments (0)

朝の散歩にて(7) 捕食者は......

朝の散歩へ。まだ氷点下ながら、寒さが大分やわらいできた。水盤の氷も厚さが薄くなっていた。

いつもの雑木林へ。鳥の羽が2か所で散らばっていた。それほど古くない。捕食者は、最近毎日のように姿を見ているオオタカではないかと思われる。2006年を最後にこの雑木林でのオオタカの繁殖はなくなってしまったが、狩場にはなっているようだ。

キジの羽

Kiji

カケスの羽

Kakesu

林縁にはカシラダカが多い。30羽以上はいるようだ。

Kashiradaka

コゲラ

Kogera

エナガ そろそろ巣作りの時期だが........

Enaga

ホオジロ このような環境が似合う.....

Hoojiro

ハシブトガラス 2/6 
農道の電線などにおびただしい数のカラスが.......。見渡しても特に餌場となるような場所でもなく、不思議。見る限り、すべてハシブト。変わったカラス(ミヤマなど)いないかなぁと目を凝らしたが、ぜ~んぶ、ハシブトのようだった。

Hashibuto

| | Comments (0)

2011.02.03

窓越しバードウオッチング(13) スズメ

ようやくスズメがやってきた
給餌台にアワなどを置いてあるのだが、まだ下りてくる勇気はないようだ。苦手なヒヨドリがいることだし、しばらくは様子見かな?

Suzume_2

メジロがミカンにやってきた。
夕方帰宅すると、2羽のメジロがミカンを夢中で食べていた。ようやくミカンに気づいてくれたようだ。以前住んでいた家のヒヨドリがこの小さな入れ物にしがみついて、ミカンを食べていたが、ここのヒヨドリはそこまでの芸当はできないらしい。そのうちやるかもしれないが、今のところ、メジロ専用のミカンだ。

Mejiro

Mejiro2

ツグミが給餌台に.....
この後、松ポックリめがけて飛び降り、ラードをゲット。なかなかクレバー.....。

Tugumimejiro

| | Comments (0)

浅間山、榛名山

今朝は寒さがやわらぎ(といってもまだ氷点下)、散歩が終える頃は汗ばむほどだった。

夜明け(6時54分)
太陽に向かって歩く.....。朝のこの真っ赤な太陽がいいのよね。

Yoake

浅間山を眺めていたら、オオタカが頭上を飛んで行った

Asama

浅間山と榛名山
手前の柵は上武道建設予定地

Asamaharuna

| | Comments (0)

2011.02.02

朝の散歩にて(6) ノスリ

寒さの底は抜けたといえ、早朝はまだまだ寒い。いつもの?ノスリが止まっていた。

Nosuri

雑木林では、シジュウカラ、エナガ、コゲラの混群がにぎやかだった。

コゲラ

Kogera

| | Comments (0)

窓越しバードウオッチング(12) カオジロガビチョウ

この辺りでは普通種になった外来種のカオジロガビチョウ数羽が、朝7時前に庭にやってきた。いつものビービーとかチヨチヨの大きな声はまったくなし.....。

Kaojiro

午後やってきたシメ

Shime

| | Comments (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »