« 庭の虫(5) | Main | 庭の虫(6) »

2010.09.03

朝の散歩にて(2)

今朝は風がさわやか、秋を感じる。空を見上げると、秋っぽい筋雲がたなびいていた。暑い暑いといっても、季節は確かに秋に向かっているようだ。

榛名山と雲

Kumoharuna

雑木林のクヌギには、カブト、クワガタの姿はなく、チョウたちが多かった。

スズメバチが来ていた。

Suzumebachi

ゴマダラチョウ

Gomadara

キタテハ

Kitateha

雑木林の水路にいるオニヤンマ
そろそろオニヤンマの姿も見納めである。何かを口にくわえて、止まった。

Dsc06575

アップにしてみると、どうやらアブをつかまえたらしい。

Dsc065752

帰りにみると、同じ草の先端に止まって、休んでいた。

Dsc06588

道端でカンタンが鳴いていた。カンタンは山では普通に聞かれるが、散歩コースの平地で聞いた記憶がない。今まで気が付かなかっただけなのか。道端で聞けるなんて、な~んか得した気分。早いテンポで鳴いていた。姿を探したいと思ったが、斜面の下のほうで鳴いていたので、あきらめた。

大堰川の下流でカワセミの姿。上流ではペアを見ているが、そのどちらかだと思う。

Dsc06574

庭には昨日、今日とまたオオヨシキリの若鳥たちが数羽(2羽いることは確実)やってきていた。また珍しくコゲラ(多分若鳥)も来ていた。自然界では無事生まれても、天敵が多く、生き延びるのは容易ではない。私たちが目にしている生き物たちは、様々な危険を乗り越え、幸運で、たくましい生命力のある生き物たちばかりなのかもしれない。

|

« 庭の虫(5) | Main | 庭の虫(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 庭の虫(5) | Main | 庭の虫(6) »