« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

2010.04.30

夏鳥飛来 オオルリ、エゾムシクイ、コムクドリ

ようやく、夏鳥のオオルリ、エゾムシクイを初認。他にキビタキ、センダイムシクイもきていた。今日は夏鳥たちがよく鳴いていた。また思いがけず、渡り途中のコムクドリに会うことができた。この林では初めて見る。

桜に止まるオオルリ
逆光でうまく撮れず.....

Ooruri

Ooruri2

キビタキ、オオルリがよくさえずっていたのだが、近くでトラクターが大きな音をたてていて、さえずりがかき消されていた。ようやく音がやみ、オオルリのさえずりを聞くことができた。

桜に止まるキビタキ
本来ならとっくに葉桜になっている時期。かろうじて花が残っている桜と一緒の画像も珍しいこと。

Kibitaki

浅黄色に芽吹いた木とキビタキ

Kibitaki2

コムクドリ
これから北へ移動だろうか。

Komukudori

Komukudori3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.28

庭で鳴くコジュケイ

5日前ほどから庭周辺に出没しているコジュケイだが、ついに、堂々と体をさらして庭の木の上で鳴きはじめた。普通、コジュケイはヤブの中にいることが多く、人さまの庭にやってきて、体をさらして鳴くなんてあり得ないはず.....が、実際あり得た.....。午後3時前のこと。どうなっているのだろう。木上でリラックスしている様子で、時々羽づくろいをしたり、頭をかいたり、尾羽をあげてフンなんかしたりしている。そして、時々体を伸ばして、チョットコイと鳴いていた。コジュケイが鳴く姿を初めて見たsmile

地面から50センチくらいのところにとまっているコジュケイ

Niwa

Kojukei

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツマキチョウ

雨上がりの午後、お出かけついでに、ツマキチョウを見にいく。晴天の日は、ほとんど花にとまらず飛び続けているので、まともに画像をゲットできない。ようやくタンポポに止まり、吸蜜しているツマキチョウの♂の画像が撮れた。♀はどこかに飛んで行ってしまった.......。

Dsc04212

Dsc04216

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シメの♂♀識別点

今朝、キョ、キョ、キョという聞き覚えのある声が庭から聞こえた。え?シロハラがもどってきたの?と声のするほうを見ると、なんとアカハラだった。今はアカハラの移動時期でもあるらしく、26日には雑木林で姿を見ている。モズが近くにいたので、あわてて、飛んでいってしまった。アカハラのキョ、キョの声はシロハラとそっくりで、姿を確認しないとどちらとも言えないようだ。

シメは20日頃を最後に姿を見せなくなった。庭のレストランも閉店したので、食べ物(ヒマワリの種)がない庭には用なしといったところかな。今年は♀がしばらくやってきていた。昨年は♂だった。2羽を並べて比較すると、♂♀の識別点がよく分かる。私の手元にある図鑑には、♂♀の識別については触れている記載がない。ベテランの方に、「日本の野鳥590」には、“♀は♂にくらべてやや淡色で、次列風切外弁が汚灰色。目先は褐色みがある”と書いてあると教えてもらった。

目先が黒いのは♂の特徴だが、ただ個体差があるので、判断に迷うこともある。♂と♀を並べた画像を見くらべると、次列風切の外側の羽の色が明らかにちがう。この羽の色が識別の一番のポイント。納得である。ただ、光の具合で、♂の次列風切外弁が白っぽく見えることがあるが、♀のようにはっきりとした灰色ではないので、区別がつく。

上の画像では、嘴の色が、3月中旬では、まだ肉色、4月の画像では、繁殖期の鉛色になっているのが分かる。

Shime_2

Shime4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.25

夏鳥飛来 キビタキ、コサメビタキ

家の近くで夏鳥を見られるのは、今の時期だけなので、朝、近くの雑木林に日参している。今日はセンダイムシクイの他に、キビタキ、コサメビタキを初見。オレンジ鮮やかなキビタキ、まあるいお目目のコサメビタキを見ると、いよいよ夏鳥たちのシーズンの始まりだと感じる。活発に動き回っていたので、画像は証拠写真程度.....(^^ゞ。

キビタキ

Dsc04109

コサメビタキ

Dsc04116

センダイムシクイ

Dsc04112

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初見の蝶たち コミスジ、ヒオドシチョウ

コミスジ 4/24

Komisuji

ヒオドシチョウ
昨年は見損なったが、今年はボロボロになった越冬個体を見ることができた。かなり遅い初認。この林では数が少ないながら、ほぼ毎年見られる。Webページへ

Hiodoshi

ヒメアカタテハ
この春羽化した個体だろうか?かなり小さい。

Himeaka

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒメクロオトシブミなど

道路わきのノイバラの葉に、小さなオトシブミを発見。ヒメクロオトシブミだ。あまりに小さいので、クローズアップレンズをつけないとうまく撮れない.....。もうすぐ、葉を巻いて、小さな揺籃を作る。オトシブミのシーズン到来である。

Himekuro

メスアカケバエ
観察会の下見で赤城白川を歩く。川岸にケバエが大発生していて、ものすごい数。自転車の女の子たちが‘虫が~~!!’とキャーキャー言って通っていった。ツバメさんのように口を開けて自転車に乗れば、かなりの数をキャッチできそう......bleah。♀は頭とお腹が赤い。

Dsc04143

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.23

庭にコジュケイ出没

今朝9時ごろ、耳元に響く、チョットコイ節が聞こえた。あまりにも大きな声なので、庭か隣地かと外に出て探してみる。どうやら一羽のコジュケイが庭と隣地の境目あたりでウロウロしているようだ。時々大きな声で鳴いている。仲間とはぐれたのか。声に反応して、遠くからチョットコイと鳴く声はなし.....。一日出かけていて、夕方戻ってみると、まだ、鳴いていた。北側に頻繁に車が通る道路があるのだが、多分その道路を横切ってきたと思われる。このままいるつもりだろうか。早く仲間のところに戻れるといいけど.......。

Dsc04096

追記:4/25現在まだいるのか、気にいって、時々やってきているのか、朝5時過ぎに、寝ている枕元(のように感じる)で、チョットコイ節が炸裂。バッチリ目が覚めてしまった。あまり早いと寝不足になってしまうよ。やめて~~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.21

夏鳥飛来 センダイムシクイ

いくらなんでも夏鳥が来ているに違いないと期待しつつ、早朝散歩へ。風がやや強く、山々は、くっきり見えていた。

すっかり雪がとけた榛名山と飛行機雲

Haruna

いつもの林は、カラ類で大賑わい。メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラたちが飛び交っていた。夏鳥たちの声も姿もなく、帰りかけた時、お!センダイムシクイの声が.....。姿も確認。ようやくやってきた夏鳥の先陣。これから通過していく鳥たちも増えるだろう。楽しみなシーズンの到来である。

センダイムシクイ
昨年の初認は4月18日だった。今年はやや遅い。
よく動くので、まともな画像はこんなのしか....despair

Sendaimushikui

メジロ、コゲラ、ヤマガラ

Kara

民家のそばでは、ナシの花が満開だった

Nashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.20

ノビタキ通過中

朝の散歩で、細ヶ沢川そばを歩いていたら、手前に黒い頭の鳥が止まった。ワォ~!夏羽のノビタキだった。昨年7月に北海道の根室で見たが、なんと4月に群馬で見られるとはラッキー。秋の渡りの時にはこの川の近くの田んぼにしばらく滞在して行ってくれるが、秋は冬羽なので、地味な色合いのノビタキしか見ていない。春の渡りでは滞在せずに通り過ぎて行くだけなので、夏羽の個体に会うことはめったにないこと。まさに一期一会である。

Nobitak4

Nobitak6

犬がやってきたので、ノビタキはすぐに飛んで行ってしまった。
同じところにいた、こちらも間もなく山の方に移動するアオジの♂と♀

Aoji1

Aoji2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シメとモズ

シロハラは移動したらしく、今日は一日現れなかったが、シメはまだやってくる。ヒマワリの給餌は終了しているのに、物欲しげにウロウロしている。窓越しに見る私の姿は見えないらしく、距離にして2~3mの近さ。ドアップの写真が撮れた。

Shime2

急にピタリと動かなくなってしまった。どうしたの?

Shime4

と、すごい勢いで、モズが降りてきたので、私もびっくり。シメは度肝を抜かれてあわてて飛び去った。シメを見ていて気がつかなかったが、モズは上で獲物を狙っていたようだ。コガネムシの幼虫?を引っ張り出し食べていた。コガネムシの幼虫は草の根元にいることが多いが、当然土の中。どうしてソコにいることが分かるのかな?いつもながら、モズの目の良さには脱帽である。

Mozu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.19

アリスイ一休み、クマバチの目覚め、クビキリギスが鳴く

本日のびっくりは、庭にやってきたアリスイ!木に止まった鳥を見て、え?と思い、双眼鏡で覗くと、な、なんとアリスイ。移動中にちょっと休憩していったようだ。夕方5時ごろのこと。手元にカメラがなくて、画像をゲットできなかったのが、残念。冬鳥たちの移動の時期。こんなこともあるのね。

ライラックの白い花の香りが漂っている。そろそろかな?とクマバチの穴を覗くと、黒い物体が動いているのが見えた。今日の暖かさとライラックの甘い香りにクマバチたちもお目覚めのようだ。もう少し暖かくなると、外に出てくるはず。何匹いるのか?3年連続、3世代のクマバチが同じ巣を利用したことになる。

追記:4月20日撮影 ♂の姿が見えた

Kumabachi

夕方7時ごろ、虫の声が.......。春に鳴く虫といえば、クビキリギス。我が家の庭で無事越冬できたようだ。まだ初夏とは言えない気候のせいか、耳を押さえたくなるような高い音ではなく、すぐに鳴き終わってしまったが、今日が暖かかった証拠........。

声→

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嶺公園にて

久しぶりに嶺公園に行ってみた。今日は気温が19度まであがったようだが、季節が足踏みをしているせいか、夏鳥たちはまだのようだった。

まだ咲いていたミズバショウ

Mizubasho

カタクリもかろうじて.....

Katakuri

林のいたるところに咲いているスミレ類、今が見ごろ

マルバスミレ

Maruba

ニオイタチツブスミレ

Nioitachitsubo

小さなヒメスミレ

Himesumire

ウグイスたちはそこかしこで鳴き比べ

Uguisu

名残りの桜にメジロ

Mejiro

ピクニック広場に落ちていたエナガの巣
天敵に襲われたのだろうか........

Enaga

沼にはカイツブリが5羽いたが、ペア2組?が二手に分かれて喧嘩している感じで鳴き交わしていた。2羽のペアがすごい勢いで水面を走る行動を繰り返していた。威嚇?しているように見えたが....、一体なんだったのだろう。

Kaitsuburi
帰り道の雑木林で

キケマンの群落

Kikeman

楚々としたフデリンドウ

Fuderindo

Fumei

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.18

甘楽町にて

見納めの雄川の桜 

Sakura1

八重のしだれ桜は見ごろ

Sakura7

カジカガエルの声
いつ聞いても、心地よい

声→

初見のカワトンボ♀ 
羽化したばかりらしく、よく飛べない様子。笹に止まらせて記念撮影。

Kawatonbo

Kawatonbo2

ヒメオドリコソウの群落 画像は一部を切り取ったもの。これほどの群落見たことがないほどびっしりと広がっていた。

Himeodoriko

大塩湖にて
桜の花びらを食べるヒドリガモ  桃ノ木川でも食べているのを見ているが、他のカモが桜を食べているのを見たことがない。ヒドリガモは好物のよう.....。

Hidori

桜の木で越冬していたヨコヅナサシガメの幼虫
間もなく脱皮して成虫になるはず.....

Yokodunasashigame

桜の木の下で見つけた春のキノコのアミガサタケ
食べられるキノコだが、まだ食したことなし.....。

Amigasatake

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.17

今日の山、蝶、花、鳥

昨夜から季節外れの雪になり、朝まで残っていたが、日差しが出て、その雪も解け、昼間はやや暖かくなった。春を探しに、出かける。

新坂東大橋から見た赤城山

Akagi

左から榛名山、小野子山、子持山、赤城山
(貼り合わせてみるとこんな感じに。実際は西に榛名山、北東に赤城山)

Yama

イソシギ(利根川にて)

Isoshigi

水たまりで水浴びするカワラヒワ

Kawarahiwa

スミレたち(橘山にて)

タチツボスミレ

Tachitsubo

アカネスミレ

Akane

スミレ

Sumire

オトメタチツボスミレ (距だけが色づく白花品種)

Otome

ミヤマセセリ(橘山にて) たくさん飛んでいた
他にアゲハ、ルリシジミ、スジグロシロチョウなど

左♂ 右♀

Miyama

テングチョウ(利根川にて)

Tengucho

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.15

シロハラのさえずり

庭に長期滞在中のシロハラだが、今日現在まだいる。よほど居心地がいいのだろうか。このシロハラが庭を縄張りとしているせいか、毎年やってくるツグミが、庭周辺にいるものの、中まで入ってこれない様子だ。一度シロハラが、近くでクェクェと鳴くツグミの声に大きく反応していた。同じ仲間とはいえ、縄張りに侵入は許さないようだ。

3月頃から、さえずりのような声がよく聞こえるようになった。姿を探しても、茂みで鳴いているらしく、確認することができないでいた。どうやらこのシロハラがさえずっているようだ。蒲谷鶴彦氏の「日本野鳥大鑑鳴き声333」によると、渡去する前にさえずることがあるという。CDを聞くと、声の質が同じようで、本格的ではないが、シロハラのさえずりに間違いないと思う。

Dsc03532

声→

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/13 見納めの桜

早朝散歩へ。前日(12日)は一日中冷たい雨が降り、翌朝は晴れたものの、風がやや強く、花散らしの雨と風で、桃ノ木川の桜も見納め......。花びらが雪のように舞っていた。

護岸のコンクリートにも花びらがびっしり

Sakura_2   

赤城山を望む

Sakura3

Sakura2

道路もこの通り

Sakura4_2

Sakura5

雑木林の桜と赤城山

Sakura6

Sakura7

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/8 砂浴びするスズメ

庭にはいろいろな生き物がいて、地下活動しているモグラも庭の一員。モグラが土を下から盛り上げるモグラ塚は、ちょっと迷惑行為で困るのだが、下から掘り起こされた土を利用する生き物もいる。スズメだ。砂浴びをするには都合がいいらしい。3羽が同時に派手に土を撒き散らして砂浴びをしていた。手前の1羽が頭掻きをしているのも見られた。左上では2羽が入って、身動きできない様子。2羽一緒は無理だよね。砂浴びは寄生虫をとる効果があり、スズメの他、ヒバリやキジなどでも見られるようだ。私には、単に砂遊びをしているようにしか見えないけど....happy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.08

桜とスズメ

早朝散歩へ。桃ノ木川のソメイヨシノは満開になっていた。朝日を浴びてまぶしい。まだ数日楽しめそう。

Momonokigawa_2

Dsc03634

まだ散るはずがないのに、花が落ちている。それも花ごと....。見上げると、花びらが舞う感じではなく、花ごとゆっくりとクルクル落ちてくる。毎年見られる光景。

Sakura

そう、スズメの仕業だ。花をちぎって、蜜を吸う。一本の木上に何羽かのスズメがいて、蜜を吸っている。スズメは集団行動をするので、どの木の下にでも落ちているというわけではなく、落ちているところには、まとまって散らばっている。そのうちに歩道が桜の花のじゅうたんになってしまう。

Suzume

アップにしてみると....

Suzume2

追記:4月10日

花が一本の桜の木の下に集中して落ちていた。スズメも桜を選ぶようだ。桜の子房のある部分をなめてみたら、チョー甘い~~。スズメが木を選ぶ理由、それぞれの木の桜の糖度を調べると分かるかも......。

Dsc03733_2

次から次と桜を落とすスズメ

Suzume14

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.07

4/6 エドヒガン満開&ノスリ

ポカポカ陽気になった昨日、橘山にエドヒガンを見に行ってきた。満開のエドヒガンと満開の田口菜のコントラストが美しい。田口菜にハチやモンシロチョウがたくさんやってきていた。上空では、ノスリ3羽が舞っていて、ディスプレーフライトらしき飛翔を繰り返していた。3羽ということは、♀をめぐる♂2羽ということかな?

Edohigan

Edohigan2

Edohigan3

Nosuri  Nosuri5

Nosuri4  Nosuri2

Nosuri3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/5 スズメとヒマワリの種

4月に入り、我が家の給餌台も終了なのだが、まだヒマワリの種が残っているので、あと少し延長。相変わらずシメはそれを目当てにやってきて、上手に種を割って食べている。それを見て学習したのか、スズメが口にくわえて、食べようとする姿を何度か目撃した。しかしシメとスズメの嘴の違いは一目瞭然。スズメは口の中で割ろう?とするが、すぐにポロリ。それでもあきらめずに拾っては同じようにやっているものの、やはりちょっと無理な様子だった。しかしそのうちにうまく食べる方法を見つけるかもしれない。カオジロガビチョウは体が重いせいか、給餌台には上がろうとはせずに、下に落ちている種を拾う。そして嘴をハンマーにして叩き割ろうとするが、成功率は低く、すぐにあきらめるようだ。根性がないみたい(^_^;)。

Dsc03549

追記:その後スズメの様子を見ていると、何度か食べているのを観察できた。シメは口に種を入れて、外皮を割って食べるまで、アッという間だが、スズメは時間をかけて外皮を噛んで?傷をつけ、その後むしるように食べていた。ずいぶん時間がかかるが、辛抱強く、諦めない。スズメの学習能力はなかなかなものと感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/3 カオジロガビチョウのさえずり

毎日のようにやってくるカオジロガビチョウだが、この日はヒバの植え込み付近で、さえずりらしき声で鳴いていた。いつものチヨチヨやビービーの声も入るが、とても複雑で、日本的ではない?曲調でさえずっていた。やはり外国産の鳥....である。

声→

Dsc00532
1月撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.02

朝の虹

今朝6時過ぎ、朝日が出ていたので、散歩にでかけようと、外に出た。ところが雨がポツリ、ポツリ.....。お天気雨?と西の方を見ると雨雲が厚くかかっていて、雨模様。東はお天気なのに。どうしようかと逡巡していたところ、西の空に虹がかかっているのが見えた。朝に虹を見るなんて、あまりないことなので、なんだか不思議...と思いしばらく眺めていた。「朝虹は雨、夕虹は晴れ」のことわざ通り、だんだん雨が強くなり、散歩せずに引き返した。朝虹は、西側に降る雨に東側の太陽があたってできるので、まもなく雨になり、夕虹はその反対に晴れてくるということ。一日荒れ模様だったが、久しぶりにそれも朝に虹を見ることができ、なんだかハッピーheart02

Dsc03495

Dsc03500

Dsc03501

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.04.01

3/30 スジグロシロチョウなど

窓越しに白いチョウがヨタヨタ飛んでいるのが見えた。双眼鏡で見ると、スジグロシロチョウだった。いつも林縁で初見だが、今年は庭で初見である。近くで羽化したのだろうか。よく見ると、左の後翅が縮んで伸びていない。羽化がうまくいかなかったようだ。

Sujiguro

こちらはいつものモズ♂。最近は♀の姿が見えないが、そろそろ繁殖準備だろうか。
数日前、このように枝に止まって、じっと下を見ていたこの♂が、やおら下におりて、ゴソゴソ。なんと冬眠中のアマガエルを引っ張り出した。大きめのアマガエルだった。毎年我が家の庭やその周辺で、冬眠中のカエルを捕まえる姿を見ているが、どうして土の中にいるカエルの存在が分かるのか、いつも不思議に思うと同時に、モズの千里眼に感じ入る。

Mozu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »