« ニューカレドニアにて4 | Main | ニューカレドニアのいろいろ(2) »

2010.01.20

ニューカレドニアのいろいろ(1)

エアカラン
早朝、首都ヌメアのトントゥータ国際空港に到着したエアカラン(エアカレドニアインターナショナル)のエアバス。エールフランス航空との共同運航されている。成田からヌメアまでの飛行時間は約8時間。

Airplane_2

飛行機内は各座席にモニターがついていて、映画、音楽、ゲームなど自由に楽しめるようになっている。

機内食
成田~ヌメア間では夕食&軽食、ヌメア~成田間では昼食&軽食 各2食あり。カジュアルフレンチで、結構おいしく、完食。画像は帰りの昼食。フランスパンもおいしい。飲み物はアルコール、ジュースなど、飲み放題。白ワインが口に合った。カレドニアのNo.1ビールもグー。

Kinaishoku_2

時差
2時間プラス。日本が朝8時→ニューカレドニアは朝10時 サマータイムはなし。

お金
通貨はフレンチ パシフック フラン(CFP またはXPFで表す)
2010年1月12日に空港で両替したときは、
レートは 日本円1円=0.845629CFP  手数料は554CFP
5万円を両替すると、手数料を引かれて、手元に41727 CFPがくる勘定。

札は、500、1000、5000、10000CFP
コインは、1、2、5、10、20、50、100CFP

1000フランにニューカレドニア固有種のカグーのイラストが載っていた。

500cfp_2

1000cfp_2

10000cfp_2

Coin_2

お札は普段日本で使っているお財布には入らないほど大きい。コインも50CFPが大きく、重く、買い物をしていると、財布がずっしりと重くなった。コインが分かりにくく、ちょっと閉口した。帰国前にほとんど使い切ったが、残った数CFPは、空港の募金箱に寄付してきた。

言葉
フランス領なので、フランス語が公用語。ボンジュール、メルシーと笑顔で通したが、何とかなるもの^^;。ホテルでは英語が通じ、日本人スタッフも多く、不便なことはなかったが、街中で地元の人に道を聞いたりする場合、フランス語以外通じないことが多いようだ。

|

« ニューカレドニアにて4 | Main | ニューカレドニアのいろいろ(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17007/47352542

Listed below are links to weblogs that reference ニューカレドニアのいろいろ(1):

« ニューカレドニアにて4 | Main | ニューカレドニアのいろいろ(2) »