« 道東の旅 二日目(7月3日) 川湯温泉・多和平展望台・野付半島 | Main | トンボ羽化など »

2009.07.06

道東の旅 一日目(7月2日) 釧路湿原・霧多布湿原・納沙布岬

日本最東端の旅と銘打ったツアーに参加。3日間、駆け足で道東を見てまわったきた。道東は私の故里で、ウン十年前には住んでいたこともあり、数年前には紋別周辺をレンタカーで回ったこともあったが、今回まわった釧路や根室はほとんど知らない場所である。昔は砂利道だった凸凹道もすべて舗装され(当たり前か)、信号が少なく、車の少ない(つまり広い)北海道のドライブはとても快適。たった3日間で北海道の何が分かるのかって思うが、初めての人には、その広大さは肌で感じるはず。北海道を代表する動物たちも次から次と現れて、生息密度が高いことも感じた旅だった。

7月2日 釧路湿原~霧多布湿原~納沙布岬
この日はあいにく一日どんよりとした天気。気温10度くらい。釧路湿原の北斗展望台から見えるはずの広大な湿原は霧の中^^;で、残念ながら眺望を堪能することはできなかった。

Kushirohokuto 

展望台のそばに咲いていたハマナスの花

Kushirohokuto2

車窓から見た釧路湿原
東京ドーム5635個分の広さとか。とにかく広い。

Kushiro_2

霧多布湿原センターにて
タンチョウやシマフクロウ、オオワシなどの大きなカービングが展示されている。

Shitugencenter

2Fの展望ホールからは湿原が見渡すことができ、丁度ペアと思われるタンチョウが見られた。

Kiritappu

こちらは車窓から見られたタンチョウ

Tancho

根室を通って納沙布岬へ。市内には北方領土を返せの文字が目立つ。すぐ近くにある歯舞群島は曇天のせいで残念ながら見られなかった。納沙布岬から一番近い貝殻島まではわずか3.7キロとか。すぐそばの貝殻島周辺で昆布を採るにも、ロシアに一隻あたり45万円もの支払いをしなければならないという。モニュメントを眺めながら、漁に携わっている人たちのやるせない思いが伝わってくるようだった。

「四島(しま)のかけはし」と「祈りの火」

Kakehashi

Kakehashi2

Nosappu

日本本土最東端到達証明書....

Shoumeisho_2

|

« 道東の旅 二日目(7月3日) 川湯温泉・多和平展望台・野付半島 | Main | トンボ羽化など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17007/45555596

Listed below are links to weblogs that reference 道東の旅 一日目(7月2日) 釧路湿原・霧多布湿原・納沙布岬:

« 道東の旅 二日目(7月3日) 川湯温泉・多和平展望台・野付半島 | Main | トンボ羽化など »