« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

2009.06.29

キマダラコヤガ

アオダイショウを見送って、歩き出したところ、足元に小さな虫が止まった。わずか1センチほど。ところがあまりに派手な虎模様なので、足が止まった。よく見ると、なんと目がグリーン。帰宅して調べると、キマダラコヤガのようだ。小さいながら、模様ゆえ存在感のある蛾だね。

Dsc09952

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アオダイショウ

久しぶりにアオダイショウ君に出会う。ヘビは苦手で、残念ながら触れない^^;。接写しようとしたら、嫌がって逃げ出した。

Dsc09951

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.28

赤城大沼自然観察会

南橘の自然観察と環境を守る会による赤城大沼の自然観察会が開かれた。朝の気温は20度、やや風があったが、まぁまぁのお天気だった。まずは片山先生から大沼の成り立ちや大沼の特徴などをお聞きする。詳細→こちら
大沼の取水口で、赤松さんから大沼用水ができるまでの先人の苦労話をお聞きする。そばにその経緯が説明された顕彰碑がある。

大沼周辺にはツツジ類、カエデ類が多く、秋には美しい紅葉が楽しめる。夏の花はこれからが本番だが、楚々とした花たちが結構見られた。鳥の声は少なく、印象に残ったのはホトトギス、キビタキ、ヒガラの声くらいだった。

湖畔周辺で見られた植物:ミヤコザサ、ミズナラ、ネズコ(クロベ)、ウラジロモミ、ブナ、ツツジ・カエデ類。
花は、アカギキンボウゲ、オオヤマフスマ、カキドウシ、カマツカ、クルマムグラ、クワガタソウ、サギゴケ、サワフタギ、サラサドウダン、サンリンソウ、シロバナノヘビイチゴ、ツクバネウツギ、ツルアジサイ、ツリバナ、ツルキンバイ、ニシキウツギ、ハルザキヤマガラシ、ヒメヘビイチゴ、マムシグサ、マユミ、ミヤマカラマツ、ヤマハタザオ、レンゲツツジ、クサタチバナ、クリンソウなど。

アカギキンポウゲ

Dsc09932_2

エゾハルゼミ
まだ合唱が聞かれた。抜け殻もあり。

Dsc09923_2

ウスアカオトシブミ?

Dsc09924_2

カマツカ(ウシゴロシ)
鎌の柄にしたので鎌柄という名前がついたらしい。ウシゴロシは牛の鼻輪に利用したところからきたとのこと。枝を曲げても粘りがあり折れない。

Dsc09919_2

クサタチバナ
あちこちに咲いていた。白い花がタチバナに似ている。

Dsc09892

クリンソウ

Dsc09904

クワガタソウ

Dsc09874

サンリンソウ
でも実際は2輪しか咲いていないのがほとんど。

Dsc09870

シロシタホタルガの幼虫
サワフタギが食草。トネアザミにいるのも見た。食べていたかどうかは不明。

Dsc09920

シロバナヘビイチゴ
名前をつけるならヘビをとって、白花イチゴ草にしたい可愛らしい花。

Dsc09907

ヒメヘビイチゴ
こちらもヒメイチゴ草にしたい。

Dsc09867

ヤマハタザオ

Dsc09866

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.26

トウキョウダルマガエル

群馬県の絶滅危惧I類に指定されているトウキョウダルマガエルだが、ここ数年、田んぼなどでも見かけるようになり、確実に増えていると思われる。桃ノ木川の流れのないところでもさかんに鳴いている。今朝、近所のお寺のハスが咲き始めたので見にいったところ、思いがけずトウキョウダルマガエルの大きな声がして、見渡すと、ハス葉にちょこんと止まっているのを発見。大中小と大きさがやや違う個体3匹を確認する。もっといるのかもしれない。

Tokyodaruma1

Tokyodaruma2

ひとまわり大きい個体

Tokyodaruma3

ハスの花

Hasu1

Hasu2 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.25

スズメ 2回目の繁殖

5月末に巣箱で2回目の抱卵を始めたスズメだが、いっこうにヒナを声がしないので、失敗かと思っていたら、ようやく最近になって声がするようになった。1回目と比べるとやや時間がかかっている感じ。

巣の中のヒナに興味津々の幼鳥。1回目にこの巣箱で生まれた幼鳥では?と思われるが、本当のところは分からない。しばらく巣の近くの枝に止まったりしていたが、やがて巣の中に入っていったので驚いた。餌をくわえていなかったから、ヘルパーというわけではないらしい。同じ遺伝子を持つ弟(妹)が単に気になるのか、それともイジメ?......ということはないとは思うけれど。

Suzume

Suzume2

親と思われる成鳥だが、口に餌をくわえているにもかかわらず、逡巡していて?、なかなか巣に入っていかない。何を気にしているのか?ひょっとして別の親とか?というのも、数日前、屋根で孵ったらしいヒナたちが3羽死んでいるのを発見している。子どもを亡くした親という可能性もあるのかも。窓越しに見ていて、スズメの世界も不思議なことばかり。

Suzume3

桃ノ木川のカイツブリのヒナたち。一回り大きくなったようだ。末っ子のおチビさんも大きさがほぼ同じになっていた。餌も豊富なようで、親が頻繁にもぐって子どもたちに与えているのが見られた。

Kaitsuburi

民家の庭で咲いていたネムノキの花。いつのまにかこの花の季節.......。

Nemu

庭にやってきたベニシジミ(夏型)

Benishijimi

Benishijimi2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.24

シジュウカラの幼鳥

今日の午後、庭にシジュウカラの団体さんがやってきた。親が近くにいたのかもしれないが、みな幼鳥のよう。にぎやかに鳴き交わしていた。うっそうとしてきた葉が邪魔をして姿がなかなか見られなかったが、夏椿に止まったところをゲット。幼鳥は可愛~い。

Shijyukara4

Shijyukara3_2

桃ノ木川のカイツブリは、ヒナ3羽とも元気で、巣があった近くで親と一緒に泳いでいた。

1

2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.21

カオジロガビチョウ

このところ毎日庭にカオジロガビチョウが集団でやってきている。今朝も雨の中4羽やってきた。ビービービーとあまりにもうるさいので、玄関の戸を開けて何事と見渡す。葉が茂った梅の木に目をやって、びっくり。オオタカの若鳥が止まっている!! 目と目が合ってしまった。見つめ合うこと^^;1~2秒、すぐに飛んでいってしまったが、雨宿りをしていたのかな.......? もっとごゆるりとしてよかったのに.....ネ(^_^)。

夕方もやってきたカオジロガビチョウ

Kaojiro

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.06.20

農業体験

甘楽町の娘のところで自家用の田植えをするというので、娘の友達と千葉から遊びに来ていた私の妹と手伝いに行ってきた。手伝いというより、体験させていただいたというべきか。

まずは畑で野菜の収穫。エンサイ(空芯菜)畑へ。エンサイは無農薬野菜の定番だ。東南アジアでは普通に見られる野菜で、あちらではカンコンというらしい。茎が中空で、ビタミンAが豊富。味が淡白なので、和え物や油いためなど、何でもオーケー。スーパーなどではあまり見かけない。

Ensai_2

Ensai2

ハウスの中でエンサイの花をはじめて見た。ヒルガオ科なので、納得....。

Ensaiflower

エンサイの葉にいたツバメシジミ

Tubameshijimi

次はジャガイモを収穫。驚いたことに、にわかノギャル(野ギャル^^;)たちは、ジャガイモの花を見たことがないという.....。花を摘んで、収穫したおジャガと記念撮影。

Jagaimo2

Jagaimo1

ニワトリたちも元気だった。左♂、右♀たち。

Niwatori

次はいよいよ田植え。機械植えと違って、30センチ間隔で正方形に植えるのだそう。へっぴり腰で、足をとられそうになりながら、苗を2本づつ植えていく。近くの山からホトトギスの声が聞こえる。にぎやかな声はガビチョウ......。あのぬかるみの中、だれも転ばなかったのは上出来^^;。

Taue_3

Taue2_2

代掻きする前まで春菊畑だったので、花が残っていた。なかなか美しい花。

Shungiku2

Shungiku1_2

3時間やって、まだ5分の2くらい。時間切れでおしまい。まだまだ残っているぅ~。が、そよぐ早苗を見ながら、みな、ちょっとまんぞくがお~。

Taue3_3

ハプニング:道路わきでお茶を飲みながら休憩中、ノギャルの一人が悲鳴をあげた。ヘビでも出たのかと思ったら、電線に止まっていたカラスがフンを落としていったのだった。それが投げ出していた白い足に見事命中!(カラスのこと、ねらったのかもしれないネ。) それが結構な量で...^^;。運がついたね~と皆で大笑い。笑っていて、記念撮影するの忘れた....。

追記:翌日(21日)、娘からメールがきて、田植え完了したとのこと。ベテランのお父さんたちがやればやはり早いね。10月中旬には収穫できるようだ。今度は稲刈りの体験。その前に、除草剤もまかない無農薬の田んぼ、草取りだよね~。

Sn3j0142_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.19

カイツブリ ヒナ誕生(2)

今朝、桃ノ木川に行ってみると、浮巣の中は空っぽ。しばらく探していると、ケレレレ~~の声。親カイツブリが私が歩く右岸側にいたが、ヨシが生い茂り姿が見えにくい。対岸にまわってみたものの、草ボーボー。夜露がスソをぬらすが、かまわずヤブ漕ぎをして^^;、何とか見えるところに辿り着く。2羽のヒナが見えた。確か3羽いたはずだが......?親がせっせとドジョウなどを運んできていた。しばらくするといつの間にか、ヒナが3羽になっていた。1羽は2羽よりやや小さい。末っ子のようだ。どうやらお母さんの羽の中にもぐっていたらしい。散歩する人たちが行き来しているすぐ傍だが、ヨシや木々が隠してくれているし、ここなら天敵にも襲われにくい場所。餌も豊富なようだし、3羽のヒナたち、きっと元気に育ってくれるだろう。親子5羽の姿を見ていると、何だか会話が聞こえてくるようだ。

1

2

3

4

5

6

お母さんの背中が一番 もぐる末っ子

7_2

今自然界は幼鳥ラッシュ。川のそばで見たカワラヒワの幼鳥。

Kawarahiwa

カッコウ 
鳴く声をあまり聞かなくなったが、今朝は高いアンテナで鳴いていた。果たして子孫を残すことが出来たのだろうか。カッコウの幼鳥を見たいものだけど.........。

Kakko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒメアカタテハ

今年生まれのヒメアカタテハだろうか、ヤグルマソウにやってきていた。

Himeakatateha

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.18

カイツブリ ヒナ誕生

もうヒナが生まれてもいい頃ではと眺めていた桃ノ木川のカイツブリだが、今朝も浮巣の上で親がじっとしていた。上流ではもう一羽がさかんに潜水をしていた。潜水をしながら巣のほうに戻ってきた。口にはドジョウ?をくわえている。ケレレレ~~と声が響く。巣にいた親が巣から離れてドジョウを受け取ったようだ。と、巣を見ると何やら動く姿が見える。どんよりとした梅雨空の下、肉眼でははっきり見えない。双眼鏡を覗いて、ヒナがいることが確認できた。縞模様がはっきり見えた。3羽はいるようだ。そのうち親の背にオンブしているヒナの姿を見ることができるかもしれない。スコープが必要なり。

Kaitsuburi3

Kaitsuburi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.15

キマダラセセリ

セセリチョウも多く見かけるようになった。林縁でイチモンジセセリ、キマダラセセリを確認。蛾や蝶の正面顔はなかなか撮ることができないが、今朝はキマダラセセリの正面ドアップをゲット~happy01。蛾も蝶も正面顔はチョー可愛い。

Kimadara

Kimadara2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アオハダトンボ

桃ノ木川上流でアオハダトンボ♂♀を確認。河川工事が行われたところでは今年は見られないが、工事現場より上流で今年も見られたので、ホッ。

Aohada

Aohada2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今朝の鳥たち

カイツブリはまだ抱卵中。カルガモの子どもたちが、随分大きくなっていた。

Karugamo

林縁でホオジロの幼鳥に出会う。

Hoojiro

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.13

甘楽町にて

娘の住む甘楽町へ。

いつものように鏑川を歩く。

イカルチドリが岩の上でくつろいでいた

Ikaruchidori

こちらはコチドリ 

Kochidori

ダイサギ

Daisagi

川沿いにコマツナギがたくさん咲いていた。

Komatunagi

雄川にて

ゲンジホタルが葉陰で休んでいた。夜は光の乱舞が見られるところ。

Hotaru

こちらの葉ではカゲロウの一種

Kagero

ハチが飛んできたと思ったら、蛾のモモブトスカシバ?orオオモモブトスカシバのようだ。モジャモジャの毛は後ろ脚。モモブトスカシバ幼虫の食草はアマチャヅル、オオモモブトスカシバはカラスウリ。はて?どちらだろう。

Momobutosukashiba

陸苗代(おかなわしろ)
娘のところでは、来週田植えとのこと。苗作りは水を張らずに畑に種を撒いて作る苗代だ。畑や田んぼで水を張って作る水苗代が普通だが、自然農法の陸苗代にこだわっている。野菜のように畑に植わっている苗を初めて見る。立派に育っていた。来週、この苗を機械を使わず、手で植える。手伝いに行く予定。久しぶりの田植えだ。

Okanawashiro

Okanawashiro2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.12

ノビルの花・ムカゴ

ノビルの花とムカゴをよく見かける季節。花序が紫色のムカゴばかりのものや、花がチラホラついているものなどいろいろだ。花は可愛らしい。

庭で 花はチラホラ

610nobiru

林縁で 花が多い

Nobiru_4

こんなのもあり

Nobiru3_2

つぼみ

Nobiru2

チガヤ
川岸で群れになって穂がなびいていた。チガヤの向こうでは早苗が気持ち良さそうにそよいでいた。

Chigaya

和名は、沢山生えるので千茅(ちがや)、若芽が赤いので血茅、味が乳に似ているので乳茅などの諸説があるようだ。私は千茅に一票。群生するので。若い穂は甘味があるらしいが、まだ舐めてみたことはない。(参照 野草大百科 北隆館)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今朝の虫たち

カノコガ
今年初めて見る。羽化して間もないらしい。これからしばらく昼間優雅に飛ぶ姿が見られる。

Kanokoga

ルリシジミ
いつも活発に飛んでいて、なかなか止まってくれないが、今朝はばっちり。

Rurishijimi

シロコブゾウムシ
かわいいお目目だこと

Shirokobu

ヒゲコメツキ♂
何と立派なおひげ(触角)。かっこいい~。

Higekometuki

ハグロトンボ
年々増えているように感じる。

Haguro

庭にも来ていた。

Haguro2

ウメエダシャク
梅の実がなる頃、昼間ヒラヒラと飛ぶ蛾。羽化したてなのか、郵便受けにじっと止まっていた。これからしばらく庭のあちこちで飛ぶ姿が見られる。

Umeedashaku

こちらはライラックの葉上で。

Umeedashaku2

紅梅隣のブルーベリーで蛹になっていたウメエダシャク

Umeedasanagi

午後見ると、羽化していた。

Umeedashaku3

クマバチの巣 その後
4月に冬眠から覚め、独立していったクマバチだったが、その中の♀だろうか、5月中旬頃、 同じライラックの枯れ枝の巣を再利用して、巣作りを始めた。カリカリ木を削る音がし、パラパラと木屑が穴から落ちていた。その木屑で仕切って部屋を作り、集めた花粉を置いて1個づつ産卵をしたはずだ。その後、♀親が採餌に出かける様子はなく、門番のごとく、ひたすら巣の入り口でじっとしている。覗く度に、必ずいるので、全く外には出ていないようだ。このまま子どもたちが羽化するまで巣を守るのか。自分の餌は確保してあるの?涙ぐましい母クマバチweep

Kumabachi

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.06.08

カイツブリ、ドジョウをゲット

桃ノ木川のカイツブリ、まだ抱卵中。いつ孵化するのか、楽しみに毎日眺めている。巣よりやや上流にもう一羽のカイツブリが泳いでいた。つがいの♂だろうか。さかんにもぐっている。何気なく眺めていたら、大きな獲物をくわえて出てきた。ドジョウのようだ。カイツブリはくわえたまま、なかなか丸呑みができない様子。かなり格闘していたけれど、最終的にはプリプリしたおいしそうなドジョウはカイツブリの朝食になったのだった。

1

2

3

4

ようやくゴックン。

5


同じ場所近くの川の中、勝手に生えたクワの木にこの夏生まれたらしいムクドリたちが群がっていた。こちらは甘~い桑の実がお目当て。

Dsc09389

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.07

ツバメ

ここ数日毎日庭の枯れ枝に止まる子ツバメが見られる。巣立って間もない子ツバメ3羽。邪魔な葉がなく、餌をもらうのには好都合な場所のようだ。夕方の7時近くまで止まっている。

Tsubame2

Tubame_2

いつのまにか右上に1羽増えて、4羽になっていた。親が来ても口を開けることもしない。ひょっとして最初の繁殖時に生まれた子だろうか。一緒に行動しているのかもしれない。子育てのお手伝いをしているとか?

17

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早苗と麦

6月に入り、田植えがどんどん始まっているが、早苗と並んで、まだ刈り取られていない麦畑が残っていた。

榛名山をバックに.....

1

2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミズイロオナガシジミ

クヌギやコナラの林で見られるシジミチョウ。地面に近い草むらで止まっているところを見つけた。少し翅が傷んでいて、以前見たときよりもくたびれた感じの個体だった。

2009672

飛んで止まったところには先客のカエルさんが........。お互い我関せず.......。

200967_2

2003年6月9日に撮影したもの。

200369

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シロコブゾウムシ

今朝、ニセアカシアやクズの葉で多く見かけた。この虫を見ると、つい触って、死んだまねをさせたくなるのよねhappy01

Dsc09344

Dsc09346

Dsc09347

近くにいたウリハムシ

Dsc09345

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.05

アオハダトンボ

こにタンさんからアオハダトンボ初認(6月2日)の連絡があり、こにタンさんの職場へ見に行ってきた。多分群馬県内で一番最初にアオハダトンボが出現する水路ではないだろうか。水生昆虫に詳しい先生も貴重な場所と言っておられた。桃ノ木川で見られるのはもっと先。昨年は6月8日だったが、大きな河川工事が行われており、今年は今まで観察してきた場所での発見は絶望的だ。その上流では今年も見られるはずと期待している。

Aohada

ハグロトンボとアオハダトンボのヤゴはよく似ているので、識別が難しい。上がアオハダ、下がハグロらしい。

Yago

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コヨシキリ

カルガモの奇行?coldsweats01に驚きつつ、さらに上流に歩いていくと、通勤の車が行き交う橋のそばのヨシから鳴く声が聞こえた。この先では2羽のオオヨシキリが縄張りを持って鳴いているのだが、オオヨシキリとはちょっと違う声。コヨシキリだとピンとくる。渡りの途中だろうか。高原や草原で見られる夏鳥だが、このような街中の川で見られるとは思いもしなかった。初めてのことだ。ヨシの中を活発に動いているのが見えるだけで、ついに上にはあがってこなかった。

Koyoshikiri_2

Koyoshikiri2

Koyoshikiri3

オオヨシキリよりははるかに美声のコヨシキリの声

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カエル喰うカルガモ

桃ノ木川のカイツブリが抱卵している近くでカルガモ親子が泳いでいた。子ガモは5羽いて、好奇心一杯の様子でちょこまか動き回っていた。お母さんカルガモはそばにいるのだが、何やら嘴を振り回している。近くの葉っぱを食べているのだろうと、あまり気にも留めず子ガモを観察していた。それしてもお母さんカルガモの動作が激しい。離れた対岸から見ているので、はっきり見えない。双眼鏡で覗くと、口にくわえているのは、なんとカエルのようだ。アマガエルらしいが、随分大きく見える。え?飲み込もうとしているの~~?と、見ていたが、かなり手こずっている様子。振り回したり、口から出したり.....。やがて、頭からぱっくりくわえて........飲み込むところは、葉の影で見えなかったが、どうやらお召し上がりになったようだcatface。その後、子ガモを連れて、平然と泳いで行ったのだった.........。

Karugamo12

Karugamo

アップにしてみると.......

Karugamo3

追記:amphibia6さんから、アマガエルにしては大きすぎるので、シュレーゲルの♀では?とのご指摘がありました。ありがとうございました。

オタマジャクシを食べる覚満淵のカルガモや、金魚を食べるカルガモは見たことがあったが、カエルを口にしているのを見るのは初めてのこと。

少し離れた上流では6羽の赤ちゃんカルガモ

Karugamo4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カッコウ

家にいても隣町方面で毎日鳴いている声が聞こえる。果たして繁殖(托卵)は成功したのかどうか。

電線で鳴くカッコウ

Kakko

警戒している?オナガ

Dsc09165

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.03

蚕(3)

Tさん宅に一週間ぶりに蚕を見に寄ったところ、すでに上蔟(じょうぞく)が終わり、繭が作られていた。なんと早いこと。

回転蔟(まぶし)の小屋では、暖房が入っていた。温度が低いと、繭を作らないのだそう。

Kaiko

2005年6月
Tさん宅の上蔟(回転蔟に移して繭を作らせる)の様子

熟蚕を集める

1

11

2

回転蔟に移す

3

5

7

6

4

繭がバランスよく作られ回転蔟が動かなくなって安定した状態

P1010004

5キロの幼虫から約2キロの繭ができるのだそうだ。間もなく繭の出荷となる。この後、Tさん宅では、7月、9月とさらに2回繭作りをするとのこと。忙しい日々が続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カイツブリ抱卵中

桃ノ木川でカイツブリが抱卵しているのが見られた。アシの葉の影に隠れているつもりかも知れないが、見えているよ!

Kaituburi

2005年8月に抱卵したものの失敗に終わったのを見ている。若いカイツブリだったのかもしれない。梅雨に向かって、ちょっと心配だけど、無事ヒナが孵りますように......。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリの花

散歩道でクリの花が咲き始めていた。長い花序は雄花、基部にポツンと雌花。これが太ってきて、もうすぐ若いイガイガが見られる。

Kuri

ドドメ(桑の実)
カイコが盛んだった頃の名残りの桑の木が畑の隅っこに植えられたままになっている。剪定されているらしく、せいぜい1メールくらいの高さで、そこかしこにある。丁度実が熟し始めていた。濃紫色を探して、ちょっと摘む。なつかしい味。

Dodome_2

ゆすらごの実
こちらも赤く熟しておいしそう......。

Yusurago

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.02

カラスの赤ちゃん

いつもの林では、コメボソムシクイが来ていた。まだ通過は続いている。民家の庭で巣立って間もないらしいハシブトガラスの赤ちゃんが鳴いていた。飛ぶことができないのか、同じ場所でただ鳴くだけ.......。私が赤ちゃんに注目しているのに気がついた親2羽が近くの電線に止まって、威嚇するような声で鳴き始めた。写真を数枚撮って、離れると、親が私の歩く方向に飛んできて木に止まり、私がいなくなるのを確認しているようだった。子育ての親ガラスは気苦労が多いようだねhappy01

子ガラス

Karasu

Karasu2

顔に傷があるようだ
Karasu3

心配する親ガラス

Karasu4

田んぼの畦にいたキジ
突然現れた私に驚いた様子で、まごまごしていた。

Kiji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.01

クジャクシャボテン

庭のクジャクシャボテンが咲き始めた

Kujakushaboten

ニンジンの花
家の近くの畑で。

Ninjin

Ninjinn2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »