« 夏鳥飛来(8) コルリ | Main | 夏鳥飛来(9) クロツグミ »

2009.05.05

みちのく桜紀行 4月29日~30日

一泊バスツアーbusで東北の桜を見てきた。お天気にも恵まれsun、連休初日のせいか、渋滞は全くなくスムーズな走行だったのだか、いやはや2日間で走った距離はなんと1600キロを越したそうな。ほとんどバスの中という、エコノミー症候群になりそうなツアー、こんな旅行、生まれて初めてのことだった。が、しか~し、目的の桜はグーだったので、疲れも何のその、結構楽しめたのだった。例年より桜の開花が早かったものの、冷え込みが数日続いたため、桜は散ってしまうことなく、待っていてくれたnote

小京都、城下町 角館 4月29日

今も十数軒ある武家屋敷を歩く。周辺に咲く枝垂桜(162本)は国指定の天然記念物になっている。桜は終わりかけていたが、見事な枝垂れが見られた。

広い道路は昔のままとか。モミなどの立派な古木も多い。

Kakunodate

Shidare2

Kakunodatesakura

国指定名勝の檜木内川堤の桜
約2キロにわたり、400本を越える桜が咲いていた。
Hinokinai

Hinokinaigawa

角館から国道46号線沿いを盛岡方面に行く途中、車窓から見事なミズバショウの群生が見られた。

安比高原にて宿泊
温泉spaでゆったり一日の疲れをとる。

翌朝、周りを散策。まだ雪が残っていた。小川のそばにスプリングエフェメラルのキクザキイチゲが群生していた。ここではようやく春の兆しといったところだろうか。アカハラが高い梢でさかんにさえずっていた。
Appi

Appi2

弘前公園 4月30日
公園は見渡す限り、サクラ、サクラ......。散り始めていて、ハラハラ舞い落ちる花びらがなんとも美しく、見飽きない。お濠は花いかだになって、これまた美しい。公園内にはソメイヨシノ、シダレザクラ、八重桜など約2600本が植えられているとのこと。桜と雪をかぶった岩木山(1625m)を眺めつつ、群馬では見られない風景を満喫した。

天守閣とサクラ
Hirosaki

園内の枝垂桜
Hirosakikouen

日本最大幹周のソメイヨシノ
幹周537cm、樹高10m
Hirosaki12

花いかだ
Hirosaki13

西濠
Hirosaki7

西濠の春陽橋とサクラ
Hirosaki6

サクラのトンネル
西濠の両岸には300本余のサクラがアーチ状に植えられている。なんとも気持ちのよいサクラ並木である。
Hirosaki8

サクラの隙間から岩木山をみる
Hirosaki11

岩木山を望む
Iwaki

Iwakisan

蓮池のオシドリ夫婦
思いがけずオシドリに会えた。サクラにオシドリ、よくマッチしている。
Oshidori

Oshidori2

Oshidori3

Oshidori4

小岩井農場
1万本の北上展勝地は葉桜とのことで、小岩井農場に行くことになった。

車窓から岩手山を望む
Shasou

岩手山と一本桜
TVドラマで有名になったところだが、まさに絵になる風景。エドヒガンのサクラは5分咲きくらいだった。
Ippon

Ippon2

農場内にて
Noujyou

Noujyou2

Noujyou3

|

« 夏鳥飛来(8) コルリ | Main | 夏鳥飛来(9) クロツグミ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17007/44910411

Listed below are links to weblogs that reference みちのく桜紀行 4月29日~30日:

« 夏鳥飛来(8) コルリ | Main | 夏鳥飛来(9) クロツグミ »