« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

2009.03.27

桃ノ木川の鳥たち(4)

桃ノ木川沿いのサクラも大分ふくらんできたけれど、ここ数日の寒さで、足踏み状態。散歩している人たちが、まだかな?といった感じで木を見上げていた。名胡橋付近でイワツバメが一羽だけ飛んでいるのが見えた。

枯れたヨシ原を見て、オオジュリンに会えないかな?と思って見ていたら、お呼びになりました~~とばかりに3羽、中洲のヨシに飛んできたので驚いた(@_@)。

Oojurin

Oojurinback

夏羽に移行中?顔から先に黒くなるの?
Oojurin2

中洲にいたジョウビタキ
Jyobitaki

若芽を食べるヒドリガモのペア
Hidorigamo

いつもカルガモと一緒のマルガモ
Marugamo

久しぶりに見たバン
Ban3

Ban4

Ban

大きな脚のアップ まるで恐竜みたい
Ban2

おまけ:帰り道、草むらにうずくまって、小鳥をねらっていたネコ
頭の一部としっぽだけが黒い。あ、よく見ると、脚のところもポツンと黒い。変わっているので、一枚パチリ。小鳥を捕らないでね。
Neko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

窓越しバードウオッチング(7) シメ&シジュウカラ

ヒヨドリ軍団がようやく移動していったらしく、最近やってくるヒヨドリは4羽くらいになった。最近毎日のようにウグイスが来ているが、一節鳴いてくれないかな。今年も3月22日にシロハラがやってきた。昨年は3月23日に初めてやってきて、しばらく滞在していってくれたが、今年は一回だけで、その後いっこうに現れない。去年と同じ個体かな?

シメとシジュウカラは毎日ヒマワリの種を食べにやってくる。

シメとシジュウカラの重さ比べ
太っちょのシメがとまると、重さでカゴがひっくり返りそう.....

327shime

Shijyukara

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.21

冬越しのチョウたちの目覚め(2)

今日見た初の冬越しのチョウは、ルリタテハ。活発に飛んでいて、遠くからズームでようやくゲット。
Ruritateha

こちらも元気に飛んでいたキタキチョウ
Kitakicho

ツクシもにょきにょき
Tukushi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.19

ギンヨウアカシア

最近、車を運転していて、突然、全体が黄色に覆われた木に出会うことがあり驚く。今が丁度ギンヨウアカシアの満開時期のようだ。画像のギンヨウアカシアは民家の庭先に今が盛りとばかりに咲き誇っていた。オーストラリア原産なので、ちょっと日本的ではないけれど、たわわに咲いている花を見ていると元気をもらえそうな気がする。

Mimoza

Mimoza2

Mimoza3

ハチもたくさんやってきていた。
Mimoza4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.18

冬越しのチョウたちの目覚め

動くと汗ばむ陽気になった。冬越しのチョウたちが目を覚まし、活発に飛びはじめた。林縁で、今年初のテングチョウに出会った。また遊休農地だろうか、白いナズナで覆われた畑で思いがけなくムラサキシジミが飛んでいたので驚く。いつもは林縁でしか見ていないので、広い畑に飛んでくると知ってちょっとびっくり。翅は痛んでいたが、元気に飛び回っていた。

枯れ葉に止まる枯れ葉のようなテングチョウ
2008318

ナズナで吸蜜するムラサキシジミ
Murasakishijimi

Murasakishijimi2

ムラサキシジミのいた畑 。
白いナズナ(ぺんぺん草)で覆われていて、遠くから見ると、まるでソバ畑のようだっだ。
Nazuna

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.16

今朝の鳥たち

そろそろ早寝早起きモードに切り替えてもいい季節になってきた。6時にはもうすっかり明るくなっている。お寝坊は三文の損じゃ....happy01。ってなことで、7時前に散歩へ。

鳥たちは活発に動き回っていた。歩き始めると、どこからか、ケーンケーンとキジの声。桃ノ木川の中洲ではウグイスがヨシの中を見え隠れしながら盛んにホーホケキョと鳴いていた。春だねぇnotes

大堰川のいつものポイントにはカワセミがフェンスの上から下を見下ろしている。ラッキーscissors、やっぱり早起きは三文の徳ね.....と、美しいメタリックブルーの背中を見せて飛び去る姿を見送りながら思った。
Kawasemi

今朝もそろそろ見納めのジョウビタキに出会う。ホオジロの仲間のアオジも数羽いた。
Jyoubitaki

渡世鳥のヒヨドリ軍団が木に群れていた。近くにホウレンソウ畑があり、止まることができる樹木があり、水場があって、ヒヨドリにとって絶好の場所のようだ。こちらもそろそろ移動するはずだが、まだまだ意気軒昂。サクラの木の下はホウレンソウ色のフンで足の踏み場もないほどだったwobbly
Hiyodori

民家の庭でカオジロガビチョウがさかんにビービーと鳴いていた。よく見ると、なんと巣材らしき枯れ草?をくわえている。しばらく見ていると、庭のツバキの植え込みに入っていった。え?そこで巣作りするつもり?要チェックの庭なりφ(..)メモメモ。
Kaojirogabicho

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.03.15

見納めのヒレンジャク

お仲間数人とレンジャクを見に行く。まずは赤城山へと行ったものの、レンジャクの姿は見られず、真冬のような風の冷たさに早々に引き上げ、下界の大室公園へ。いつもの木にヒレンジャクが数羽見られた。ヤドリギの実も少なくなっていたので、そろそろ移動するかもしれない。見納めのレンジャク.....かな? 

デジブック ヒレンジャク2へ

1_2

早咲き?のサクラの木にやってきたシジュウカラ。お目当ては枝の先のイラガの繭のようだ。
Dsc07120_2

こちらはジョウビタキの♂。栄養をたっぷりつけて、まもなく旅立ちだね....。
Dsc07136_2

Dsc07138_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.09

窓越しバードウオッチング(6) シメ

シメ♂がやってきた。どうやらフィーダーのヒマワリの種をねらっているようだ。ヒヨドリがうじゃうじゃいるので、落ち着かない様子で、フィーダーにちょっと来ては、すぐに飛び立つことを繰り返していた。特徴のある風切り羽がよく目立っている。

Shime

スズメとのツーショット
Suzumeshime

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちびっこぴいた

「ちびっこぴいた」は画家の小林絵里子さんが初めて描いた絵本で、2月に発売されたばかりだ。将来の孫に読み聞かせしたいな、な~んて思って早速購入。カイツブリのヒナの冒険の一日を生き生きと可愛らしいタッチで描いている。絵を見ているだけで楽しい。

いつも自然をじっくり観察して、自然から受けたそのままを描いている絵里子さんの絵を見ていると、作者の気持ちが伝わってきてほのぼのとしてくる。

Chibikko

小林絵里子さんのサイト⇒こちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.08

ヒヨドリ

植木鉢の花びらがちぎれているので不思議に思っていたら、やはりヒヨドリがついばんでいることが判明。スミレの花まで食べているようだ。マツポックリの脂もホバリングして食べている。食べられるものは何でも食べるヒヨドリのたくましさに脱帽.....catface

Dsc07015

Hiyodori

Dsc06985_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沈丁花、ハナニラ

沈丁花が咲き始めた。そばを通ると、いい香りが漂っている。ハナニラもふたっつ、みっつと咲き出したが、こちらは花に鼻をちかづけないといい香りをかぐことができない。おまけに葉をちぎると、花の香りとはかけ離れた鼻をつくような強いニラ臭が漂う......。

Dsc06966

Dsc07027

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.05

アンズにメジロ

ピンクのアンズの花も咲き始めた。いつものメジロがやってきた。

Mejiro

Mejiro2

おまけ: シジュウカラのペア
花の蜜より、ひまわりの種じゃ
Shijyukara

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田口菜

南橘地区地域づくり協議会の活動の一環の「菜の花」プロジェクトが昨年から始まり、今年も昨年10月に撒いた菜の花(田口菜)が立派に育った。最終的には菜種をしぼって菜種油にするのだが、食べごろの今、一部を摘み菜として畑を開放している。今日はその摘み菜の日、少々摘んできて、おいしくいただいた。春の味~note

Taguchina

レシピ 
田口菜はゆでた後、水にさらさないのがコツ

Taguchina020

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.04

梅にメジロ

庭の白梅が満開となった。今朝はメジロの集団がやってきた。数えると10羽くらいいた。ちょこまかとよく動きながら蜜を吸っていて、なかなかじっとしてくれない。近くで写真が撮れるのだけど、ほとんどブレブレ^^;。それにしても満開の梅の花に愛らしいメジロはよく似合っているね。梅にウグイスとよく言われるけれど、ヤブが好きなウグイスが梅にやってくることはほとんどない。

Mejiro_2

Mejiro2

Mejiro3

拡大すると
Mejiro32

たっぷり蜜を吸ったあとは夏椿で一休み。
Mejiro4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モンシロチョウ初見

10センチくらい雪が積もるとの天気予報だったが、たいしたことなく午前中にはすっかりとけて薄日がさしてきた。窓越しに庭を見ていると、白いチョウがフワフワ飛んでいるのが見えた。カメラを持って庭へ。黒い紋がはっきりしないが、今年初のモンシロチョウと確認する。羽化したばかりだろうか。ようやく春がきた~♪。

200934monshirocho

200934monshirocho2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.03.01

デジブック 「ヒレンジャク」

レンジャク飛来の情報を得て、大室公園へ。赤城山には150羽以上来ているらしいが、とりあえず平地の大室公園へ出かけた。民家園そばの大きなケヤキで6羽のレンジャクが止まっていたが、すぐに飛んで行ってしまった。その中にキレンジャク1羽を確認。他はヒレンジャクだったようだ。沼の近くの木では、3~4羽のヒレンジャクが出たり入ったりしており、じっくり見ることができた。水を飲みにきた一瞬を何とかゲット。大きな大砲をかかえたカメラマンが多数来ていた。デジブックの後ろ5枚は2007年2月5日、同じ大室公園で撮った画像。

デジブック「ヒレンジャク」へ

Dsc06808 

シメ
公園内で、シメが多数見られた。芝生で何を食べているのか?
Shime2_2

Shime

コゲラ
Kogera2

Kogera

ここにもカオジロガビチョウ
Kaojirogabicho

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »