« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

2009.01.25

桃ノ木川の鳥たち(3)

夕方近く、県議補選の投票後、桃ノ木川を散歩。カルガモのほか、コガモが多数、ついでヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロなど。サギはアオサギ、ダイサギ、コサギ3種が見られた。

コガモ
Kogamo

ヒドリガモ
Hidorigamo

ホシハジロ バックスタイル
Hoshihajiro

キンクロハジロ
Kinkuro

アオサギ
Aosagi

ダイサギ
Daisagi

ダイサギ(左)、コサギ(右)
Daisagikosagi

夏羽(繁殖羽)のカワウ
首の白い羽がよく目立ち、頭がモヒカン風happy01
Kawau2

シメ 夕日を浴びて 
Shime

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.01.24

窓越しバードウオッチング(3)

今日もリンゴに鳥たちがやってきた。ヒヨドリが一番の大食漢だが、今日は体の大きいオナガが数回やってきた。そのあと、なんとシジュカラがついいばんでいったのには驚き。シジュウカラがリンゴを食べるのを初めて見た(@_@。

朝10時頃
ヒヨドリがいないすきに・・・・・・
Mejiro3

こちらはメジロ専用 左はミカン、右はリンゴ 
でもこちらよりは大きなリンゴのほうが気になるらしい........
Mejiro

午後3時ごろ リンゴも残り三分の一に......
オナガもリンゴが好き、狭い場所もなんのその・・・・
Onaga

給餌台からピーナッツを運んできたシジュウカラ
大好物なんだよね
Shijyukara
↑この姿なら納得だが........

↓なんとオナガの後にリンゴにやってきた
Shijukara2
みんながおいしそうに食べているので試してみたくなったとか・・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.23

暖かさに誘われて.......冬のチョウ

ひとっとびに春がやってきたような陽気になった今日、チョウが飛んでいるはずと、陽がよく当たる土手に行ってみた。大当たり。モンキチョウ♂1が活発に飛んでいた。今年になって羽化した個体かもしれない。昨年は1月15日が初認だった。別の場所では冬越しのキタテハが、とても活発に動いていた。どちらも接写できず、望遠で何とか撮る。真冬にチョウを見ると、春遠からじ....と感じる。

ホトケノザにとまるモンキチョウ
Monkicho

セイタカアワダチソウにもやってきた
Monkicho2

冬越し中のキタテハ
翅がかなり痛んでいる
Kitateha2

こちらも越冬中のナナホシテントウ(1/19)
2009119ladybug

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.01.18

多々良沼~板倉

昔のパソ通のお仲間と恒例の新春ナマズオフへ出かけた。群馬のお仲間に東京・千葉からもお仲間が加わって、総勢10名のお楽しみつき探鳥会である。お楽しみというのは、板倉で、お昼に普段はなかなか食べられないナマズをいただこうというもの。

多々良沼にて

水路のオオハクチョウとカワセミ
あとで画像を見たら、セキレイらしい鳥も写っていた
ゴミだらけなのが気になる・・・・・・
Oohakukawasemi

コハクチョウの家族
Kohakucho

オオハシシギ
11月にもいたが、ずっと逗留中
Oohashishigi_2

セグロカモメ
内陸にやってきたカモメ
Segurokamome

はるか遠くにミコアイサ
白がよく目立つ♂その横に♀
Mikoaisa

ジョウビタキのバックスタイル
Jyobitaki

ツグミ
Tugumi

人が近づいても採餌に夢中のシメ
Shime

おまけ:越冬中のヨコヅナサシガメ
11月に見たときと同じサクラの幹で固まって越冬していたbearing
Yokozunasashigame

板倉町にて

コクマルガラス
今回のお目当ての冬鳥。 ミヤマガラスに混じって電線にいるところをようやく見ることができた。暗色型と白っぽい淡色型が並んで止まっている。カラスとは思えぬ可愛らしい声で鳴き交わしていた。
Kokumaru

Kokumaru2

嘴に特徴のあるミヤマガラス
Miyama

この冬ずっと逗留している珍しいシジュウカラガン
先日バードストライクのため、USエアウェイズのエアバスがハドソン川に不時着したが、このシジュウカラガンによく似た大型の亜種のカナダガンが衝突したのではないかと見られている。
Shijyukaragan

一羽のマガンといつも一緒のようだ。まるで夫婦か兄弟のよう・・・・。
Shijyukaramagan

オオバンやヒドリガモなどに混じって、陸で草を食べていた
Shijukaramagan2

土手で採餌をするオオバンなどの群れ。面白い光景。
Oobanhidori

キタミソウ
Aさんに群生しているという秘密の場所へ案内してもらう。キタミソウは近い将来絶滅する可能性の高い絶滅危惧IA類に指定されている。わずか2ミリほどの小さな花がまだ咲いていた。“これ”と示してもらわなければ、とうてい発見することができないほど、目立たない植物。意外と身近なところに密やかに存在しているかもしれない。
Kitamiso

お楽しみの昼食
天然なまずの天重とお刺身。やわらかく、臭みもなく、超おいしい!
Tennama

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.16

窓越しバードウオッチング(2)

庭がにぎやかになってきた。渡りのヒヨドリ集団もやってきて、ロウバイを喰い散らかしていく。そばのブロッコリー畑も食害されているようだ。今のところ給餌台を荒らしている様子はないが、困った集団である。在来のヒヨドリ、スズメ、メジロは毎日、果物やパンくずをついばんでいく。見ていると、鳥たちにも上下関係があって、強いものが給餌台を独占する。でも弱いものもスキをねらって、うまく食べている。自然界に餌が少なくなる今の時期、ちょっとだけどおすそ分けするね・・・・。

メジロ
あら、ちょっと食べにくそう・・・
Mejiro1

裏にまわって・・・・・ キョロキョロ
Mejiro2

ヒヨドリさんはこんなことできないしょ
Mejiro4

あたしはミカン・・・・
Mejiro5

ヒヨドリ
もう少し食べやすいところに刺してくれない?
Hiyodori

メジロとスズメ
ヒヨドリさんがこないうちに早く食べよ・・・・
Mejirosuzume

オナガ
気ままに集団でやってくるが、何も食べずに大騒ぎするだけ・・・・・
Onaga

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.12

桃ノ木川でガン・カモ調査

どんど焼のあと、桃ノ木川へガン・カモの調査に行く。この時期、県内各地でいっせいに調査が行われる。

カモを探しながら、桃ノ木川の土手を歩き始めたところ、どういうわけかたくさんのカモが上空を飛んでいる。え?と思って、川を見るとカモが一羽もいない。すべて飛んでしまったようだ。何事かと思ったら、近くでどんど焼が行われていて、竹が燃えてはじける音がパンパン聞こえてくる。この音に驚いていっせいに飛んでしまったようだ。確かにカモにとって爆竹は恐ろしい鉄砲の音に聞こえなくもない。いたしかたなく、多少数が減ってしまったかもしれないが、カモがもどってくるのを待って、逆コースで調査をしなおす。

ヒドリガモ
Hidori

オナガガモのシンクロ
ぴったり息があっていること
Onaga3

キンクロハジロ(上が♂、下が♀)
Kinkuro

カワウ
Kawau

コガモ
♂の求愛行動らしきポーズ(お尻をピッと持ち上げたり、胸そらしなど)が見られた。でも♀がフンという感じで、反応せずgawk。その後は何事もなかったように採餌に励んでいた。これからはカモ類の求愛行動が頻繁に見られるので、よく観察しなくちゃ。
Kogamo
Kogamo2

カワセミ
家の近くで。さかんにポチャンと飛び込んでいたが、成功はしなかったようだ。逆光気味で、♂か♀か分からず。
Kawasemi

Kawasemi2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どんど焼

町のどんど焼が行われた。復活して2年目、実行委員の労によって、ヒノキなので作られた櫓も昨年より一回り大きく、立派になったように見える。お正月に使った松やダルマなどが焼かれ、今年も町民みなの無病息災を祈る。乾燥していることもあって、数分でアッというまに燃えておちた。


遠く見えるのは赤城山の鍋割山
火入れ直前
Dondo

煙の向こうに太陽の光
Dondo2

この後、公民館で、女性実行委員手作りの甘酒、けんちん汁をいただく。たくさん頂いて、体はポッカポッカ。さらにどんど焼の残り火で、焼かれたogawa農園のサツマイモもいただいた。ホクホクおいしい~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.11

窓越しバードウオッチング メジロ・シジュウカラ

ようやくメジロがミカンを食べに来た。これから毎日やってくるメジロたち、今日は3羽きていた。シジュウカラも2羽やってきた。ヒマワリの種も置いてあるが、見向きもせずに、樹木の枝をちょこちょこ動いている。何を探しているのか。どうやらイラガの繭のようだ。あんなところに繭がついていたとは気がつかなかった。うまく割れたかどうか確認できなかった。明日見てみよう。

メジロ
Mejiro_2
Mejiro2

シジュウカラ
Shijukara

Shijukara2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.01.10

利根川自転車道にて

午前中、買い物に出かけたついでに上毛大橋付近の利根川自転車道(一本木稲荷神社~赤城乗馬学校)を歩いてみた。天狗岩用水が平行して流れ、この間は利根川はほとんど見えず、左右木々が連なっている。小鳥たちが多く、カラ類をはじめ、シメ、ツグミなどの冬鳥がたくさん見られた。

上毛大橋から見た赤城山 雪雲がすっぽり
Akagi

榛名山はくっきり
Haruna

ノスリ 乗馬学校そばで
Nosuri

エナガ 個体数が多い
Enaga



コゲラさん、何をつっついているの?

イラガの繭を割ろうとしているのだった。さすがに揺れる枝先の繭を割るのは至難の業。あきらめて飛んでいってしまった。イラガの子孫を残すための戦略だろうか。
Iraga

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.09

ヒヨドリ 雪の朝

雪の朝、給餌台にパンくずをまくと、さっそくやってきたヒヨドリ

Hiyodori

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.07

七草粥

昨日、七草粥の材料を集めに、散歩コースをうろつく。毎年食べられそうな野草を摘んできて、我が家の七草粥を作っている。30分くらいうろついて、それらしき野草が集まった。

セリはいつものところにそこそこあった。この場所は毎春カワトンボが発生しているところで、湿ってはいるものの、不思議なことに水の流れはない。
ナズナ(ぺんぺん草)は真冬なのに花が咲いていた。ロゼットの柔らかいところを採る。
ゴギョウ(ハハコグサ)は畑や畦にたくさんある。
ハコベラ(ハコベ)は少々。これをたくさん入れると青臭くて食べにくい。鳥じゃないんだから少しネ。
ホトケノザ(コオニタビラコ)はこの辺りでは見当たらない。ある田んぼで5月に花が咲いているのを見ているが、採りに行くには遠すぎる。
スズナ(カブ)は、ありゃ、家にはなかった。
スズシロ(ダイコン)は保存してあるダイコンの葉っぱをいただく。

さて、これでは足りないので、いつものように、ノビル、クレソン、タネツケバナ、田口菜(おまけ)などを採ってくる。数えるとお粥に入れる草は9種になった。ちょっと多いかなと思ったが、薬草だぁ!と思い全部刻む。1合のお米を土鍋で七分粥にして炊き上がったところに全部入れた。さぞかし青臭いのでは・・・・?と思いきや、結構香りもよくおいしい。セリをたくさん入れるのがミソである。くれぐれもハコベラは少しね。これで今年も一年無病息災なり!

Dsc05774
Dsc05776

昨日帰りに近所のおばさんに出会った。これから七草をとりに行くという。ハコベとホトケノザはたくさんあるけど、セリがないとのこと。え?ホトケノザがたくさんあるぅ??おばさん、それって、ピンクの花のホトケノザのこと?七草のホトケノザは別だよ~~。ってな話をしたのだった。一度TVで春の七草が紹介されていたが、写真にシソ科のホトケノザが載っていたので、驚いたことがある。食べて毒ではないらしいけれど、見るからに不味そう.....。
野草大百科(北隆館)を見ると、牧野富太郎博士は春の七草にキク科のホトケノザがあるので、シソ科のホトケノザを、サンガイガサとよぶことを提唱したと書いてあるが、どうやら広まらなかったようである。図鑑を見ると別名サンガイグサ(三階草)となっている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.01.05

1月4日 鳥類生息密度調査へ

県では、「鳥獣保護事業計画」に基づいて、野鳥の生息調査を行っている。野鳥の会群馬県支部が県より委託を受けて実施。県内の河川を流域別に5ブロックに分け、毎年行われ、5年で一巡することになっている。詳細→第10次鳥獣保護事業計画 第七鳥獣の生息状況の調査に関する事項 2鳥獣保護対策調査

この調査は昭和47年度から行われてきているが、長年のデータの積み重ねは、単に野鳥の生息状況を知るだけではなく、我々の住む環境の変化を知ることにもなり、貴重な資料となっている。

私の担当区域は旧群馬町なのだが、5年前に調査したときとは大きく変化をしていた。大型の店舗ができたため、今年度は今まで調査してきた場所の変更を余儀なくされた。田んぼ(冬には麦畑)が広がっていたが、道路で寸断され、面影がなくなっていた。ヒバリがたくさんいたところだったが..........。

旧群馬町から見た赤城山
Akagiyama_2

上野国分寺跡のケヤキ
2本重なるように並んでいる。樹形が美しい
Keyaki

まだ地上に下りずのツグミ
ヒヨドリに追い払われて電線にとまったところ
Tugumi

キセキレイとハクセキレイのツーショット
陽の当たる畑に虫がたくさんいるらしく、ちょこまか忙しげに走り回っていた
Sekirei

点在している果樹園に鳥よけのためか本物のカラス(!)が
あちこちにぶらさがっていた。ちょっとショックな光景
Karasu

観察種:コサギ、トビ、チョウゲンボウ、キジバト、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.01

元旦鳥見

元旦の朝、いつもの散歩コース(大堰川、細ヶ沢川周辺)を歩いて初鳥見。今年もたくさんの鳥たちとの出会いを楽しみたい。セグロセキレイが2羽、道端で採餌をしていたが、♂だろうか、尾をピッと立てて、もう一羽に近づいていくのを見た。あっさり振られたのか、1回限りだったが......。真冬なのに、これって求愛行動?サギたちは3種勢揃い。ホオジロ、カワラヒワ、カシラダカは集団でたくさん見られた。ツグミは木にいることが多く、まだ地面で採餌している様子は見られなかった。

観察種(25種) カワウ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、キジバト、ヒバリ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、カケス、カオジロガビチョウ

今朝の赤城山
Akagi

鈴ヶ岳は雪模様
Suzugadake

相変わらず電線が好きなコサギ
Kosagi

ダイサギ
Daisagi

アオサギ
Aosagi

トビ
Tobi

隣の木にはまだ柿がたくさん残っているのだが、ヒヨドリが独占していて、うらめしげなツグミ
Tugumi

シメ
Shime

カワラヒワ
Kawarahiwa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »