« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

2008.12.31

とりぱん

Dsc05678

とりぱん」を知ったのは今年の1月、O高校の野鳥観察会のお手伝いをした時にT先生から聞いたのが最初だった。本屋さんのマンガコーナーで探すものの、マンガのあまりの多さになかなか見つけられない。でも執念でようやく見つけた。1~4巻あったので、まとめて買う。マンガを買ったのは30年以上前の「サザエさん」以来であるhappy01。我が家には「サザエさん」が全巻ある。今○○オフで売ったらいくらになるのかな?もち、家宝?なので、そのようなことはしないけど。「とりぱん」はその後、5巻、6巻が発売され、それらもゲット。この一年、机のそばに置いて、時々拾い読みする。気分転換にもってこいのマンガなのである。庭にやってくる鳥たちを熟知した作者の思いが自分と重なるので、ニヤニヤ.....、フッフッ..........、そうそうなどと相槌をうちながら読んでしまう。忙しかった年末、お正月はゆっくり「とりぱん」を読もう。

我が家の鳥レストランもようやく開店。ヒヨドリ、スズメたちの常連に混じって、どんな鳥たちがやってくるのだろう。机の前のガラスを磨いて、双眼鏡、カメラもスタンバイ。エンジョイ窓越しバードウオッチングである。

Dsc05675

Dsc05684

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.19

東京のイルミネーション

発光ダイオード(LED)が普及したこともあって、夜の群馬でもあちこちで白や青のイルミネーションばやりだ。☆☆OB会のツアー(といっても18人)で、また東京へ。11月末からこれで3回目。大都会の人工物、イルミネーションの見学に行ってきた。クリスマス近い夜の東京を見てきて、過度のイルミネーションの是非が取り沙汰される中、ますますきらびやかさが加速していくのではと感じてしまう。不景気を吹っ飛ばせとばかりに、どこもかしも人であふれていた。100年に一度の大恐慌.....って、どこが......?!

ランチで寄った目黒雅叙園
Gajoen

庭を散策できる
Garden

ロビーから続く回廊は絵巻風の壁画が並ぶ
Roka

螺鈿で装飾されたトイレの入り口。化粧室と書いてなければ、トイレとは思わない。中は赤い橋がかかっていてびっくり。
Toilet

式の前撮りらしいカップル
Oyomesan

お台場 ヴィーナスフォート
Venus

SNOW WISH 雪が降ってきた(泡だった)
Venus2

レインボーブリッジ
Rainbowbridge

カレッタ汐留
東儀秀樹さんの『Blue Ocean』という楽曲にあわせて約30万球のLEDが色とりどりに変化する。
Caretta1

Caretta3

Caretta2

50周年の東京タワー
Tokyotower_2

夜8時に色が変わる
Tokyotower2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.15

コサギなど

今年はコサギの姿をあまり見なかったので、どうしたことかと思っていたが、冬に入って、団体で見かけるようになった。単独で行動することの多いコサギだが、大堰川と桃ノ木川の合流でまとまってくつろいでいた。魚が多いので、別行動する必要がないらしい。

Kosagi1

Kosagi2

セグロセキレイ
Seguro

ツグミ
まだ木上にいることが多い。柿にやってきては、ムクドリに追われていた。かわいそうなツグミン。
Tugumi

トビ
11月からしばらくいたノスリの姿はなく、かわりにトビが止まっていた。
Tobi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メジロ

民家の柿をついばんでいたメジロ
Mejiro

こちらは我が家の庭にやってきたメジロ
毎日集団でやってきている。
Mejiro2

Mejiro3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今朝の山々

霜柱を踏みながらの朝の散歩。山々がぐっと近くに見える。

赤城山
Akagi_2

赤城山の西の裾野から顔を出す山々(武尊方面?)
Hotaka

朝日を浴びる榛名山
Haruna

名残の月
Harunamoon

小野子山(左)と子持山(右)
Komochionoko

上越県境の山々
Joetsu

妙義山
電線が邪魔............
Myogi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.13

皇居参観

8日にツアーで、皇居へ行ってきた。皇居参観は初めてのこと。前もって申込が必要だが、誰でも中に(といっても皇居のごく一部だが)入ることができる。詳細は宮内庁のHPに載っている。桔梗門から入り、窓明館(休所)で、コースの説明ビデオを見たが、HPに載っているものと全く同じビデオだった。「昭和」という機関紙があったので、もらってきたが、中を開いてみると、群馬・赤城山の字が飛び込んできた。「昭和天皇のゆかりの地を訪ねて」が連載中で、たまたま赤城山にてクロマツをお手植えされたときの様子が書かれていた。→HPへ

職員の方の案内で、コースを約一時間ちょっとかけて見てまわる。係りの人が、列を乱さないようにとか、歩いている途中で止まって写真をとらないで.......などと、頻繁に注意をしていた。日本語が分からないことをいいことに?、列から飛び出して、パチパチ撮っている外国人もいたけれど.......(-_-;)。もう少し、自由に歩けるといいのにと思ったが、場所が場所だけにそういうわけには行かないのだろう。本丸・二の丸の東御苑は月・金以外は自由に散策ができるので、次回はそちらを歩いてみたい。

入ってすぐ見た野鳥はやはりカラス(ハシブト)だったが、何と、数羽のカラスがオオタカを追いかけているのを見た。都心にありながら、緑が多く自然豊かなオアシスの皇居には、オオタカを頂点として、たくさんの鳥たちが生息しているようだ。

元枢密院庁舎
Suumituin

富士見櫓
Fujimi

富士見櫓付近から丸の内方面を見たところ

Dsc05323

宮内庁
Kunaicho

宮殿東庭
一般参賀のときに、手をふられるおなじみの長和殿のバルコニー
Dsc05296

長和殿前の木上にいたスズメ
Suzume2

長和殿の屋根にいたハシブトガラス
鳥たちはどこに止まろうが、とがめたりされない、特権階級なりhappy01
Karasu2

南庭園の大刈り込み
機械を使わず、すべて手作業で刈り込みが行われるという。
Minamiteien

伏見櫓
Fushimi

正門鉄橋からの風景
このすぐ下に石橋のメガネ橋が見えるのだが、写真には写っていない。上下の橋が二重になって見えるので、二重橋と言われているらしい。
Seimontetsubashi

そばを白バイ6台と黒塗りの車2台が通った。要人が皇居へやってきたのかと思ったが、体調を崩されていた陛下が6日ぶりにお出ましになるというので、警護のためにやってきたのだそう。
Shirobai

北の車寄せ
入り口の階段は、新内閣が誕生した時に、認証後、赤い絨毯が敷かれ、記念撮影するひな壇だ。もっと高い階段のように思っていたが、意外と低い。

Kitakurumayose

山下通り
樹木の手入れが行われていた。皇居内にも山下通りがあるとは....ネ。
Yamashitadoori


お濠のキンクロハジロ
桔梗門近くのお濠では、のんびりとキンクロハジロが休んでいた。他にカイツブリも見られる。多分ここに常駐しているのだろう。お濠上空をゆったりと一羽のユリカモメが飛んでいた。
Kinkuro

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.10

今朝の散歩にて

雨上がりの朝、7時過ぎごろ雲の間から太陽が顔を覗かせはじめた。風もなく暖かな朝。今朝も鳥たちの声がにぎやかだった。いつものノスリは見つからず、かわりにチョウゲンボウが飛んでいた。

羽のような雲
Dsc05356

榛名山
Dsc05368

赤城山
Dsc05369

ジャーと鳴いて止まったカケス
Kakesu

同じ木にやってきたアオゲラ。毎日のように見かける。
Aogera

最近少なくなったといわれるコサギだが、餌の魚がたくさんいる大堰川では多く見かけるようになった。川に通じる用水路近くの電柱に止まった2羽。
Kosagi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.07

浅間山

朝散歩に出ると、一面に霜がおりていた。身も心もピリッと引き締まる寒さだ。冬はこうでなくちゃ。風がなければ、この寒さも悪くない。太陽が上がってきて、山々が美しく見える。

浅間山が美しい
Asamayama

妙義山(右)と荒船山(左)12/6撮影
Dsc05238

上の画像のさらに左に見えている八ヶ岳連峰
Yatsugatake

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬のサクラ

木々にかろうじて残っていた葉っぱたちも、養分が断たれて、ついに葉を落とし始めていた。積もった落ち葉の上に落ちる音が、まるで不規則な雨音のように響いていた。葉を踏みしめながら、ふと、「葉っぱのフレディ」が思い浮かんだ。

公園の片隅にひっそりと咲いていた冬のサクラ。こんなところにサクラが植わっていたなんて気がつかなかった。寒い朝でもけな気に咲いていた。
Fuyuzakura

Fuyuzakura2


オニグルミの葉痕
このような発見も冬の楽しみ
Dsc05250

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今朝の鳥たち

鳥たちは朝からにぎやかだ。渋柿も甘くなってきたのだろうか。たくさんの鳥たちがやってきていた。

スズメも柿が好き
Suzume

メジロももちろん柿大好き。何処にいるのって?右端にかろうじて写っている....^^;
Mejiro

柿は好きじゃないよ!のカオジロガビチョウ
Dsc05236

ホオジロも柿は食べないね。
Hoojiro

今日もノスリがいた。オオタカの若鳥に追われて、電信柱に止まった。カラスに追われ、オオタカにまで追われ、ちょっと気の毒なノスリ君。
Nosuri

Nosuri2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.05

今朝の散歩にて

朝7時に散歩に出る。どんよりしていたものの、風もなく、寒さを感じない朝だ。ツグミをそこかしこで見る。ようやく民家近くまでおりてきたようだ。

スズメの大集団
電線にずらりと並んで、にぎやかにおしゃべりをしていた。200羽近くいただろうか。
Suzume_2

ツグミとコゲラが大接近
ニセアカシアでツグミが鳴いていた。そこへコゲラがやってきて、“あら、ツグミン、おひさしぶりねぇ~~”って言ったかどうかは分からないが^^;、ツグミのそばを通って枝を登っていった。
Tugumikogera2_2

シメ
木のてっぺんに止まって、さ、これからどこへ行こうか。
Shime_2

ジョウビタキ♀
Jyobitaki

ノスリ
11月21日に見たノスリと同じ個体だろうか。この辺が気に入って常駐をきめこんだのかな?白っぽい胸がよく目立っていたので、止まっているのに気がついた。
Nosuri

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.03

夕方、西の空

師走に入り、日が暮れるのがさらに早くなってきた。夕方車で帰宅して、暗くなった空を見上げると夕焼けの名残の空に、ひときわ輝く金星が目に入った。1日、2日と月、金星、木星が大接近したとニュースで流れていたが、今日もやや離れたものの、スリーショットが見られた。(17時08分)

Dsc05195

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »