« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

2008.10.30

まだまだ元気、庭の昆虫たち

朝夕はかなり寒くなってきたが、昼間は暖かな陽が降り注いでいる。庭の昆虫たちはまだまだ元気に飛び回っていた。

ゴイシシジミ
アブラムシがいたアシボソは枯れてしまい、ゴイシシジミの姿も見えなくなったと思ったが、隣地に伸びていたササの近くで3匹ほど元気に飛んでいた。アブラムシも少しだが、発生していた。幼虫で冬越しするゴイシシジミだが、見る限り、アブラムシの中に卵や幼虫は見られないのだが.......?

Goishi

かろうじて撮れた^^;、飛翔姿
Goishi2

ツマグロヒョウモン
小ぶりの♀がやってきて、ブッドレアで吸蜜したり、ニオイスミレの周辺の枯れ草や石の上に産卵しているのが見られた。

Tsumaguro

Tsumaguro2

クロアゲハ
ユズの木にまだ終令の幼虫がいた。いそいで。

Kuroageha

アゲハの蛹
クロアゲハのすぐ近くで、ユズの鋭い棘上で葉色に同化して蛹になっていた。

Ageha

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.27

イカルの声

朝、口笛のようなかわいらしい声が林の中から聞こえてきた。イカルの囀りだ。しかし声は聞こえど、姿は見えずで、声だけ楽しませてもらう。語尾が上がったかなと思うと、途中でとまったり、下がったり、聞いていておかしくなった。今朝の林の中はにぎやかで、アオゲラ2羽、メジロ多数、ヤマガラ、カケス多数などが飛び交っていた。ジョウビタキの♂が林のそばの民家のアンテナで鳴いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

数珠のような......卵(2)

数珠玉のような卵から孵ったのは.......小さな(体長5ミリくらい)のシャクトリムシだった。5個孵った。とにかく早い動き。どんどん走る、走る~~~happy01

Dsc04672

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.26

イタチの死骸

観察会から帰宅途中、家の近くで、トビがかなり低空を飛んでいた。これは何かあると、動物的勘が働いて(^-^)、車を家において、様子を見にいった。ハシブトカラスとトビが飛び交っているのが見えた。何だろうと、道路を隔てた草むらを見ると、1羽のハシブトカラスが何やら食いちぎっているところだった。鳥にしてはちょっと違うような気がして、カメラを持って近づいてみると、何とそれはイタチだった。車が行きかう道路のすぐそばなので、車にはねられたのかもしれない。トビがやや離れたところで、様子を伺っている。カラスも大事な獲物をとられまいと別のところで、カァカァ鳴いていた。夕方見に行ったが、カラスにしろ、トビにしろ持ち運ぶには重すぎるのだろうか、イタチは少し移動してあったものの、まだ食べられてはいなかった。多分明日の朝にはどうにかなっているだろう。

Dsc04636

Dsc04639

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウリキンウワバの幼虫

今日の自然観察会で見た蛾の幼虫。ヤガ科のウリキンウワバのようだが、食草ではないはずのヤマノイモにいた。近くにウリ科の植物はなかったと思ったが.........?

Dsc04632

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハラビロカマキリ

アゲハの幼虫に食べつくされたユズの木にハラビロカマキリがいた。待ち伏せしているのだろうけど、秋も深まる今日この頃、果たして獲物がやってくるのだろうか。このハラビロカマキリ、ひょっとして7月21日にヒマワリにいた同じ個体かも.........。

Dsc04641

Dsc04642

威嚇のポーズ

Dsc04643

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.25

ツマグロヒョウモン

ボロボロの♀がコセンダングサで吸蜜していた。

Dsc04579

Dsc04583

別のところにいた♂。そばによっても逃げる様子がなかった。この夏、至る所で飛んでいたこの蝶も、次の世代に命をつないで、そろそろ終焉のとき.........。

Dsc04591

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オオタカなど

散歩中に出会った鳥たち

久しぶりにオオタカ(若鳥)に出会った。

Dsc04609

Dsc04612

電線に止まって鳴いていたジョウビタキ♂

渡ってきたばかりで、高いところから自分の縄張りを物色していたのかな?変な奴とばかりにスズメたちに追い払われていた^^;。

Jyoubitaki

同じ電線に止まっていたハクセキレイ

Hakusekirei

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カメムシ2種

マユミの葉上にいたキバラヘリカメムシ

Hosoherikamemushi

飛んできたホソヘリカメムシ
Kibaraherikamemushi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

半開きのゴイシシジミ

翅を閉じて止まるゴイシシジミだが、今日は翅を震わせて半開きにしていた。体温をあげている行動なのだろうか。飛んでいると翅は黒く見えるが、広げると碁石模様が透けて見える。開いていた角度は30度くらいだろうか、それ以上広げることはなかった。

Dsc04549

Dsc04562

Dsc04565

Dsc04567

Dsc04572

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.23

ヒラタアブ羽化

ゴイシシジミを観察していて、アブラムシを食べる虫たちが他にも多く存在することを知った。アシボソについていたアブラムシの中にいた白っぽい変な虫、ヒラタアブの幼虫らしいと分かったので、アブラムシごと机の上に置いて様子を見る。アブラムシを持ち上げて食べていたりしたが、食べつくして移動を始めた。結構すばやく動き回っていた。いつの間にか消えてしまったと思ったら、花瓶に入れておいたシロノセンダングサで動かなくなっていた。蛹化したようだった。そして12日目の今朝、いつのまに羽化していた。ホソヒラタアブではないかと思うが.......?

Hirataabu

蛹に穴が開いていた
Sanagi

羽化したてのヒラタアブ

Uka

別のヒラタアブの蛹がついていたので、シロノセンダングサを切って、花瓶にいれておいた。葉っぱが伸び、いつまでも生き生きしているので、不思議に思い花瓶から出してみたら、切り口から根が出ていたbearing。う~む、道端に繁茂するやっかいな帰化植物のコセンダングサやシロノセンダングサ、恐るべき生命力なり。

Dsc04535

Dsc04536

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.21

モズの浮かれ歌

連日、モズが浮かれ歌を歌っている。高鳴きより多い。10月に入っても暖かい日が続いていて、昼間は25度を越える日もあるという異常さ。そのせいだろうか、いつもやってくる柿の木やシュロの木でさかんにぐぜっている。ヒバリやホオジロにも似たような優しい声だ。♂♀ともそれぞれ分かれて縄張りを持っている今の時期、♂が♀にささやくわけではないのに、何故?余りの暖かさに春を感じて、思わず鼻歌が出てしまうのかも..........happy01

夕方の4時半ごろ撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

数珠のような......卵

庭で見つけた卵。きれいに並んでまるで数珠のよう。両側におなじじょうについていた。一個の大きさはわずか0.6ミリくらいだ。さて何が出てくるのかお楽しみ...........wink

Dsc04507

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シロバナタンポポ

いつもとは違うコースを散歩する。道端にシロバナタンポポが咲いていた。すでに綿毛まで見られた。

Dsc04506

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.20

ジョウビタキ.........?

そろそろ冬鳥のジョウビタキが見られる季節になり、期待をして散歩へ。と、さっそく、富士見村の民家近くで、やや遠目ながら、ヒタキらしき鳥が低く飛ぶのを見た。ジョウビタキの♀のようだと思い、ズームでパチリ。私の気配に、すぐに飛び立ってしまった。
帰宅後、PCで見ると、え?羽に青みがある。ジョウビタキじゃなくて、ルリビタキの♂の若のように見える。でも羽に白い紋が........??光の具合で褐色ではなく、青みがかった色に写ったのか、それとも丁度羽のところに光が反射して白い紋のように見えたのか。それにしては、左側も白いのが見えるような気がする。どっちなの~~?朝から????。

どう見てもジョウビタキ♀

Dsc04489

トリミングして大きくしてみると.......

Ruribi

追記: 詳しい人に聞いたところ、ジョウビタキ♀成鳥でまちがいないとのこと。普段見るジョウビタキの♀とは随分色合いが違うように見えたが、これが本来の色とか。今度会ったときは、じっくり見てみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アゲハ、クロアゲハの終令幼虫

庭のサンショウやユズの木にまだいる幼虫たち。早くしないと冬がくる.........よ。

サンショウの木のアゲハ 
まるまる太っている

Dsc04479

サンショウの木のクロアゲハ
こちらはやや小ぶり

Dsc04494

ユズの木のクロアゲハ(4令?)

Dsc04496

ユズの木のクロアゲハ
こちらも太っている

Dsc04498

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.17

ゴイシシジミの交尾

机上で羽化し、庭に放したゴイシシジミたちだろうか、オスがメスに近づき、交尾するのを見た。1時間半ほどたって見ると、すでにいなかった。まもなく、アブラムシのいるアシボソは枯れる運命。無翅の中に有翅のアブラムシも増えてきた。ゴイシシジミが産卵している様子は見られない。卵も探しているが、アブラムシの中には今のところ見られない。これからゴイシシジミはどこへ?

左が♂、右が♀

1

2

アブラムシを食べるヒラタアブの幼虫
Hirataabu

追記:10月20日
また見つけたゴイシシジミの蛹
これはまさに人面蛹(大きさ6ミリくらい)

Dsc04505

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.16

今朝の名残の満月

榛名山に沈もうとしている名残の満月。朝6時35分。

635

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はざかけ風景(2)

先日とは別の場所で見たはざかけ。この田んぼでは毎年天日干しをしているようだ。

Dsc04390

Dsc04388

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桃ノ木川の鳥たち(2)

先日1羽いたヒドリガモが、今朝は10羽もいた。その中にオナガガモのメス オス(エクリプス)1羽が混じっていた。

Dsc04374

Dsc04379

Dsc04380

上流にカルガモと一緒にいたマルガモ。カルガモとマガモの交雑体のようだ。

Dsc04387

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ムラサキシラホシカメムシ

台所で、シソの実をしごいていたら、小さなカメムシが出てきた。紋の模様から、ムラサキシラホシカメムシのようだ。

Dsc04416_2

こちらは林縁にいたよく集団で見かけるマルカメムシ。そこかしこの葉の裏にウジャウジャいるbearing。知らずに触ったらしく、くさ~~catface

Dsc04396_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ササキリ

カラスウリの赤い実を採っている足元にいたササキリのオス。

Dsc04395

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.13

はざかけ風景

散歩コースで見た秋の風物詩のはざかけ。機械乾燥がほとんどだが、たまにこのように天日干しの稲を見かけるようになった。水分も適当に残っておいしく、食欲がますおいしいご飯だろうね。

Dsc04348

Dsc04358

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モズ

隣の柿の木で鳴くモズ♂。春でもないのに時々可愛らしいグゼリが入る。毎冬やってくるおなじみのモズなのかな?

Dsc04361

Mozu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハッカハムシ

ミントについていたハッカハムシ

Dsc04363

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.11

甘楽町にて

用事があって、甘楽町に出かけた。夕方、復元工事中の国指定文化財の「楽山園」に立ち寄った。とても落ち着いた趣のある庭園。
詳細→こちら

3_2

4

5

7

国峰城外濠跡

1_5

2_2

Dsc04308

有機農業をやっているO農園を訪問。平飼いしているニワトリを見せていただく。小米、米ぬか、とうもろこし、小麦くず、オカラ、煮干、そして出荷しきれない野菜を配合して飼っているとのこと。鶏糞は畑の肥料になり、無農薬・無化学肥料での野菜作りという無駄のない農業をされている。鶏(ネラ種)は大きくたくましく健康的に見えた。当然卵もおいしい。

Tori1

たくましい雄鶏

Tori2

おいしそうな卵

Tori3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.07

カナヘビ孵化(2)

9月5日に見つけたカナヘビの卵4個を小さな容器に入れて、孵化を待った。約1ヵ月後の10月6日の夜、2匹が孵っているのに気がついた。もう2匹も間を置かず孵化するはずと一日待ったが、朝見てもまだ孵化していないので、2匹を指に乗せて、記念撮影後、庭に放してあげたhappy01
お昼近く、残りの2個の一つの卵に切れ目ができていたので、そろそろだと見つめていると、ちょっと顔を出してはすぐ引っ込めて、なかなかでてこない。カナヘビの赤ちゃんにも個性があるようだ。初めて見る世界が、覗き込んでいる人間の大きな顔だもの、ミニ怪獣のようなカナヘビの赤ちゃんでも、私の顔が恐ろしい怪獣に見えるのだろうねwobbly。見ていると、隣の赤ちゃんのほうが早く生まれてしまった。待つことしばし、ようやく顔を出して、おそるおそる出てきた。小さくて可愛い赤ちゃんたち、大きくなったアンタたちと庭のどこかでまた会おうね。モズにはくれぐれも気をつけて!

10622

Kanahebi

10712

107122

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴイシシジミの羽化

庭のアシボソで大発生したアブラムシにやってきたゴイシシジミが次々と蛹になったので、羽化を見ようと机の上に持ってきた。

ゴイシシジミの蛹は人面蛹、面白い顔に見える。
大きさはわずか6ミリくらい

Sanagi

10月6日朝羽化した個体
朝6時半ごろ

1061

1062

1063

1064

翅がすっかり乾いたころ、指に乗せて記念撮影をし、外に放した。

106915

10月7日の11時半ごろ羽化した別個体

1071140

10月4日 こちらはやはり机の上で羽化したツマグロヒョウモン♀

1

2

3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.05

奥只見湖から尾瀬沼へ

7人で奥只見経由尾瀬沼へ行ってきた。関越道小出インター→国道352→奥只見湖(遊覧船)→尾瀬入り口(バス)→沼山峠入り口(徒歩)→尾瀬沼のコース。
尾瀬沼へ行くのは初めてである。船、バスとも予約制で、乗り物に乗っている時間が多く、尾瀬沼では1時間ほどしか時間がなかったが、それほどハードではなく、朝6時に出て、夜8時過ぎには帰宅できた。運転してもらったので、楽ちんだった(^_^)。

奥只見湖遊覧船はなかなか快適。紅葉が始まっている周りの山々を見ながら、あっという間の40分だった。秋の風が心地よく、十分楽しめた。

遊覧切符

Yuurankippu

ダム湖の船着場
Okutadamiko12_3

風光明媚な眺め

Okutadamiko1_4

Okutadamiko3_4

Okutadamiko4_3

Okutadamiko6_3

Okutadamiko7_3

カワウ 他にオシドリが数羽見られた

Okutadamiko9_3

尾瀬入り口の船着場

Okutadamiko10_3

大江湿原~尾瀬沼
一面草紅葉
Ozenuma1


燧ケ岳をのぞむ

Ozenuma2

親子連れが歩いていた

Ozenuma4

Ozenuma5

木道工事

Dsc04115

沼山峠往復バスの車窓から

尾瀬口から沼山峠までは、くねくねした細くバス一台がようやく通れるほどの山道を1時間走る。会津バスの運転手さんが車の走行状況を無線でやりとりして、待避所で車をやり過ごしたりする。車窓から色づき始めた紅葉の景色が楽しめた。運転手さんが、真っ赤なのはウルシ、ところどころ見える薄黄緑はコシアブラだよと会津弁で説明をしてくれた(^_^)。
Numanouetouge


紅葉のスポットらしく、バスを止めてしばし見学させてくれた。全体が紅葉すれば見事な光景だろうね。
Numanotouge3

沼山峠の休憩所

Numanouetouge2

国道352の奥只見湖に向かうシルバーラインはほとんどがトンネルである。奥只見ダムが建設された時のまま、待避所もほとんどないような細く暗いトンネルで、カーブも多く、ところどころ湧き水?が流れていた。時期が時期だけに、行きも帰りも対向車は1~2台だったが、観光シーズンにはきっと混雑すると思う。慎重な運転が必要なところだ。

お天気は午前中薄曇、午後から本格的に曇って、駐車場に着いた頃にポツポツ雨が降ってきた。思ったほど寒くなく、薄い上着で十分だった。沼山峠から尾瀬までの山道はすべて木道で、尾瀬沼往復だけなら山靴ではなくスニーカーでよかったと思った。尾瀬沼~尾瀬ヶ原へと散策するにはやはり宿泊する必要あり。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オオケマイマイ

奥只見湖の駐車場から船の乗り場に行く途中で見つけた平たく、毛が目立つカタツムリ。身近なところでは見かけないオオケマイマイのようだ。毛が多いので、オオケってつけたらしい。なんだか安易なネーミング^^;。

Ookemaimai

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニュウナイスズメ

小出インター近くのコンビニそばでニュウナイスズメの集団を見かけた。木の中に入り込んでなかなか出てきてくれなかったが、ようやく証拠写真をゲット。雌らしい。移動中なのかな?

Dsc04031

Dsc04032

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.03

ヤマボウシの実

散歩していると、キンモクセイの香りが漂っていた。秋が深まっているのを感じる。赤いヤマボウシが実っていた。収穫しないらしく、熟した実が下にたくさん落ちていた。ヤマボウシの実は酸味が少なく、ただ甘たるいだけなので、人気がないのかもしれない。でも酸味を入れればおいしいジャムになりそう.....。

Yamaboushi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そば畑

毎年田んぼのそばの同じ場所で栽培されている。

Soba

Soba2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウラギンシジミ

このまま成虫で越冬するシジミチョウ

Uraginshijimi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.02

休耕田にて

前橋南部の休耕田に渡りの途中のシギチを見に行ってきた。オオタカ成鳥が休耕田の奥に下りているのが見えた。これではシギチを見るのは無理かも......。かろうじて、コチドリはあちこちで集団で見られた。タシギ?らしき姿もチラリ。じっくり見られたのは、アカエリヒレアシシギ(幼鳥らしい)だった。1羽だけ、水がたまったところでクルクル回りながら泳いでいた。

遠くにオオタカ
Ootaka







コチドリ 親子らしいKochidori1 Kochidori2





アカエリヒレアシシギ
Akaerihireashishigi3









ハクセキレイとのツーショット
ハクセキレイと大きさはそれほど変わらないアカエリヒレアシシギ
Akaerihireashishigi2







同じく渡りの途中のノビタキ。他にショウドウツバメも飛び回っていた。
Nobitaki

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »