« 名残のサクラ 敷島公園 | Main | ツグミ 間もなく旅立ち »

2008.04.13

京都にて

4/12 金閣寺
会議で京都へ。時間がなく金閣寺だけをちょっとだけ見てきた。大変な混雑ぶり。7割くらいが外国人(中国、韓国の人多し)のようだった。

静かなたたずまいを見せる金閣鹿苑寺。その周りは人でごったがえしているのだが........。1年程前?に金箔を張り替えたらしく、燦然と黄金色に輝いていた。Kinkakuji_rKinkakuji2_r








野鳥は あまりに人が多いせいか、見当たらず、はっきり見た鳥はシロハラくらい。水鳥はアヒルが数羽いるのみ。冬にはオシドリがくるそうだ。鳥は鳥でも、こちらは金ピカの鳳凰。
Houou_r







金閣寺の植え込みにころがっていた幼虫
はて、何の幼虫か。親指ほどもあった。死んでいるのかと思って、触ってみると動いた^^;。大型のカミキリムシかな?金閣寺まで来て、何で虫なの?って自問自答してしまった。あまりに大きい虫だったので、、勝手に目に入った......だけ^^;。
Yochu_r







4/13 双ヶ岡散策
朝、野鳥の会京都支部近くにある双ヶ岡(ならびがおか)を散策した。双ヶ岡は6世紀後半から7世紀にかけて造られた群集墳とのこと。三つの丘が並ぶ。周辺は整備されて、市民の憩いの場になっているようだ。丘の周りを歩く人が多く、登る人にはあまり会わなかった。
Setsumei_rSetsumei2_r







一の丘、二の丘、三の丘を踏破^^;
123



鳥たちも多く、特にメジロがたくさんいるようだ。冬鳥のシロハラもまだたくさんいた。イカルの明るい声が響いていた。画像はコゲラ、ルリビタキ、シメ、シロハラ
Kogera_r_2 Ruribi_r Shime_r Shirohara_r







チョウでは、テングチョウがたくさん見られた。
Tengucho_r

|

« 名残のサクラ 敷島公園 | Main | ツグミ 間もなく旅立ち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 名残のサクラ 敷島公園 | Main | ツグミ 間もなく旅立ち »